「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

キルギス詩人 オスモノフ 5

2019年 月日配信

キルギス詩人  アルクル・オスモノフ 8

以下はキルギス語の作品です。        (2018年~19年 月訳)

キルギス語はソ連の関係からロシア文字を使っています。ロシア文字をご存知なら文字の通りに読めばいいです。ただしキルギス語は(ң )(ө)(ү)の3文字多くこれらは(Н)、( О)、( У)として読めば近いです。訳は大意が合っている程度とご理解ください。

オスモノフ記念館がビシケクにあります。記念館と言ってもオスモノフが何年か住んでいた平屋の家ですがボコンバエバ・カリカキエバ通り交差点を少し南に入った所にあります。

 

Уйгум  келет

眠りたい

Абаке  ай,  кече  күнкү  биз  жеткен  эт,

おーい! 昨日  たくさん 食べた 肉だけど

Андай  эт  майга  оролуп  күндө  келет.

あのような肉は 脂身に 包んで 陽に 置いた方がいい

Кандайдыр,  биз  билбеген  күчү  бар  бейм ?

みんな知らなかったと 考える方が いい

Ыксырайм ,  уйкум  келет…  уйкум  келет …

へとへとだ 眠りたい・・眠りたい・・

 

Уршпа,  сага  бир  кеп  айткым  келет,

怒らないで あんたに言うことがあるから

Ал  этти,  парыз  бекен  дайым  жемек ?..

あの肉はイスラム式なのか いつもそうしているのか

Жаштардын  кол-аягы  ичке  болуп,

若者の 手足は 内側が 太い

Кыздарга  кайдан  бүткөн  одоно  бет?

娘たちは 乱暴な顔なのか

 

Кейибе,  эмнени  айтып  дөөдүрөйт  деп,

怒ってるかい どうして しゃべり過ぎるかと

Эт  жемек  өнөр  бекен,  күндө  тердеп ? ..

肉は わざと 手で作ったから 陽に 作らせる方が良いか?

Касымкул  неге  жалкоо ?  Билесиңби ?

カスムクルは どうして怠け者か 知ってるかい?

Дале  жок,  ана  келет,  мына  келет…

まだ いない、向こうに 来るさ、ほら 来るさ

 

Максат  жок,  эт  жебегин,  аба  демек:

望みはない 肉は食べなくて いいなら 食べないで

Мен  жүрөм,  күчүбүзд ү дайым  ченеп,

私は心配する 自分の力を いつも 計ることを

Таарынба,  чычалаба,  ачык  сөзгө —

気を悪くせずに 私の言葉に 道を開けて

Эмне  үчүн  биздин  элдер  борпон  делет ?

どうして みんなは 太って 弱い と言うのか

 

Муну  айтам  эгер  берсен,  мага  кезек:

私に 言わせてくれるなら 理由を 言おう

Орстун  көп  даамына  уруксат  этсек,

ロシア料理は とてもおいしい それは認める

Кара  көз,  чымыр  дене  көркүн  алып,

私たちは 黒い瞳 頑丈な体の 美しい 勇士になるだろう

Бир  сонун  гүлдөр  элек..  гүлдөр  элек…

そして一本の 美しい花を 咲かせる しかし花は まだ

 

Кой  дебейм,  эмне  берсең   өзүңдө  эрк,

主人は 自分に合った 人を 呼ぶだろう

Менде  жок  эт  жебейм  деп  кесирленмек,

肉を 食べないなどと 自慢する ことはない

өзүмчө  бир  байкаган  сырымды  айттым,

一つの 考えが あんたと 同じだ つまり

Негедир  уйкум  келет…уйкум  келет…

なぜか 眠りたい 眠りたい

1944年12月3日作 コイサル(イシククリ)にて

 

上記作品をWalter  May訳詩

I  want  to  sleep

Dear  old  friend,  we  yesterday  ate  much  meat ,

Every  day  they  bring  come,  and  then  bring  more.

What  kind  of  magic  charm  there  do  we  eat?

I  want  sleep…to  sleep…  and  softly  snore!

 

Pray  don’t  be  cross,  I’ve  something  I  must  say:

Is  one  obliged  to  eat  meat  all the  time?

Why  have  our  lads  thin  arms  and  legs  today?

Why  are  girls’  faces  rather  coarse ,  not  fine?

 

Now  don’t  get  angry  if  stupid  words  I  chew:

Is  eating  meat  some  kind  of  daily  task?

Why  is  Kasimkul  so  lazy,  do  you  now?

All  wait  for  him,  when  will  he  come  at  last?

 

Don’t  eat  much  meat,  old  friend,  if  there’s  no  need.

I  always walk,  and  my  strength  I  measure out.

Don’t  be  offended  by  my  frank  words  indeed –

But  why  are  our  folk  so  weak,  and  far  too  shout?

 

If  you’ll  allow  me,  I  will  tell  you  why:

Russian  dishes  would  suit  us  better,  it’s  plain.

Then  we’ll  be  supple-bodied,  and  clear  of  eyes,

Then  we’ll  bloom  with  life,  and  bloom  again…

 

The  host  may  feed  his  guests  as  he  thinks  fit,

And  I  don’t  boast  that  I’ll  eat  meat  no  more.

Only  one  thought  I’ll  share  with  you,  to  wit –

I  want  to  sleep… to  sleep…and  softly  more.

(1995年ビシケクにて訳)

 

 

Каркыра          (訳 2019年8月)

Бала  кез,  көктөм  убак,  жазгы  баар,

子供の頃 春早い 緑の時期

Асманда  карк-карк  этет  каркырлар.

空には 鶴たちの 鳴き声がした

Мен  анда: < Эй,  замандын  калыстары—

私は言った <おーい、時間を 公平に

Көрсөтчү,  канатыңда  не  жазуу  бар ? >

見てる鳥よ 羽に 何が 書いてある?>と

 

Уккандай  дал  үстүмдө  тегеренет,

めったに 聞こえないが 私の頭上で 回って

< Ал  мына,  окуп  кал > … деп  белги  берет,

ほら この 黒い所を 見て と合図をする

Карасам,  канатында  төрт  сап  ыр  бар,

見ると羽に 4行の詩がある

Эсимде  ал  төрт  сап  ыр  мындай  делет:

私の記憶では その4行詩は このように書いてあった

 

< Турмушта  бакыт  да  бар,  байлык  да  бар,

<人生には 幸運もある 財産もある

Болушкан  бирин-бири  көрүүгө  зар.

それらは いくらかの 黄金を 与えた

Мына  эми  биздин  күндө  кошулат  дейт,

ほら それらに 我々の日々を 加える と言う

Сен  да  кел,  ошол  жакка  биздин  сапар > …

私たちは 飛んで行き また来る>と・・

 

Аз,  көппү,  санабадым  күн  эсебин,

多いか少ないか 日と時間を 数えなかった

Колхоздо  бир  нече  ирет  орулду  эгин;

集団農場で 少しずつ 何回も 振るい落とした穀類の粒

Арадан  күндөр  бат-бат  алмашылып,

日々は 早く わからないうちに過ぎた

Айланып  Каркыра  аттуу  жерге  келдим.

日々は巡って 私はカルクラ(鶴)村に来た

 

Көйкөлүп  мент-мент  этет  жайык  бети,

流れに きらめく 広い顔

Көрсөтүп  чон  боз  үйдү  берки  четки.

遠く 近くの 大きなボズイ(テント)を見て

≪Туугандар,  бул  үй  кимдин  үйү?≫ – десем,

《皆さん この家は 誰のですか?》と聞くと

≪Колхоздун  койчусунун  үйү≫ дешти.

《集団農場の 羊番の家だ》 と声をそろえる

 

Кыргызда  адамдык  парс  салам  айтмак,

キルギスでは 人の本当のもてなしが ある

Четки  үйгө  салам  айтып  кирип  барсак,

遠くの家に 挨拶して来て

Төрүндө  Бакыт,  Байдык,  койчу  менен

入り口で 幸福や財産は 羊番と

Каткырып  кымыз  ичип  отурушат.

度数の強い 馬乳を 飲んで 座っている

 

Кандай  март,  Бакыт,  Байлык  кандай  элпек,

どう気前がいいのか 幸福や 財産は どう従順なのか

Жаңы  өмүр  койнунда  экен  кайда  десек

幸福など 新しい 人生は 体の中だろう

≪Заманың  мына  ушундай  таанып  жүр  ≫-

деп,

《時間は ほら こんなと 知って》 と

Асманда  каркыра  үнү  карк-карк  этет.

空では 鶴たちが クークー鳴いている

 

1944年12月5日作 コイサル(イシククリ)にて

 

 

 

 

 

 

キルギス詩人 オスモノフ 4

                         2018年7月配信

АЛЫКУЛ  ОСМОНОВ  アルクル・オスモノフ 7

訳2018年4~6月

下記はキルギス詩人 アルクル・オスモノフの作品です。キルギス語はロシア文字を使っていますがロシア文字をご存知なら文字の通りに読めばいいです。ただしキルギス語は(ң )、(ө)、(ү)の 3文字多く、これらは(Н)、(О)、(У)として読めば近いです。カタカナは読みです。訳は大意が合っている程度とご理解ください。

オスモノフ記念館がビシケクにあります。記念館と言ってもオスモノフが何年か住んでいた平屋の家ですがボコンバエバ・カリカキエバ通り交差点を少し南に入った所にあります。

(下記でカタカナは読み、和文は訳です)

Та ңда

タンダ

日の出に

 

Тентек  желдин  эркине,

テンテック ジェルディン エルキネ

気まぐれな 風が 気ままに吹き

Булуттар  к өч ө баштады.

ブルトゥラプ コチョ バシタルドゥ

雨雲を 追い払い 始めた

Таң  нуруна  бүлбүлд өп,

タング ヌルナ ブルブルドプ

朝の 光が 揺らめき

Жылдыздар  өчө  баштады.

ジルドゥズダル オチョ バシタルドゥ

星たちは 消え 始めた

 

Чыгышты  б өл өп алтынга,

チグシトゥ  ボロプ アルトゥンガ

東方から 黄金が 現れ

Таң  агарган кез  эле.

タング アガルガン ケズ エレ

朝の光は 瞬く間に 白くなる

Таң  нуруна  боёлуп,

タング ヌルナ ボヨルプ

光が 射しこんで

Жылтылдайт  биздин  терезе.

ジルトゥルライトゥ ビズディン テレゼ

窓を 明るくする

 

Ар  биринде  бир  кетмен ,

アル ビリンデ ビル ケトゥメン

人はそれぞれ 分かれ 鍬を 持ち出かけ

Кээ  бирөө  чекккен  араба.

ケェ ビロオ チェッケン アラバ

ある人は 馬を 荷車につける

Колхозчу  эмгек  атасы,

コルホーズチュ エムゲク アタス

コルホーズ労働者の 仕事は 精力的だ

Түбөлүк  бакты  талаага.

トゥボルク バクトゥ タラーガ

いつも 畑で 幸福を見つける

(1932年作)

 

 

 

 

Шамалга

シャマールガ

風に

Элте ң  менен  терезеден

エルテン メネン テレゼーデン

朝早く  窓から

Таза  абаны  желдеттим,

タザー アバヌ ジェルデッティム

清らかな 空気が やってきて

Таза  абадан  таза жутуп

タザー アバダン タザー ジュトゥプ

清らかな 空気から 清らかさを 呑み込んで

Көңлүмдү  дегдеттим.

コングルムドゥ ドゥグデッティム

心は 願いを呼び起こす

Ай!  Унуткам,  мени  ойготкон

アイ! ウヌットゥカム メニ オイゴトゥコン

ああ! 忘れていた、 以前私を 起こした

Шамалы  го  эмгектин!

シャマール ゴ エムゲクティン!

風は 私を 働かせるためだったのかな!

(1932年作)

 

 

無 題

 

Шаарымдын  бир  учунан  бир  учуна  карасам ..

シャールムドゥン ビル ウチュナン ビル ウチュナ カラサム

私の街で 一方から 反対側を 見る

Жаңы  түшкөң  тааныш  эмес,  жаңы  там..

ジャング トゥシコン タアヌシ エメス、 ジャングイ タム

新しく 建った 知らない 家が

Замандардан  замандарга  калкуучу,

ザマンダルダン ザマンダルガ カルクウチュ

過去の時の外で 長く 浮いている

Чөкпөй  турган  кораблдей  салынган.

チョクポイ トゥルガン コラブルデイ サルンガン

まるで沈まない 船のように 浮いている

 

Ал  тамдарда  жашагандар  ким  десе ң?

アル タムダルガ ジャシャルガンダル キム デセン?

そこに住んでいるのは 誰かと 思ったら

Менин  бир  боор  кыргыз  деген  үй-бүл өм!

メニン ビル ボオル クルグズ デゲン ウイブロム

私の兄弟たち キルギス人という 家族が 住んでいた

Жаш  калаага  турактуу  уул  болууга,

ジャシ カラアガ トゥラクトゥゥ ウウル ボルウガ

新しい町で 家を持つために 長い間 遊牧したが

Аз  жыл  болду  тоодон  к өчүп  келишкен.

アズ ジル ボルドゥ トオドン コチュプ ケリシケン

町に住んでから まだ時間は 経っていない

(1940年3月作)

 

上記作品をWalter  May訳詩(1995年)

 

My town from one end to the other I see-

New buildings, homes unknown, all new to me

As if, from out the depths of ages past

A new unsinkable ship had floated free.

 

And who lives in these homes, you’d ask me so?

My kith and kin, Kirghizians I know!

In this young town it’s settled sons they’ll be-

They came down from the mountains not long ago.

 

 

 

 

Менин Жылдызым

私の 星

 

Атамдын  досу  дешчу  эс—эс  билем,

父の友人を おぼろげに 覚えている

Аксакал  чоң  абышка  Касым  деген.

体格のいい カスムという 老人だった

Бир  түнү  койнуна  ороп  алып  чыгып

ある夜 私をコートに包み 抱いて 外に連れて行った

К өрс өтүп  бир  жылдызды  колу  менен.

星を 指さしながら あの星は お前の星だと言った

 

<Таанып  ал,  тээтиги  сеники,  уулум,

「覚えておきなさい あの星は お前の 星だ

Карачы  жаңЫлыгын,  сулуулугун.

見なさい、 立派で 美しい

Билип  жүр,  сен  батканда  кошо  батат,

忘れるな、 お前が死んだら 星も 死んでしまう

Сөзү  ушул  биздин  дагы  мурункунун! >

この言葉は 先祖の時代から 言われている」

 

 

Чоңойдум,  жигиттикке  күндөр  жетти

私は育って もう大人に なった

Ой  басты  тунжураган  эрте-кечти…

静かな 朝や夜 考えるようになった・・

Эрчишип  оюн-күлкү  мастык  менен

友達と 遊んだ 日々は

Эсимден  анын  баары  чыгып  кетти.

もうあまり 覚えて いない

 

 

Калп  эмес  ушул  күнгө  ошол  күнд өн,

嘘ではなく 今まで 過ぎた日

(Аныма  кээде  өзүмчө  ичтен  күлөм )

(時々 誰にも 見られないように 笑ってしまうが)

Көк  түстүү  кең  асмандын  барагынан

青い 広い空(天国)の あちこちで 探しても

Карайм  да  кайда  экенин  таппай  жүрөм.

どこにも 星は 見つからない

 

Ах,  чиркин,  да  бир  жолу  к өзг ө  түшс ө ,

ああ、 残念、 星が また見えたら

Эгерде  ай  кызганып,  күн  түртп өс ө ,

もし 月が 悲しまないで 太陽が 追い払わなければ

Жер  шарын  колгугума  кысып  алып,

私は 地球を 懐に抱いて

Мейманга  барар  элем  эки-үч  күнгө .

私の星に 何日か お客に 行きたい

 

Көрсөтүп  бир  тилектүү  жер  баласын..

夢を持っている 私のような 大地の子供がいると 星に見せて

Болгондо  биз  сыяктуу  эр  даанасын.

私たちの 一人に 似ていると 星がわかったら

Көп  турбай  кайра  түшүп  келер  элем,

長い時間 いなくても 帰って来たい

Таанытып  адилдиктин  заманасын.

地球には 公平な 人がいると 知らせてから

(1944年12月2日作)

 

 

 

 

 

 

 

 

観光案内 チーグ町、サンタシ、カラコル

キルギスの昔話、伝説    (出典は「キルギス百科事典」 2000年頃訳)

観光歴史その1

1.チーグ   (湖底に沈んだサーク族、ウスニ族の町)

今、イシククリ湖があるところには、何世紀も前、村や町がありました。町の中をキャラバン隊が通ったり、立派な宮殿やかんがい施設を造られたり、市場ががやがや賑わったり、手工業者が働いたりしていました。しかし、やがてその村や町が湖に沈みました。沈んだ遺跡の秘密は、昔から学者の興味を引いてきました。

イシククリ湖に沈んだ町で、一番古い町が「チーグ」です(中国語では、チーグチェン)。チーグ、そこは中央アジアの東から来たウスニ族の最高位指導者がいる拠点でした。紀元前2000年、ウスニ族が天山の谷を侵略したとき、この指導者はサーク族の拠点を奪いました。そのとき、チーグ町を中国の旅行者、ジャン・シャンが訪れ、天山の民族とハン国の間に交流が始まりました。

ペスチャンノエ村の隣にある入り江の底に、サリブルン町の遺跡が見つかりました。残されていた材料によって、ここに一箇所だけ居住地があったことがわかりました。それは「チーグ」だったのです。学者は、沈んだサリブルン町はチーグ町であるという仮説を立てています。

残念ながら、古代のウスニ族の拠点を散歩できるのは、スキンダイバーたちだけですが、入り江の南方では流されてきた古代の焼き物を多く見つけることができます。

 

2.サン・タシ    (塚の謎)

昔からサン・タシ峠は、クンゲイアラトーからテルスキーアラトーの北裾野を越える分かれ道として使われてきました。高山の谷間には、サーク族の古墳や石で造った塚などがたくさんあります。古墳の直径は60メートルにもなります。

特に、二つ隣り合わせにある古墳が注目に値します。(小さい方は考古学者が発掘して、もうありません。)この有名なサン・タシの古墳について、「鉄のちんば」と呼ばれたモンゴルのタミルランがインドへ出征したことに合わせた伝説があります。タミルランは、出征の前に兵士が小山に一つ石を置いて、帰った時、一つ石を隣の小山に置くように命令しました。二つの塚は、死んだ兵士のために特異な記念物になりました。この伝説にちなんで、サン・タシ(数えた石)と呼ばれます。

学者たちは、この古墳を古代の遊牧民が作ったと推測していました。しかし、発掘して円形テント型の石の施設を発見した時、学者たちは驚きました。遊牧のサーク族時代のものではなく、中世期のチムール時代に属していたのです。

国内に1ヶ所だけあるこの建造物が造られた目的は、まだわかりません。発掘調査の結果を待たなければなりません。

 

 

3.N・M・プレジワルスキーの記念碑   (カラコル市)

1869年にカラコル市が設立され、町の中心にあるカラコル大学に記念碑ができました。この時代には、カラコルはロシア人やいろいろな国の人間が天山と中央アジアへ探検に行く基地でした。

1885~88年に、偉大なロシアの探検家で中央アジア研究者のN.M.プレジワルスキー滞在しました。彼は、サンクトペテルブルグから5回の探検に来て、腸チフスに感染してカラコルで死んでしまいました。プレジワルスキーの記念像は、カラコル空港の近くにあります。しかし主な記念建築物は、カラコル川が湖に入るところにある彼の墓の近くにあります。

記念碑は、岩の上部に知恵と優しさのシンボルである鷲がいる構図です。鷲のくちばしには、科学の平和的な目的のシンボルであるオリーブの枝、そして、爪には折った中央アジアの地図をつかんでいます。

岩の表面には、青銅の十字架がしっかり取り付けられました。その下には、ロシア科学アカデミーから彼の功績に贈られたメダルを大きく複製したものがつけてあります。下部には、「ニコライ・ミハイロビチ・プレジワルスキー 最初の中央アジアの研究者、1839年3月31日生まれ、1888年10月20日死亡」と書いた銘があります。記念碑は中央アジアで最初のモニュメントです。

1957年4月29日には、記念館を造ることが決まりました。墓と記念碑の近くに記念館ができました。ここには、研究の成果物や彼の遺品が展示してあります。

 

4.ドゥンガン人のモスク    (カラコル市)

カラコルに立派な記念的建築物のモスクがあります。モスクの建築家たちは、ドゥンガン人伝統的な木造建築の経験と技術を使って造りました。モスクを彫刻家、レンガ職人、屋根屋など30人以上の職人で造りました。

1907年に建築家が、天山もみ、カラガチ(コブニレ)、ポプラ、クルミなどの材料の用意を始めました。準備に3年間かけ、1910年にモスクの骨組みを組み立てました。大きさは24.8m*23mで、中央アジアのモスクと比べるとそれ程大きくありません。

モスクは、東側と西側に2列の柱がある長方形をしています。南側と北側に窓を作って、西側にはありません。そこには、神に祈る人たちが顔を向けるからです。外部に彫刻した模様には、民族の神話にある怪物やフェニックス、ライオンを装飾に使っています。民族の伝説に従って、彼らは建物を災害と悪魔から守っています。

建物の色、材料、屋根の色は、厳しく決められました。木造部分と柱が赤色、壁が濃紅色、屋根は緑色、さらに、彫刻した模様には、ぶどう、ざくろ、梨、桃など植物の模様は緑色、神話の動物は黄色の二色で塗りました。

神話によると、それぞれの色には意味があります。赤は災害と悪魔から守り、黄色は富と偉大さを表し、緑色は幸福と幸運を持ってくるのです。

 

5.健康に良いアクスウ温泉   (カラコル市)

カラコル町から15km、天山のもみやりんごや落葉樹が生える谷間に景色のいい温泉があります。イシククリ湖東部の人々は、昔からアクスウ温泉の効能についてよく知っています。住民は温泉を崇拝し、アルマ・アラシャン(リンゴの効能がある温泉)と呼んでいたことから聖所と言われています。

1857年6月9日から10日にかけ、ロシアの探検家P.P.セミョノフ・テンシャンスキーが訪れ、後に「回想録」に書いています。その後、プレジバルスキー町が建設されたので、イシククリに来た多くの研究者や旅行者が温泉を訪れました。

19世紀の終わりに、温泉が中央アジアや西シベリアにも有名になったとき、地区の行政は市民や訪れる人々のために木造の建物を建てました。近所のキルギス人はユルタに住んで、ここを訪れる保養客に肉やクムス(馬乳酒)を提供していました。

 

キルギスの昔話 その2

2018年 7月 日配信

昔話その2

(上記地図の地名は昔話の収録地です)

キルギスの昔話 その2                作成2018年5月

以下の題材は、キルギスの昔話 “ARXI” 2005年刊 によります。この本の内容は主に1960~70年代に学生たちが各地方の住民に聞き取り調査を行い収集したもので収録地が偏っているのは地域を指定したためです。

<やがてこう呼ばれるようになった>(地名の表記はロシア語です。)

1.アチュー・ブラック(邪悪な泉)   Ачуу-блак    イシククリ州  1966年 チョン・ジャルグルチャック村で収録

この村の近く小さな谷に泉がある。それはずっと昔にできた。キルギス人とカルムイク人との戦いがあった時のこと。キルギス人はカルムイク人を山に追い込んだ。そしてカルムイク人の君主チャンガルマカの幼い息子を奪い谷で殺した。君主はその谷に息子を埋めた。何年か後に墓のある場所からきれいで冷たくて美味い水が出てきた。しかしその水を飲むとどんな人も不治の病になった。その後人々はその泉をアチュー・ブラック、すなわち邪悪な泉と呼んだ。キルギス人に息子を殺された君主は復讐をしたのだ。

 

2.カジ・サイ  Каджи-сай  イシククリ州  1976年カジ・サイ村で収録河の近くに教師が住んでいた。彼は賢明で尊敬される人物だった。亡くなった時、住んでいた所に埋葬された。その場所は彼に敬意を表してカジ・サイ、つまり信心深い指導者の土地と呼ばれた。

 

3.チョン・タッシ(大きな石)  Чон-таш    イシククリ州1976年  カジ・サイ村で収録

貧乏な牧夫と彼が愛する富豪の娘がいた。牧夫には結納金などなく彼女を盗むと決めた。彼らは山に向かい彼女は大きな石を持っていた。富豪の召使たちが追いついたが牧夫は彼らを殺して娘を連れて行った。長い道のりの後、別の召使はその谷で休むことにした。牧夫の友人は富豪の手下たちに仕返しをすることにした。牧夫と友人は大きな石を召使たちに投げ、彼らは死んでしまった。その場所は今も石が横たわっていてチョン・タッシと呼ばれている。

 

4. アラミジン川 (Речка Аламедин)   チュイ州1979年 カールマルクス村で収録

ある村にアリヤという美しい娘がいた。彼女の両親は金持ちで娘を自分たちと同じ金持ちと結婚させたかった。しかしアリヤはミジンという牧童が好きだった。金持ちの若者が美人のアリヤのことを聞き求婚するためにやってきた。父親は同意せず結納金を多く要求した。遠方から来た別の求婚者を父親が気に入った。アドリルベックという若者は式の日を決めた。牧童のミジンはそれを聞き富豪の所にやって来た。しかし無慈悲な富豪は彼を殺してしまい井戸に投げ入れるよう命じた。やがて結婚式の日が来た。アリヤは高い山に登り崖から身を投げてしまった。人々は皆泣き、その涙からアラミジン川(アリヤとミジンの川)の流れが生じた。

 

5.カシカ・スー(清涼な水) кашка-суу     チュイ州  1978年チョン・アルク村で収録

ある暑い日、若い放浪者はユルタ(移動テント)の近くで結ばれている馬を見た。ひどい喉の渇きが彼を馬の傍に行かせた。ユルタから若い女性が出て彼に来るよう誘った。ユルタには立派な格好をした賢明そうな老人がいて彼に会釈した。「お若い人、何をお探しかな」老人は聞いた。「よく知られた瑞々しい緑の草がある湖、川、ジャイロー(山の草原)など。私は泉や何らかの川を探しに行くところです。」老人は若者にクムス(馬乳酒)を勧めた。その後「若い人、あんたは人々や家畜を救うべきだ。聞きなさい。あんたはチョン・タッシ山の近くに穴を掘るべきだ。それにはまずここの水を奪って支配している竜に立ち向かって勝たなければならない。ユルタにいる馬と犬を連れて行きなさい。それとこの刀と。」三日三晩、若者ベクジャンは竜と戦いそして打ち勝った。その後、老人に言われた場所に穴を掘り、人々が「カシカ・スー」と呼ぶ清涼な水が川となり流れ出した。

 

<イシククリ湖はこうしてできた>  (表題の表記はロシア語)

イシククリ湖についての話は数多くあり極一部の紹介になります。キルギス語では「ウスク・コル」で「熱い湖」の意味です。

1.アルティナイとメルゲンベック  Алеынай  и  Мергенбек     イシククリ州       1967年 ミハイロフカ村で収録

クンゲイ・アラトー(クンゲイ山脈)にアルティナイという奇麗な娘がいた。一方テルスキー・アラトー(テルスキー山脈)にメルゲンベック、つまり「幸運がある」という名前の猟師がいた。二人はお互いにとても好き合っていた。しかし娘が出かけた際、ある富豪が彼女を誘拐した。そして山の高い場所に建つ塔に監禁した。彼女のメルゲンベックに対する愛情は彼女が崖から身を投げるほど強かった。身を投げた場所にちょうど恋した娘の心のような冬でも夏でも熱い湖ができた。湖は、熱いという意味のイシククリ湖と名付けられた。

 

2.最も明るい星  Самая Яркая Звезда       イシククリ州  1972年 グレゴリエフ村で収録

昔昔の話。ある領主の土地に皆が満月と比べた美しい娘と青年が住んでいた。彼らはお互いに愛し合いそして幸福だった。しかし二人の間に娘を気に入り妻にしたいと願う老人の君主が現れた。君主は仲人を娘の両親の所に送り、両親はそんな金持ちの元へなら、と娘を差し出すことを承諾した。娘は青年に高い山の麓で日没後に会いたいと知らせを送った。さて日が山に沈み空に宵の明星が現れたが恋人は来なかった。娘は自分が彼に必要ないものと考えた。残念にもこの考えは自分の人生が大切なものではないと変わってしまい、ついに彼女は鋭い刃物で心臓を刺した。そこから熱い血が走り出て谷を流れた。流れたその血で熱い湖ができた。さて青年はといえば、会う場所にやってきたが恋人と会えなかった。そして流れている血を見た。青年は月に「夜の美しい月よ、私を奪ってくれ、恋人なしではこの地上で生きてはいけないから。」と話しかけた。それで月は彼を最も明るい星に変えた。それから毎夜、この星は婚約者の娘を思いながらイシククリ湖の波に合わせ瞬いている。

 

3.熱い泉  Гарячие  Ключи            イシククリ州  1972年 アナニエバ村で収録

ある君主の土地に三つの大きな井戸があってそれぞれの秘密は君主しか知らなかった。君主は井戸から水が流れ出ないよう蓋を固く閉めるよう命令して秘密を神聖に守っていた。君主の領地に貧しいが大変美しい娘がいた。そして君主の息子はその娘を好きだったが親は結婚に反対だった。君主は家来に娘の首を息子の目の前で切るように命じ家来はその通りにした。血が落ち地面に流れ、流れる血は沸き始め熱い泉となった。娘の首が落ちた時に井戸の一つが爆発し水がほとばしり君主の土地を水浸しにした。やがてイシククリ湖ができ、今は湖底になった純真な娘の熱い血が流れた場所から熱い泉が噴き出している。

 

4.娘の涙の湖 Озеро  Девичьих  Слез                         イシククリ州  1975年 アナニエバ村で収録

昔昔、イシククリ湖がある場所は荒野で1棟の白い宮殿だけが建っていた。そしてそこには女神が住んでいた。ある日その荒野に羽のある馬に乗って若者が飛んで来た。彼は美しい娘を見て降り立った。娘は彼を一目見て恋してしまった。若者は娘に「もし私といつもいたいなら40日の間、昼も夜も寝ないで私を待ちなさい。」と告げた。39日間、娘は若者の神を昼も夜も待ち続けた。しかし40日目の夜に寝込んでしまった。そしてこの時若者が飛んできて寝ている娘を見た。娘は目覚めたが若者は「君は私を待っていることができなかった」と恋する娘に語った。「私はもうあなたの所に戻ってこない、さらばだ。」と言って飛び去ってしまった。娘の目は熱い涙であふれ昼も夜も娘は泣いた。そして娘の涙から凍らない湖ができたということだ。娘の愛情のように純粋で、そして涙のように塩気がある水。やがて娘は悲しみと涙で枯れて石になり、タスタル・アタという山になったという。

 

5.恐ろしい怪物  Страшное  Чудовтца        イシククリ州  1965年 オイタル村で収録

ある老人が語った。今イシククリ湖のある所に君主が統治していた広大な王国があった。君主は12も扉がある王宮に住んで誰にも会わなかった。ある時王宮に人々が集まった時、君主に会いたいと願った。しかし入口には護衛がいるので入ることはできなかった。それで民衆は君主が姿を見せないので怒り、護衛を殺し君主の所に押し入った。そこで恐ろしい怪物を見た。それはロバの胴を持つ人間だった。これが君主だったのだ。民衆はその頭を切り落として井戸に投げ込んだ。その時、井戸から火が噴き上げ王国を覆ってしまった。それでイシククリ湖ができた。

 

6.太陽の息子  Сын  Солнца             イシククリ州  1963年 ダリシカ村で収録

何世紀も昔のことイシククリがある場所にそれほど大きくない湖があった。周りには町や村が近くに散らばっていた。そこには勤勉な人々が住んでいた。しかし太陽の息子は人々が青銅の製作でトントン叩く音にうんざりしていた。怒った太陽の息子は彼らを破滅させることにした。巨大な岩を持ち上げ湖に投げ込んだ。この恐ろしい一撃で地面が裂け、すべての水は下方の村や大きな町そして山に向かって流れ出た。今はこれらの山や町が湖の透明なきれいな水を通して時々見える。こうしてキルギスの誇りとなるイシククリ湖ができた。

(キルギスの昔話 その3に続く)

キルギス国歌

キルギス国歌

1992年にキルギス共和国の国歌に制定された。

flag

キルギス国歌和訳        2018年11月

キルギス文字はロシア文字を使用していますが(ң )(ө)(ү)の3文字多く、

これらはロシア文字の(Н)(О)(У)として読めば近いです。以下のカタカナは読みで

和文は訳です。                 (当サイトでの作成)

1.Ак мөнгүлүү  акса  зоолор,  талаалар,

アク モングルー アクサ ゾオロル タラアラル

白い氷河に 覆われた 岩山よ、ステップよ

Элибиздздин  жаңы  менен  барабар.

エリビズディン ジャング メネン バラバル

われらは 共に生きてきた 心は 一つになっている

Сансыз  кылым  Ала-Тоосун  мекендеп,

サンスズ クルム アラトースン  メケンデプ

幾世紀も 氷河を抱く 山々のもとに 住み

Сактап   келди  биздин  ата-бабалар.

サクタプ ケルディ ビズディン アタババラル

我らは 先祖の土地を 守って来た

 

(繰り返し)< >

Алгалай  бер  кыргыз  зл,

アルガライ ベル クルグズ エル

さあ 進め キルギス人よ

Азаттыктын  жолурда.

アザットゥクトゥン ジョルンダ

自由な 道だ

өркүндөй  бер,  өсө  бер,

オルクンドイ ベル オソ ベル

さあ 発展させよう、 さあ 変えていこう

өз  тагдырын  колунда. >

オズ タグドゥルン  コルンダ

自ら 昔からの 運命に

 

2.Байыртадан бүткөн  мүнөз  элиме,

バイウルタダン ブトゥコン ムノス エリメ、

昔から 国民に 友達へ 自分の心を

Досторуна  даяр  дилин  берүүгө.

ドストルナ ダヤル ディリン ベルウゴ

与えるような 性質が 入って来た

Бул  ынтымак  эл  бирдигин  ширеип,

ブル ウントゥマク エル ビルディギン シレイプ、

この道徳心は 国民すべてを さらに向上させる

Бейкуттукту  берет  кыргыз  жерине.

ベククットゥクトゥ ベレトゥ クルグズ ジェリネ

そして平穏な 生活を キルギスの 大地に 与える

 

(繰り返し)< >

 

 

 

+++

キルギス語歌詞[編集]

キリル文字 ローマ字転写
1番
Ак мөңгүлүү аска зоолор, талаалар,
Элибиздин жаны менен барабар.
Сансыз кылым Ала-Тоосун мекендеп,
Сактап келди биздин ата-бабалар.
コーラス
Алгалай бер, кыргыз эл,
Азаттыктын жолунда.
Өркүндөй бер, өсө бер,
Өз тагдырың колунда.
2番
Байыртадан бүткөн мүнөз элиме,
Досторуна даяр дилин берүүгө.
Бул ынтымак эл бирдигин ширетип,
Бейкуттукту берет кыргыз жерине.
(コーラス)
3番
Аткарылып элдин үмүт, тилеги,
Желбиреди эркиндиктин желеги.
Бизге жеткен ата салтын, мурасын,
Ыйык сактап урпактарга берели.
(コーラス)
1番
Aq mɵᶇgylyy asqa zoolor, talaalar,
Eliвizdin çanь menen вaraвar.
Sansьz qьlьm Ala-Toosun mekendep,
Saqtap keldi вizdin ata-вaвalar.
コーラス
Algalaj вer, qьrƣьz el,
Azattьqtьn çolunda.
Ɵrkyndɵj вer, ɵsɵ вer,
Ɵz taƣdьrьᶇ qoluᶇda.
2番
Вajьrtadan вytkɵn mynɵz elime,
Dostoruna dajar dilin вeryygɵ.
Вul ьntьmaq el вirdigin şiretip,
Вejquttuqtu вeret qьrƣьz çerine.
(コーラス)
3番
Atqarьlьp eldin ymyt, tilegi,
Çelвiredi erkindiktin çelegi.
Вizge çetken ata saltьn, murasьn,
Ьjьq saqtap urpaqtarƣa bereli.
(コーラス)