「Chui region」カテゴリーアーカイブ

ビシケクからアルマータ、マナス空港へ移動

ビシケクからアルマータまたはマナス空港への移動      2019年7月

1.アルマータへ

1)国境に向かう285番、333番のミニバス(マルシルートカ)利用

ミニバス始発はツムデパートのチュイ通り筋向かい、宝石の店アルティンのチュイ通り向かいのバス停(下記地図 赤丸)。他のミニバスも停まる一般のバス停。ミニバスはチュイ通り沿いのバス停ならどこからでも乗車でき予約等必要なし。

ツム ミニバス乗場

上地図)チュイ通りツムデパート向かいの始発バス停(赤丸)

 

ビシケクからカザフ国境ミニバス始発バス停19年6月
ビシケクからカザフ国境ミニバス始発バス停19年6月 後方はツムデパート

チュイ通り~アルマティンスカヤ通りを通って国境へ。1時間に何本も出ていて運賃は30ソム。始発バス停から国境まで45分で着(6月晴天時)だが季節、天候により変動有。運賃は国境行の時は最後にビシケク行では最初に払う。ビシケクへの終点はショポコバ通りのツムデパート手前になる。

 

キルギス側国境検査所 19年6月
キルギス側国境検査所 19年6月

建物右側から入る。写真右後方はカザフ側検査所で間に国境のチュー川が流れている。歩いて国境検査を通過。カザフ側検査時に小片の入国書類に氏名、生年月日、パスポート番号等記入、スタンプをもらう。この小片は出国時に必要なのでなくさないように。カザフ側に出たらアルマータ行ミニバス、タクシーが停まっている。ミニバスは1500テンゲまたは300ソム、相乗りタクシーは3000テンゲくらい、2時間半~3時間でアルマータのバスターミナル(名称サイラン)着。

2)西バスターミナルからミニバス利用

西バスターミナル

 

ビシケク西バスターミナル正面 19年7月
ビシケク西バスターミナル正面 19年7月

西バスターミナル向かって右にミニバス乗り場がありアルマータ行は5番乗り場。ナリンやイシククリ湖方面に行く乗り場と並んでいる。料金は一人400ソムでサイラン・バスターミナルまで行く。料金所は上記地図 赤丸の場所。

ビシケク西バスターミナルミニバス料金所19年7月
ビシケク西バスターミナルミニバス料金所19年7月

3)西バスターミナルからタクシー利用

ターミナル入口東側路上にタクシーが客待ちしている。アルマータのサイラン・バスターミナルまで一人800ソム、一台4人から6人の相乗りで行く。およそ3時間で着。(上記地図 緑四角の場所)

なお、西バスターミナル建物内の料金所でタシケントやモスクワ行大型バスの切符を売っていて、乗り場は建物裏側。タシケントへは一人1000ソム、毎日9時、16時50分、23時30分発、モスクワへは一人4500ソム、月曜11時、水曜10時、金曜11時、21時発他のバスがある。

ビシケク西バスターミナル内部待合19年7月
ビシケク西バスターミナル内部待合19年7月  右後方が切符売り場

2.マナス空港へ

マナス空港への移動は、次の1)2)の方法で

1)ミニバス(マルシルートカ)利用

ミニバスの番号は380番で乗車はチュイ通りとマラダヤグバルディヤ通りの西側(オシュバザール寄り)交差点北側。地図、写真参照。ターミナルでもバス停でもない道路脇の所なので380番を探すこと。(下記地図 赤丸の場所)

マナス空港行ミニバス乗場

ビシケクから空港へのミニバス始発場所19年6月
ビシケクから空港へのミニバス始発場所19年6月

料金は一人40ソム、大きい荷物があれば50ソム、空港まで30分。朝7時から夜9時まで毎日運行していると運転手。逆に空港からビシケクまでの便もあって到着場所は乗車場所と同じ。

2)タクシー利用

空港まで400ソム位。タクシー会社に電話して呼ぶのが安全。外で拾う場合、車の屋根にタクシー会社の表示灯を付けていてもほとんど白タク。バザールで買った表示灯を使っているので料金メーターがあるか聞きましょう。メーターは「ショーチク」なので「ショーチク バルブ?」(キルギス語)、「ショーチク イエスチ?」(ロシア語)と聞いてください。ない場合は断るのが良策。

アクベシム、ブラナの塔、ウスカタへ

<アクベシム、ブラナの塔、ウスカタへ>           2019年6月

アクベシムとブラナの塔はシルクロードの遺跡、ウスカタは温泉保養所です。

アクベシム、ブラナ地図

1.アクベシム遺跡(アクベシムは遺跡のある村の名前。キルギス語で日没後の薄暮、イスラムの祈りをする時間帯)。7世紀に三蔵法師が立ち寄り、また唐の詩人李白が産まれた素葉城(スイヤーブ)があった所とされる。

2.ブラナの塔(11世紀の町バラサグン遺跡にある塔)

3.ウスカタ(ロシア語はイスカタ。ウスカタはキルギス語でウスク・アタ、熱い泉つまり温泉の意味。 温泉(冷泉)プール、診療所、宿泊所がある。

詳しくは当ホームページのメニューにある「キルギスの歴史、観光」または他のインターネットサイトで検索してください。

6月23日(日)晴れ

ビシケク東バスターミナルから10時前トクモク行き353番ミニバス発。料金所がないので料金50ソム(約75円)は直接運転手に払った。

東バスターミナル

 

ビシケク東バスターミナル ミニバス乗り場19年7月
ビシケク東バスターミナル ミニバス乗り場19年7月

11時トクモク市バスターミナル着。

トクモク市バスターミナル前道標19年6月
トクモク市バスターミナル前道標19年6月

アクベシム、ブラナへミニバスが出ているものの本数が少ないのとアクベシムへは降りて4キロ歩くというのでタクシーで行くことにした。最初は1000ソムと言われ700ソムで交渉したが900ソムで妥協。ついでにウスカタまで行こうと距離を聞いたら50kあり1時間位という。そちらも回ったら2200ソムだと言う。それは高いと言ったらウスカタまでの道は上りでガソリンが多くかかるとか。後で地図を見たらトクモクからだいぶビシケク方面に戻った山中だった。この値段は無理もないか。後でわかったがビシケク東バスターミナルからウスカタへミニバスが出ていた。(追加旅行記あり)

トクモク市アクベシムへの表示19年6月
トクモク市アクベシムへの表示19年6月

11時20分アクベシム着。発掘はソ連時代から独立後も様々な団体により行われていたが現在は中止。発掘についてインターネットサイトに出ているので見てください。

トクモク市アクベシム遺跡入口 19年6月
トクモク市アクベシム遺跡入口 19年6月
トクモク市アクベシム遺跡19年6月
トクモク市アクベシム遺跡19年6月
トクモク市アクベシム遺跡2 19年6月
トクモク市アクベシム遺跡2 19年6月

発掘された遺跡は柵で囲まれていた。周辺は固い土の荒野。写真を撮って11時40分発。先にウスカタに向かった。真っすぐな一本道だが途中から少し上り道になる。タクシーのエンジンは古くて力が出ないのでゆっくり行くことにした。

地図 ウスカタ

12時40分ウスカタ着。20年前に来たが入り口の様子はそのままだ。昔の宿泊施設は残っていて新しい施設もできている。湧水すぐ奥の岩に彫られた仏陀の像は金色に塗られていて興ざめ。

ウスカタ 仏陀の像 19年6月
ウスカタ 仏陀の像 19年6月
ウスカタ 診療所 19年6月
ウスカタ 診療所 19年6月

ウスカタを13時45分出発しブラナの塔には14時半に着いた。入口の料金所は誰もいないのでそのまま通過。団体のドイツ人?観光客が来ていた。古い資料館は残っていたがすぐ横にガラス張りエアコン付きの新しい資料館ができていた。ブラナの塔についての昔話は当ホームページメニュー「キルギスの昔話 3」の(3.塔)にあり。

写真 入り口

ブラナ 入り口の門19年6月
ブラナ 入り口の門19年6月
ブラナの塔 19年6月
ブラナの塔 19年6月
ブラナの塔 内部階段19年6月
ブラナの塔 内部階段19年6月
ブラナ 石人 19年6月
ブラナ 石人 19年6月

15時10分ブラナの塔発、15時半トクモクバスターミナル着。ビシケク行353番ミニバスに乗って待っていると客がすぐ集まって40分発。料金50ソムは運転手に。ビシケクに16時40分着。

 

追加旅行記<ウスカタへミニバスで>           2019年7月

7月8日(月)晴れ

ビシケク東バスターミナルから11時30分発ウスカタ行316番ミニバス乗車。片道バス代70ソム(約100円)は運転手に直接払ってくれと料金所で言われた。

ビシケク東バスターミナル ウスカタ行乗場19年7月
ビシケク東バスターミナル ウスカタ行乗場19年7月

車内は立っている人も出るほどなので夏は増発してほしい。ジベックジョル通りを東へ行きカントでさらに10人ほど乗って座席数の2倍は乗せて満杯に。カントを過ぎ山の方へ右折。真っすぐな道が続き右折を2回ほど。途中の村で何人かずつ降りたり乗ったりしてカントから乗った10人グループが降りたところで車内は余裕になった。13時10分ウスカタ着。

ウスカタ 仏陀の像 19年7月
ウスカタ 仏陀の像 19年7月

早速湧水近くの仏陀の像に行ったが人がいない。大きさがわかるよう人がいるといいのに仕方ないのでペットボトルを置いて撮った。少し上に温泉水を飲めるところがあり備え付けのコップで飲んだら硫黄の味がした。

ウスカタ 温泉水を飲む19年7月
ウスカタ 温泉水を飲む19年7月

1キロほど山の方に行くと滝があるのだが。20年前に行ったら滝というより水が落ちている所というくらい小さい規模だった。天気は曇り遠雷が聞こえたので下ることにした。ここは温泉療養所なので泊っている人のために食堂が開いている。宿泊所はあるが外にトイレがないので診療所に寄って2階のトイレを借りた。

入口に戻り14時30分発316番バスでビシケクへ。16時頃に到着。