「Culture Shock-2」カテゴリーアーカイブ

キルギスのカルチャーショック 2

カルチャーショック 第 2部 1

キルギスのカルチャーショック (第2部)Ⅰ   2015年6月―16年1月

カルチャーショックが10になったので第一部として、少し休んで第2部を書き

始めました。新しい動きなど書いていけたらと思います。

 

1. パスポートセンターが突然スーパーに

トルストイ通りにフルンゼというスーパーマーケットがあって隣がパスポートセンターでした。居住登録をするため半年ぶりに行ったらシャッターが閉まっています。移転した?しかし、どこにも案内がない。他にも一人来ていましたがわからない様子。近くにいるタクシーに聞いたら旧空港の建物に移転したと言います。何も移転表示がないのはさすがキルギスですね。

どうも隣にあるスーパーフルンゼが売り場を拡張する様子です。パスポートセンターは一時的に借りていたのかもしれません。

 

2.マイクロバスの前転

交差点でバスを待っていたらマイクロバスがやってきて信号手前でブレーキをか

けたら、どういう加減か見事に前転、屋根で滑って停まりました。運転手は無事

に這い出してきて連絡に行ってしまいました。

映画のシーンを見ているようで車はあんなに回転するんだと感心しました。

 

3.親ばかですね

民間の日本語学校で教えている時、日本語を勉強させたいと言って3歳くらいの

男の子を親が連れてきました。他にも英語や何か、いくつも習っているようでし

たがこんな小さい子を教える方法を知らないと断りました。子供が少し覚えると

もっと習わせたいと考えてしまう、親ばかですね。

 

4.本物の紅茶はどれだ

もう15年近く前ですがベータというトルコ系会社の紅茶は美味しかった。味がわからない私でも甘みや味があって美味しいと感じました。それがいつの間にか、味がない、色素と香料だけのお茶になったのは残念です。ベータに限らず他のメーカーも似たり寄ったりで甘みがなく色は色素を加えただけのまがい物が多いです。

最近は「アクバル」というのを飲んでいますがいつまで品質がもつのか。売れると偽物が出たり質を落としたりするのでしょう。すぐひどい味になります。

昔は緑茶ばかり飲んでいたのに今は紅茶主体になってしまいました。それでなおさら美味しい紅茶はどれなんだ、教えて欲しいです。

 

5.「オタキ」と呼ばれて

来たばかりの頃、道でよく「オタキ」と呼ばれ振り返ったりしました。私の名前を知っているはずはないし・・・しかしそう言っているのです。大学で「オタキ」という言葉はあるのかと聞いたらないという返事。

だいぶ経ってからロシア語の「ボト、ターキ」だとわかりました。「ほら、こんな」という意味なので結構使います。私が聞くと「オタキ」に聞こえるので、その度に「うん?」と注意を向けることになります。

 

6.ヤポーニアとヤ・ポームニュ

ロシア語で「日本」は「ヤポーニア」または「イポーニア」です。発音が似ている表現で「ヤ・ポームニュ」があります。ロシア語で「(私は)知っている。わかる。」という意味なのでよく使います。

歩いるとき「ヤ・ポームニュ」と聞こえると、どうしても「ヤポーニア」と聞いてしまいます。「え、日本がどうした?」と注意が向きます。

 

7.一万円札で10円の買い物

マルシルートカと呼ばれる路線マイクロバスが市内を始め郊外へも運行してい

ます。運賃は市内の1回乗りで10ソム(20円)、郊外に延びる路線は高くなり

カザフ国境までは30ソムです。運賃は運転手に直接払うワンマンバス方式でしか

も両替などの料金箱はないので運転手は忙しいです。

時々、支払いに500ソム札(1000円)や1000ソム札で払うのを見かけ

ます。日本で言えば1万円札で10円の物を買うようなものです。払うのは2、

3人分なのに細かいのは持っていないのでしょうか。

 

8.マイクロバスは乗換えさせられる

路線マイクロバスの乗客が少なくなると同じ路線の別のバスに移らされる事が多

いです。自分の食事など運転手の都合によるわけですが乗客が少ないとまた移動

かと面倒になります。

 

9.マイクロバスはエアコンがない

燃費が悪くなるからでしょう、どのマイクロバスにもエアコンは付いていません。余程古いバスは別にしてエアコン仕様なので窓ははめ殺しです。天井に通風口を開けてあればまだいいですが夏には長く乗っていられません。

 

10.必要ですか、と聞かれて

日本からの郵便物を取りに行きたいから一緒に行ってほしい、と頼んだら「それは必要ですか?」という返事。必要でないのに日本から送るものか、と怒りたくなります。日本語学習者から「必要ですか」という返事を以前から何人も聞いています。どうもロシア語を訳したようです。

ロシア語の意味合いが違う、それか言い方が違うのでしょう。言葉の使い方で相手を怒らせることになります。

 

11.1日違う

「~日まで休みます」、「~曜日まで休みです」、という表現で、日本語とロシア語、キルギス語は1日違うようです。

例えば、「9月1日まで夏休みです」と言った場合、日本語では9月1日は休みになります。しかしロシア語、キルギス語では9月1日に授業や仕事があるのです。

以前から違いがあると気がついていたので、~日は休みですか、~曜日はどうですか、と聞くようにしています。

 

12.「オタキ」と呼ばれて その2

私の名字は「おおたき」ですが、「おおたき」ですと紹介しても相手は「オタキ」と呼びます。キルギス人、ロシア人ともにそうですから「おお」は言いにくいのでしょう。

 

13.真夏でもスカーフ、ロングスカート

敬虔なイスラム女性は戒律を守り、顔、手先以外は人に見せません。夏にイスラムスタイルを見ると暑くないのかと心配しますが、素材が良い物なのでしょうか涼しげな表情です。街の女性は短パンにタンクトップというのに違いは大きい。私のクラスの学生もこのスタイルが2人います。

 

14.茹でトウモロコシ

路上で茹でトウモロコシを売っています。日本と違って塩を入れないで茹でて

売るときに塩を振り掛けます。塩茹での方が全体に塩味がついておいしいのでは

ないかと思うのですが。

 

15.猫語

アパートの入り口に来たら野良猫らしき猫が寄ってきました。足の周りを回って

なにやら意思表示をしています。「何だ?」と聞いたら「ニャ-」と答えました。

理解不能。いつか猫語を習わないといけません。

 

16.ラジオ体操

ある大学で職員の希望者に簡単な指圧をしていました。私は専門家ではないので

すが少し施術料をいただきました。よく「ハンドロース」というロシア語を聞き

ました。辞書で調べたら軟骨炎らしいです。しかし軟骨とは違うようで、日本で

いえば肩こりなどの症状ではないかと思います。コンピューターなどで長時間仕

事すれば肩こりになります。

キルギスで日常の体操はしないようなのでラジオ体操を始めたらどうでしょうか。

 

17.バスの席譲り

日本と違ってバス車内ではお年寄り、妊婦、子供を抱いた人などに席を譲ります。

建物内でタバコを吸わないことと並んでソ連時代からのいい習慣です。私にも譲

ってくれてありがたいですが、そんなに年ではないぞ、このくらいは大丈夫なの

に、などと偏屈に考えてしまいます。若い人から見れば相当の年に見えるのでし

ょうね。

18.携帯電話

私が来たときには携帯電話会社が2社ありました。99年のバトケン人質事件の

ときに日本から取材陣が大挙押しかけ電話会社は繁盛したようです。

最初のころは携帯に度数を入れるのは電話会社が発行するカードからでした。カ

ードのコードを電話に入力するのです。しかし使用期限が短く2週間しかありま

せん。切れる前に次の度数を入れないと消えてしまいます。次に3ヶ月の期限に

なり今は期限なしで会社窓口やキオスク、最近は入力端末器で度数を入れられます。

最初の頃にあった会社「カテール(KATEL)」は今でもあるのか知りません。

もうひとつの会社「モバイル(MOBIL)」は2007年ころ「ビーライン」

という会社に変わりました(吸収合併か)。同じころ、新しく「メガコム(ME

GACOM)」という会社が登場し盛んに宣伝し始めました。2代目大統領が起

こしたクーデターの後なので大統領関係かも。

何年かして「オー(O!)」という会社が参入、料金が安くインターネットなど

多くの利用ができるので利用者はかなり増えています。現在はビーライン、メガ

コム、オーの3社が利用者獲得に懸命です。日本と違い1台の携帯でも別会社の

登録チップを入れれば使えます。それでバザールの街頭などでそのチップを売っ

ています。

 

19.携帯電話 その2

最初の頃は携帯電話を使っていませんでした。なくても困らないし、という訳で

す。何年かして清水市の先輩たちがビシケクを訪問するというのでそれを機会に購

入しました。その後あまり使わないので何年も気にしていなかったのですが度数

の減り方が早いのに気がつきました。度数を入れに行った店で聞いたら電話会社

の契約料金体系が古いためと言われました。それで会社の受付窓口に行って新し

い料金制に変えてもらいました。もう7年くらいそのままだったので窓口の人は

こんな古い料金契約をまだ使っていたのかと呆れていました。

日本の携帯電話との違いは、

1.電話機は買取  私が使っているのはカメラや録音などの機能がないもの

なので4000円です。

2.使用料金は後から請求されるのではない。電話機に度数(料金)が入ってい

ないと受信はできても発信できない。

3.一つの電話機に別会社の登録チップを入れて別番号で使える。

20.8年ぶりの引越し

2008年暮れにジベックジョル沿いのアパートに引っ越してからいつの間にか

7年経っていました。配達先に歩いて行けるしバザールも近いので便利です。

しかし、だんだん家賃が上がり豆腐などの収入が全部家賃に消えていく有様で

した。そんな時、国際大学で教えるとアパートを提供すると聞き早速契約しました。

早く引越ししたかったのですが留学生がまだいて5月に卒業、帰国するというの

で待つことに。しかも留学生がアパートを汚してしまったので修理、掃除をすると

いうのです。どんな使い方をしていたのか不明ですが。

キルギスのことで修理、掃除がなかなか終わらず、7月という話が8月になり・。

修理が終わったアパートを見たのですが電話線の配線がまだとか言ってゴーサインが

でません。これでは来年になると思い電話線は自分で取り付け9月下旬に引越しする

と大学担当者に伝えて勝手に引っ越しました。

8年経って体力が落ちていました。豆腐などの営業を早く始めてしまったので疲れ

て臨時休業する結果になりました。

 

20-1.8年ぶりの引越し その2

インターネットは国際電話が使える電話でないと今までのプロバイダーにつながり

ませんでした。大学に国際電話が使える契約にしてほしいと交渉しましたが首を縦

に振りません。理由は何年か前、留学生が国際電話を使って料金を払わないで帰国

したからだと言います。とんでもない留学生がいたものですが私はそんなことは

しないと言っても信用しません。

仕方がないのでインターネット契約を別のプロバイダーとしなければならず面倒

でした。とはいえ瓢箪から駒で、送受信速度が20倍くらい速くなったので楽にな

りました。

(第2部 Ⅱに続く)

カルチャーショック 第 2部 2

キルギスのカルチャーショック  第2部その2  2016年2月~17年11月

第2部その1は、書き疲れと私の引越しがあって半年かかりました。今回はどうでしょうか。

 

(2017年10月記入)去年6月にロシアへ引っ越して働く予定でしたがビザ手続きの関係でドタキャンしました。このことは以下に書きました。

ロシアのカルチャーショックになるはずだったこの記事ですが引き続きキルギス編になります。

このシリーズは日本にいる知人に知らせるという視点で書いているので個人的内容が多いです。

 

1.8年ぶりの引越し その3

最初のころ引越しを止めようと考えていました。まだ学生がいて引っ越し準備をしている

のを見たとき荷物がごちゃごちゃしてアパートがずいぶん小さく、3畳間くらいに見えたの

に加えて他の理由もあります。

それは1階の部屋でしかも番号が42号室だったことです。1階の部屋は危ないからそれま

で15年間一度も住んだことはありませんでした。42号室というのも日本人には嫌ですね

とはいえ背に腹は替えられず家賃の安さに負けて引っ越しました。

引越して早々風呂場の天井から2度も水が漏れてきました。大学の管理人に来てもらったの

ですがその後修理など何の作業もありません。今まで何回もあったのでしょう。天井に亀裂

が入っています。台所の排水が悪く水を多く流すとパイプから水が漏れてきます。風呂場の

配水管が古くいつも水漏れしています。これらが玄関の方に流れ床板が腐ってぶかぶかして

いる訳です。これも直す気はないようです。

 

2.学校の教室に自費でサッシを

第一寄宿学校という地方からの生徒を受け入れ生活させる寮がある学校に顔を出しています。

地方からの生徒は親が外国に働きに出たり離婚したりして教育に問題がある子供です。

ここに顔を出したのはもう5年ほど前、校長を知っている知人の紹介でビザを取得しようと

したのがきっかけでした。しかし学校に外国人教師はいないのでビザ手続きをやってくれま

せん。必要書類をもらって知人と手続きを始めましたが大変。途中でさじを投げました。

ちょうど別の知り合いの会社でビザを取ることになり救われました。

ビザは関係なくなったのですが顔を出しているうちに学生と違う生徒の反応が面白くなりま

した。それまでは学生に教えていたので生徒の反応が新鮮だったのです。以来、時間を見つ

けて授業に顔を出しています。

さて校舎の2階に日本語教室があり生徒が授業にやってきます。しかし古い木造校舎なので

ガラス戸に隙間があり冬は風が入って生徒は震えています。隙間を埋めようとゴム製テープ

を貼ったり木枠を削ったりしましたが効果は見られません。隣のアラブ語教室は卒業生の父

兄などが金を出し合って窓をサッシに変えたと聞きました。学校がそのうちにサッシにする

だろうと思っていましたが一向にその気配はありません。

それで去年12月、私費でサッシに替えました。まずサッシの業者を探しにタータンという

中国バザールに出かけ、たまたま見つけた工房に頼みました。前金を払って数日後に取り付

け、工事は1日で終了とはさすが専門職人です。

次はカーテンを注文し1週間後職人に取り付けてもらいました。風が入らないので暖かくな

りました。これで生徒がしっかり勉強してくれるといいですが、どうなるでしょう。

 

3.ミニバスは何台

市内を網の目のような路線で走っているマイクロバス。大型バスではないしタクシーでも

ない。ミニバスとでも呼んだほうがいいでしょう。系統番号が100番から始まって101、

102・・と連続して付いています。100番と101番は反対周り、113番と114番、

213番と214番も反対周りです。

市内を走るのは200番台までで例外はあるものの300番台、400番台は長距離です。

仮に100番から299番まで市内バスとして一つの番号あたり20台はあるでしょう。単

純に計算すると4000台くらい市内を走っていることになります。

必要なところに行く系統番号を覚えておくと何かと便利です。しかし番号の横に書いてある

行先は通る順番ではないので困ります。書いてあるので乗ると反対周りでとんでもなく遠

くなったりするので聞いてから乗ります。

立つと頭が天井に着きそうな相当古いバスも多くこれは40年かもっと前の製造かと。

 

4.塩漬けニシン

キルギスに来たばかりのころ、日本では毎日刺身を食べていたのにキルギスは内陸なので

海の魚を食べられない。売っているのは川魚を燻製にしたものくらいです。それで欲求不

満でストレスになりました。そんな時、ある日本人の方から塩漬けニシンを塩出しして切

ると刺身風になると教えられました。塩漬けニシンはどこでも売っています。早速やって

みたら確かに刺身風。ストレスが少し減りました。

今では冷凍マグロなど売っていますが当時は影も形もありません。冷凍シシャモを3枚に

下ろして酢漬けにしたり生魚を食べるように色々やりました。郷に入れば郷にで、そこに

あるもので工夫するしかないのです。

 

5.ソ連時代は人間不信

大学で授業をやっているか検査に来る人がいます。今の大学でも前にいた大学でもそうで

した。学生の試験を予定通りやっているかも検査に来ます。ソ連時代にロシア人、キルギ

ス人は授業をしないことがよくあったのでは。日本では考えられないシステムです。人間

不信というより人間が不真面目だったわけです。

 

6.キルギス人は突然行方不明に

キルギスに来たばかりの頃大学でのことです。日本に招待されるプログラムで行き何ヶ月か

して帰ってきた学生は夏休みということもあって家族で出かけました。いつも一緒にいた

同級生が探して私に聞いたのでいないのがわかったのです。あんなにいつも一緒にいたのに

言わずに行ってしまったのかと驚きました。後で聞いたら東にある湖に家族で出かけていま

した。こんな調子で外国に行くにも連絡なしというのはよくあります。

7.キルギス人は突然行方不明に  その2

あるキルギス人が故郷で公共事業の請負を始めました。学校の校舎建設ですが故郷なので

工事業者は知り合いだからとビシケクにいて現場を見に行きませんでした。その結果、業者

は工事材料を横流したので設計よりずっと少ない材料で施工、完成検査がパスしません。

検査が通るようあちこち賄賂を払っているうちに払う相手がどんどん増えていきました。

みんな賄賂を欲しいですから。結局賄賂も尽きて裁判になりましたがその前に工事業者、

会計責任者は海外へ逃亡。逃げ足は速いです。2回のクーデターで2人の大統領が家族を

連れてロシア、ヨーロッパに逃亡しました。国家財産を盗っていったので生活は安定して

いることでしょう。

以前に書きましたが借金の返済を迫られてアパートの電話を切って雲隠れした人がいました。

何年かして町でばったり会いましたがこういう風にキルギス人は状況が悪くなると逃亡する

のが普通です。これは日本人も同じですけど。

 

8.朝8時から、昼12時からの授業

学校もそうですが大学も授業は朝8時始まり、冬は寒くて大変です。それに昼休みがなく

12時からの授業があります。学生も先生も忙しい、少しの時間を見つけて食べたり飲ん

だりしないと疲れます。

9.ある法則

よく買いに行っているバザールの肉売り場で割引してくれました。え!と思ったら、私が

買うと品がよく売れるからと言われました。へーそうなんだ!しかし、お客さんはたくさん

来るだろうから私がというのは当たっているのかな。そうだとしても私と売れ行きの関係

に気がつくまでだいぶ時間がかかったでしょう。買いに行くと喜ぶのでこちらも嬉しいです。

9-1.ある法則その2

もうひとつの法則は、床屋に行こうとすると雨や雪が降って急に寒くなることです。今月(3月)もそうです。暑いくらいの日が続いていたのでじゃあと思ったら雨が降り寒くなり

ました。

 

10.ロシアに引越し

大学の教え子から翻訳の仕事を手伝ってほしいと正月にメールが来ました。私が行かなけれ

ば誰か紹介してほしいようです。アパートは向こうで用意し光熱水費も持つというので好条

件ですがこの申し出をしばらく考えました。豆腐、納豆の営業を中止することになるし、知

人や学生ともお別れとなる。

しかし受けることにして返事をしました。ビザで毎年頭を悩ましていて特に去年は大学が

ビザ手続きを間に合わせなかったので罰金を払う結果になった。あんなに早くから言って

あったのにどうして罰金か、と精神的におかしくなって1ヶ月以上ヒゲを剃らなかった。

それに去年引越しの後の疲れが取れず休んだりして疲れが先行するようになっているので

ちょうど潮時かと判断しました。

4月末で休業し5月に引越し準備、ビザが切れる6月9日前にロシアに行くと予定を

たてました。

11.今年は春が早い

2月下旬に気温20度から25度になったので3月になったら草や樹の新芽が伸びだして

います。いつもより1ヶ月以上早い春です。今日(3月11日)見たらタンポポが花を咲

かせています。スミレの花も見ました。

 

12.緑色の豆腐、納豆があった

もうありませんが中国スーパーのゴインに緑色の大豆がありました。いつも大豆を買ってい

たのにそれが大豆とは気が付きませんでした。店の人が大豆だというので買ってきて豆腐、

納豆を作ったらできました。豆腐は味が濃くゴマ豆腐のよう、納豆も粘りが強いものの味で

お客さんの好き嫌いが分かれました。

好きになったお客さんからは毎週ほしいとの注文。何年かして緑大豆が姿を消し緑豆腐、納

豆も終わりました。

13. ロシア行きは中止に                 (2017年10月記載)

去年ロシアへ行く予定でしたがトラブル続きでビザ手続きが進まずドタキャンしました。

まず、ロシアビザ申請はインターネットを使って行うことをロシアから知らせて寄越さなか

ったこと。ロシア大使館で申請書に書けばいいと思ったらだめで帰されました。次に観光

業者の証明をEメールで送って来て元を送らなかったこと。ロシア大使館でまただめと言わ

れ帰りました。元をビシケクに送るのに1週間以上かかりました。日本のロシア大使館を調

べたら元は必要なかったと弁解していましたがこれで手続きが2週間以上遅れました。

さあこれでという時に何とロシア首相がビシケク訪問、ロシア大使館のビザ担当部局はそち

らに動員され窓口は1週間閉鎖。首相の訪問は何か月も前から決まっていたでしょうがちょ

うど私のビザ申請とかち合うとは。

これほどトラブルが起きるのはロシアに行くなということと判断し中止しました。無理に行

くとさらに悪いことが起こるのは経験上あります。

ロシア行きの話は、豆腐納豆の製造販売にかなり疲れていたので仕事を中止するきっかけを

運命の神様が用意してくれたのだと思いました。休業したいが待っているお客様がいるので

なかなか踏ん切りがつけられなく時期を延ばしていたのは確かです。

 

14.ロシアのテレビ番組が2局で同じだった      (以下2017年11月記載)

何年も前ですがロシアのテレビ番組で別の放送局が同じ趣向の番組を放送したことがありま

す。俳優や歌手など有名人が男女ペアでスケート演技をして審査員が得点評価するもので放

送開始した時期もほとんど同じ。第一放送局とロシア放送局という2大放送局でぶつかりま

した。

最初面白い趣向だと思って別の放送局を見たら、あれ!同じのをやってる!両局の話し合い

で趣旨や内容を異ならせるという説明になったと思いましたがほとんど同じでした。

 

15.中国海苔は袋の表示より少ない

中国スーパーのゴインやバザールで中国製海苔を売っています。袋には全型10枚入りと書

いてありますが実は7枚しか入っていません。ゴインの売り場責任者に違っていると言った

らその人も承知していました。販売元かどこかに文句を言ったらしいですが改善されないま

まだそうです。

数の違いに気が付いて何年も経ちますがまだそのまま。製造会社は変更する方法を知らない

かできないのでしょう。

 

17.キルギスの地震震度は

キルギスでも地震があり西のオシュ地方ではよく被害のニュースがあります。地震の程度を

表す震度がどの位なのかよくわかりません。ニュースで言う単位は「バール」で9や10ま

たはそれ以上の数字を言います。日本の震度は地震の規模ではないので換算はできませんが

マグニチュードとの関係はどうなっているのか調べてみたいです。

18.今時手書きか

大学の雇用契約の申請書は手書きです。宛名から申請文書まで全部手書き。このコンピュー

ターの時代に手書きとは・・日本ではサインをするだけだと文句を言ってもこういう制度だ

からと聞いてくれません。2枚書いたら手と神経が疲れて汗をかきました。それとボールペ

ンは青色で書け、黒はだめと言います。コピーした時見えにくくなると言ってもだめでした。

 

19.キルギス初の歩道橋

何か月か前、アラミジンバザールとマディーナバザールに歩道橋を造り始めました。アラミ

ジンバザールの方はもう利用できています。何とエレベーター付きですがエレベーターはま

だ使えないようです。キルギスで初めての歩道橋は日本のODAなのでしょうか。歩道橋は

日本にしかないでしょうから。

 

20.国旗掲揚台に兵士がいない

アラトー広場の国旗掲揚台には昼間二人の兵士が立っていました。2代目バキエフ大統領の

クーデター後間もなく(2005年辺り)に始まりました。すぐ後ろの博物館に詰め所があ

ってそこから兵士が交代で出てきます。何か月か前に気が付いたのですが今は兵士が立って

いません。博物館周辺を工事するためでもないようだしもう止めたのか?

 

21.狂犬病に注意

今年8月初め知り合いの飼い犬に足を噛まれ皮膚が何センチか切れました。野良犬ではない

ので狂犬病はないかもしれないですが危険なのでマナス・トクトグラ通りにある病院に行き

ワクチンを打ちました。皮膚の縫合手術をしてほしいと伝えたら犬に噛まれた時は縫わない

と言われ疑問に思いながらも承知しました。狂犬病の菌は酸素に弱いので縫合しないのが正

しいと後で知りました。

1カ月ほど同じ病院に包帯を交換に通いましたがどうも処置が不安になり病院を替えました。

次の病院で医者は犬の菌が体に入っているかもしれないからすぐ点滴をしろとの指示。前の

病院では簡単な消毒をしていただけでした。抗生物質を5日間点滴してから傷の治療に入り

ました。病院を替えて良かったです。前の病院では診療科が違っていて擦り傷などの所だっ

た。ここは違うと医者は何も言わなかったですが。9月下旬にやっと病院通いが終了。しか

しまだ傷跡が残っています。

犬は好きなので噛まれるなど生まれて初めて、噛まれて痛いよりどうして?とびっくりしま

した。病院の点滴も初めてで貧血症状にも初めてなり初めての経験が多い出来事でした。

 

22.預託金(デポジット)はキルギスでは無理

納豆、豆腐の集金では何年か前から預託金でいくらか頂いています。最初はその都度払いで

したが会えない場合が続いたりしたのでこの方法にしました。これをキルギス人のお客さん

に説明してもどうも受入れてもらえません。注文終了の場合は清算するといってもだめ。

キルギスで先に金を払えば何があってもいろいろ理由をつけられて戻ってこないのが普通な

ので無理もありませんが。

私の経験では長距離タクシーで先に言われた料金を払ったら目的地のだいぶ手前で降ろされ

タクシーが帰ってしまったことがあります。私もキルギス人相手に先に払うことはしません

が日本人相手には大丈夫と思いますがね・・・キルギス人の皆さん。

 

23.キルギス大統領考

今日11月24日はジェーンベコフ新大統領の就任式でテレビ放送していました。独立後第

5代目の大統領になります。ソ連崩壊後にソ連の構成国は共産党第一書記が横滑りで大統領

に就任しています。しかしキルギスは第一書記ではなく別の人物を選びました。その理由は

第一書記が高齢であったため就任できなかったからと聞いています。

初代大統領のアカーエフは化学者で当時科学アカデミー総裁、有力な部族の出身であったこ

ともあり選ばれたわけです。しかし政治的には無能で政策はなく親族などを仕事しなくても

給料だけを得る国や地方の職に就けただけでした。

これを見て俺も儲けようとクーデター(2005年3月)で大統領を追放し2代目大統領に

就いたのがバキーエフでした。政策で工場などを創設させるといって経済が上向いてきたの

は確かです。しかし私腹を肥やす方が忙しかったようで現大統領アタンバエフのクーデター(2010年4月)で追放されました。

追放劇の最中、バキーエフの息子?は国庫から3億ドルを横領して国際手配され現在イギリ

スで公判中です。クーデターではアカーエフ側がいきなり発砲し500名以上の死傷者を出

し、配達で近くを通った私も撃たれていたかもしれなかったと以前書きました。

クーデター後、暫定で1年半ほど女性のローザ大統領(第3代)が就任し、その後の選挙で

4代目大統領にアタンバエフが就任しました(2011年)。今年10月の選挙は平穏の内

に行われジェーンベコフが選ばれました。対立候補のババーノフが選ばれなくて良かった。

彼は実業家で国家を食い物にするバキーエフの系統と思います。

テレビで見ると今日の就任式は迎賓館であったようです。

 

24.バザール経済

ビシケクから西へ車で30~40分の所に車の大規模販売所(バザール)があり今はアザマ

ットという名称です。車を売りたい人は入場料を払い車を持ち込み、買いたい人と直接交渉

します。個人で自分の車だけを売る人、輸入した車を商売で売る人などがいます。その都度

持ち込んでもいいし長期で同じ場所に置くこともできます。ただし保管警備料を払わないと

いけません。

バザールがある場所はソ連時代農場で、独立当時共産党青年組織の代表だった人が譲り受け

バザールを始めたようです。その名称が変わったのは最初の所有者が銃で殺され所有者が交

代したからです。新しい所有者は先の大統領選に立候補したババーノフだと聞きましたがど

うなんでしょうか。

ビシケクの北にあるドルドイバザールも大規模バザールで年々広がっています。ビシケク市

内にデパートを建て、サッカーチームを創りオーナーは幅広く活動しています。キルギスマ

フィアに殺されないよう対策していることでしょう。

 

25.子供の通学

キルギスでは生徒の通学に毎日家族や親せきが送り迎えします。どうしてでしょう?日本に

いるとわからないですが誘拐がよくあるからです。世界的には誘拐があるのは普通で日本ほ

ど安全な国はないのです。誘拐されて外国に臓器を売られると言う話を聞いたりしますが怖

いですね。

(第2部そのⅢに続く)

カルチャーショック 第 2部 3

キルギスのカルチャーショック第2部 3

(2017年12月~2018年1月)

10月に再開したらいろいろ出てきました。何かをしている時頭に浮かんでくるのでメモで きなくて忘れることが度々です。なお項目の番号は便宜的なもので話の順番ではありません。最後から読んでも問題なし。

1.豆腐、納豆を再開

2015年5月に豆腐納豆を休業しロシアに行く予定でした。これは中止したものの納豆な

ど再開は考えませんでした。もう作る体力気力がなかったからです。今年4月お客様にイベ

ントでお会いしたらやはり納豆がほしいという希望が。しかし作る気力が出てきません。し

ばらくしてやっと試作でき5月からわずかながら配達を始めています。

 

2.知らないと言ってはいけないのか。

学生などキルギス人に何々について知っているか、と聞くと一応答えが返ってきます。しか

しとんでもない、どう見ても違うだろうという答えもあります。大学の授業で欠席の学生に

ついて聞くと「病気です」とすぐ答えます。しかし病気の学生が息を切って入ってくること

はよくあります。

知らないと言えばいいのに何か答えないといけないのか。これがソ連時代の教育なのかキル

ギスの習慣なのかわかりません。相手の答えを信じる、信じないは自己責任。どうもおかし

いと思ったら別の人に聞くことです。

 

3.キルギス人は頼むときだけ

学校のイベントや自分の用事で手伝ってくれと言われ何回か打ち合わせします。しかし後は

何の連絡も来なくなります。予定はどうなったのか、もう終わったのかなど考えますが後で

聞くと予定が変わってやらなくなったと。それなら連絡しろと言っても意味が伝わらない、

手伝う必要がないのにどうして連絡するのかというわけです。必要があると何が何でも連絡

してくるのに。

このことは何人かのキルギス人で経験したことなので大半のキルギス人はそうだと思います。

キルギス人に頼まれた時は眉唾で聞いて必要ならまた言ってくるさと、真面目に準備しない

ほうが賢明です。とにかく、あちこちに声を掛けまくりますから。

 

4.オリジナル製品だって?

豆腐を毎日作っていた頃よくミキサーが壊れ何台も買い換えました。あるときバザールでオ

リジナル、と書いてある店があり値段を聞くと7,8割高い。どうして高いのか聞くとオリ

ジナルだからと言います。えー!他で売っているのは偽物なのか?長く使えればいと試しに

買ってみたら何か調子がいい。

その店で何回か買いどこから仕入れているのか聞いてみました。会社の工場ではないが信頼

できる工房で作っているとか。安く売っている製品は家内工業の製品でしょうか。

 

5.両替した金が足りない

これは気を付けた方がいい事項です。オシュバザールに私設両替所が並んでいる一角があり

ます。銀行よりレートが良いので利用してみました。なぜか高額紙幣ではなく細かい札で寄

越します。数える計数機はないかと聞くとないという返事。仕方ないので何十枚も数えて疲

れましたが1枚足りない。もう一回数えても足りない。店の人に数えてもらったらやはり足

りないので追加してもらいました。

別の日に別の店で両替した時もやはり1枚足りないのでこの一角の全部の店は誤魔化してい

るのです。表示レートが高くても受け取るのは少額です。近くに銀行があるのでそちらを利

用しましょう。

 

6.ウオッカを飲め飲め

ソ連時代にロシア人が移植してくる前、キルギスのアルコールは小麦粉を発酵させた「ボゾ

ー」という度数が低い物でした。それがウオッカになりロシア式に小グラスで何回も乾杯す

る様式に変わりました。キルギス人はウオッカにすっかりなじんでしまい、飲め飲めの強要

が浸透しています。そのためアル中も多く仕事せず飲んだくれ入院する男は後を絶ちません。

離婚の原因にもなります。

 

7.運転免許は買え、卒業も買え

来たばかりの頃聞いた話ですが車の免許は自動車学校か教官に金を払えば練習しなくてもく

れるというのです。自動車学校は校内での練習場はなく教官との路上練習なので教官に払う

のでしょう。免許を持っているのか?と思うような運転をする車を見かけますが金で買った

人かも。

それと学校や大学で勉強しなくて成績がひどくても金を払えば卒業できます。金で買った卒

業生が多くなってキルギスはどうなるのか。通常授業でも成績を盾に金を要求する教師が多

いとか。教師はある意味特権階級ですから親はしぶしぶ払います。

すっかりキルギス化した日本人が学生に金を要求する事態にならないことを願っています。

 

8.電信柱の下を歩かない

市内の電柱は細いので斜めに支えがあります。電柱と支えは三角形を作りますがこの間を歩

いてはいけないと聞きました。いわゆる迷信か何かで歩くとどうなるかは知りません。

町で観察すると皆通っていて私も知らずに。ある地方だけの迷信かもしれません。

 

9.やはりキルギス人は気まぐれ

今のアパートに越すとき前払い金と予定より1週間早い引っ越しを要求されました。なぜか

と言えば、以前借りると言った何人ものキルギス人は来なかったからだそうです。引っ越し

まで2週間も待っていて来なかったら困る。その間に別の借家人を探せるのにというわけで

す。私は日本人だから借りると言ったら必ず来る、と言っても納得しません。それで家賃の

前払いと少し早い引っ越しをしました。

それと最近、前日のタクシー予約はできないと知りました。朝早く出かける用事があったの

で前日予約を知り合いに頼んだらできなかったのです。前日予約してもキルギス人はいない、

というのが理由。口では必ずいると言ってもどこかに行ってしまう、これは私も知っている

ので納得しました。日本人なら必ず待っているのにキルギス人は1日先の予定もないのです。

 

10.ベータ・ストアで社員の贈り物が盛ん

ビシケクにあるベータ・ストアーのことでだいぶ前に聞いた話です。トルコ人社員は気に入

ったキルギスの女性従業員に贈り物攻勢をして自分との男女関係を迫るそうです。願い通り

になる人もいるし贈り物が嫌で辞める人も多いとか。この贈り物攻勢はまだ続いているの

でしょうか。トルコ人は手が早いから。

キルギス人でも金持ちはやはり贈り物攻勢をして自分の第2婦人になどと口説きます。第3

婦人(第4婦人か?)まで認められているのであちこちで行われていることでしょう。

 

11.カザフ人は親切

一人で2回ほどカザフのアルマータに行きました。カザフ国境で教えてもらった宿をアル

マータのバスターミナルで聞きました。聞いた相手はタクシー運転手と思ったら待っている

人でタクシーは高いからと走っている車を止めてくれました。

それと次の朝バス停で女性に道を聞いたらなぜかバス代をくれました。日本人だと言ったか

らかどうかわかりませんが。

次に前回の宿に行ったら閉まっていたので近くのホテルに寄ったら高い。安い宿を聞いたら

探してタクシーも手配してくれました。そんなことでアルマータは気に入っています。

カザフ人は日本人並みに親切です。

 

12.テレビニュースに映りました

1回目は、街路樹に人形など打ち付けてあって面白いなとカメラで写していたらちょうど近

くにいたテレビカメラに映されました。2回目は、芸能人がサーカス演技に挑戦するという

ロシアのパクリ番組の撮影があって知り合いと見に行った時観客席にいた姿を映されました。

もう1回あったのですが忘れました。

どれも自分では気が付かず人から教えられました。テレビカメラで見るとこんなところに外

国人がいたというのがわかるのでしょう。

 

13.明けまして・・・ありがとう

キルギス人やロシア人に新年のあいさつをすると「ありがとう」という返事が返ってきます。

新年の挨拶も「誕生日おめでとう・・ありがとう」と同じ受取り方ですね。そうすると日本

語で言わないほうがおかしいのか。新年以外のおめでとうは「ありがとう」で返しますから。

もっとも誕生日などは個人の祝い事、新年は暗く寒い冬が終わり、春が近づくみんなの祝い。

「明ける」は「開ける」、暗い季節が明るく開けていくみんなの祝いだから「ありがとう」

は言わないのでしょう。

14.カザフの店が続々

最近アルマータに行く機会があり、町を歩くとあれ?ビシケクにある店だと言うのが目につ

きました。電化製品の「テクノドーム」「プラネータ」「スルパック」、スーパーの「アル

ザン」「アルマ」、カフェの「ナバット」などです。みんなカザフの店だったのか。

 

15.車のナンバープレートが変更に

2年ほど前から新しく登録した車のナンバープレートが形式変更してロシア式?になってい

ます。以前は最初にアルファベットでビシケクや州の頭文字、ビシケクはB,チュイ州はS,

イシククリ州はIなどがあり次に4桁数字でまたアルファベットでした。

今度は左が2段書きで上に01.02などの分類番号で下にKG、右は3桁数字と3個のア

ルファベットが書いてあります。

ビシケクの車は私が知っている時期からは10倍以上に増えました。以前は交通量が少ない

ので渋滞などなかったですから。

 

16.2年前マナス空港で貨物機事故が

事故では香港発ヨーロッパ方面行のトルコ国空貨物機が着陸時に滑走路を大幅に越してしま

い周辺民家に突っ込み多くの家族で犠牲者が出ました。貨物機は燃料が足りないことに気づ

き中央アジアの空港に臨時着陸の許可を求めましたが他の空港で断られマナス空港へ着陸。

それが大事故になってしまったのです。

しかし燃料が足りなくなったと聞いても理解できません。出発に際し燃料を確認するなどは

基本的なことです。予定外の航路を通った訳でもないしどうしてでしょう。

昨日(1月14日)テレビで追悼モニュメントの除幕式を放送していたので書きました。

17.100円ショップは便利

キルギスでは50ソムショップ、日本でいえば100円ショップ、関西では100均ですか。

各バザールに店があり生活用品が結構揃うので利用しています。特別な商品は100ソム、

300ソムなどで売っています。

この商品はどうやって来るのか。まさか密輸品では。キルギスへの輸入品は陸路大型トラッ

クで運ぶので運転手の余禄用に税金を払わない商品が混ざっています。バザールで「即売」

と書いて売っているのはこの商品です。さて50ソムショップはどうでしょうか。

 

18.隠れたバザール

ビシケク市内にある大きなバザールはオシュバザール、アラミジンバザール、オルトサイバ

ザールの三つですがオシュバザールに隣接して小さなバザールがあります。名称はベレケッ

トバザールでオシュバザールの西側道路とアラミジン川との角にあります。

目立たないのでビシケクに長くいる人でも知らない人が多いでしょう。中に入ると通路は迷

路で縦横斜めに交差しているため少し歩くとさっきの店に戻れない。最初の頃は出口もわか

らなくなりうろうろしました。ここで電化製品はないものの生活用品はオシュバザールより

安いです。

カルチャーショック第2部 4 に続く

カルチャーショック 第 2部 4

キルギスのカルチャーショック第2部  4       2018年1月~2月

新年になっても引き続き書いています。日本人会の皆様に読んでいただき恐縮しています。

このシリーズがよく続いていると自分でも感心します。何回かの中断を再開させてくれた

学生や豆腐のお客様などに感謝を。今回は日本人会藤嶋さんの言葉がきっかけです。

 

1.兵役

キルギスは徴兵制度があり18歳から28歳までの間に2年半くらい軍隊に入って訓練しま

す。この入隊がすこぶる評判が悪い。いじめや暴力で精神や体が損傷を受けまともな生活が

できなくなったという例が新聞に出ます。

2年半の入隊期間を短縮する制度があって大学(民族大など。人文大は不可)在学中に銃の

操作や教科などの学習をすれば1カ月くらいに短縮できます。

 

2.お客で行ったら注意

キルギス人の家に招待された時の注意事項です。キルギスは親日なのでお客で日本人が来る

となれば大歓迎となり、何日か前から料理など色々準備することでしょう。出てくる料理の

量が半端なく多いので最初に食べてしまうと後で大変なことになります。もう終わりだろう

と思っても次々出て、中休みをしてまた食べることになるからです。ベッシ・バルマックと

いう麺と羊肉の混ぜ物が出たらようやく最終です。

小皿で自分に出された料理を全部食べるとまた追加されるので少し残して置く方がいいです。

皿が空くとまだほしいと解釈するのでこれは日本とは違う習慣ですね。

食事の合間にウオッカで乾杯が延々続くのも困りもの。親戚が顔を出せばその度に乾杯なの

で何杯も飲むことに。あまり飲まず小グラスに残すと注意されます。これも困ったものです。

 

3.銀行のキャッシュカード

銀行のドル口座は持っていたもののカードを作ったのは2年前。以前はカードの引出し手数

料が1%、窓口引き出しなら0.7%だったので作るのは止めました。しばらくしてカード

引出し手数料を聞いたら0.7%に下がっていたので、じゃあ、と作ることにしました。

申請して1週間後に銀行で受け取ってキャッシュコーナーに行こうとしたら引き出しできな

いと窓口の女性が言います。できない?どうして?ドル口座に残高はあるのに、と疑問符が

頭の上に点滅しました。

理由はカードに残高がないからと言います。えー!カードに?と今度は感嘆符も点滅。結

局ドル口座からカード口座に現金を振り込む手続きをしました。日本でこんな手続きはしな

いと文句を言いましたが仕方ないです。日本でも他の国でも現地通貨で引き出せるカードと

の説明でしたが行ってみないとわかりません。

 

4.個人高利貸もいます

日本でも終戦後すぐは個人高利貸がいて当然利息は高い。緊急に現金がほしいと「といち」

十日で一割、という言葉もありました(話が古いですね)。今キルギスでは事務所を持って

いない全くの個人高利貸がいます。いくらの利率で貸しているのか知りません。銀行の貸

付利率は一時期より下がって年率15%くらい、それより高いのはもちろんですね。

 

5.キルギス通貨の変遷

1)キルギス通貨

旧ソ連時代ルーブルでしたが独立後はソムになりました。独立前に発行されたソ連ルーブ

ルはバザールやガレージセールで1枚5ソムか10ソムで売られていて私も買いました。今

やただの紙で記念に買うだけですが社会変化によるこんな経験をしたことがないので当時の

様子を思い起こしてしまいます。

2)トゥイイン

ソムの下の単位で補助通貨のトゥイイン紙幣(1、3、5、10、50トゥイイン)は私

が来てしばらくありましたが使われないのでいつの間にか姿を消しました。ところが2,3

年前、銀行で両替したら小さなコインをくれました。これは何だと聞いたらトゥイインだと

言います。コインで復活したんだと驚きました。郵便本局で料金を払ったときもお釣りでく

れましたがその後見ません。

3)硬貨

現在1、3、5、10ソムは硬貨ですが10年くらい前は紙幣でした。3年くらいで紙幣

は硬貨に代わってしまい重くなりました。紙幣の方が良かったのに。まだ当時の紙幣を何枚

か持っています。

 

6.キルギス式紅茶の入れ方、飲み方

キルギス式というか中央アジア式の入れ方は紅茶の葉を多くお湯を少なく入れ濃く出します。

それをカップに注ぎお湯を足して薄めて飲みます。中央アジア式は茶葉を残して最後まで出

すためでしょうか。

砂糖をたくさん入れるのは前にも書きましたが砂糖をスプーンでカップに入れてかき混ぜて

スプーンをまた容器に戻すのにも驚きます。スプーンが湿っているので砂糖はだんだん固ま

り容器にくっついていきます。1本のスプーンで済まそうとするからでしょう。スプーンは

別にした方が良いと言うのですが直りません。

 

7.バザールの符丁

バザールで1000ソム単位の値段を言う時の言い方です。例えば3500ソムは「3」と

言って次に「500」と言い「1000」を言わないのです。「3」、「500」で最初は

何かわからなかったので聞き返したら正しく言い直してくれました。

ロシア語の「1000」は長くて面倒なのでこうなったのでしょう。ドルドイなどどこのバ

ザールでも使っているのでロシアでもそうだと思います。

 

8.キルギス人はお節介

お節介というか詮索好きとでもいうのか、さっき初めて会ったばかりなのに結婚してるのか、

子供がどうの、給料はいくらだなどと聞いてきます。あんたはどこの調査員かと言いたくな

りますが何千年も遊牧生活をしていてたまに来る見知らぬ人や旅人にはこんな聞き方をして

いたのかと想像します。

タクシーに乗ってこの調子で質問されるともうここで降りると言いたくなります。相手は嘘

でも何でも聞けば満足するわけだから気にすることはないんですが。

 

9.今冬は何十年振りかの寒波 集中暖房の弊害も

今冬は寒波で昼間でもマイナス20度とか18度が続きました。こんなに寒い冬は知らない

ので何十年振りかの寒波です。こういう時に市内に熱水を供給している熱センター(通称

テツ)でトラブルがあり市内全域が凍えました。最初自分のアパートだけかと思いこんなに

寒いアパートなら引っ越しだと考えていたら別のアパートもそうだとわかりました。

「テツ」は市内に1か所だけなのでトラブルがあると影響は甚大です。通常でも「テツ」から

遠くなったり配管の関係で熱水の温度が違います。特に暖房はアパートによっても階によっ

ても随分違い、半袖でも暑いアパートから上着を着ても寒い所まで出てきます。

電気の中継所のように中間に小規模の「テツ」を造ることが必要と思います。

 

10.ミニバス  その1

市内を走るミニバス(マイクロバス)は市民の足で欠かせないものです。前にも書きまし

たが日本にはないこの制度にはいろいろ特徴と問題点があります。

例えば

1.ワンマンカーなので運賃は乗った時に払うか座ってから近くの人に運転手まで手渡し

してもらう。お釣りは逆経路で。

2.乗客が少ないと同じ路線の別バスに乗り換えとなる。

3.運転手は運行中にたばこを吸う、飲み物など買う、ガソリンを入れる、携帯で話す

などです。

通常は決められた路線を運行しますが時々利用者のいない場所に行かないことがあります。

乗客に~へ行く人はいるかと聞いていなければ曲がらずまっすぐ行くとか。これは運転手の

都合です。

運転中にたばこを吸うのは止めてもらいたいです。仕事や家庭の室内で吸わない良い習慣が

あるのに公共の場でバス運転手が吸うのは理解できません。労働者の権利でこうなったのか。

 

11.ミニバス  その2 どこでも停まる

ミニバスは停留所だけではなくどこでも停まり乗客を乗り降りさせます。大通り交差点角で

も停まるので続いてきてミニバスが進めなくなりクラクションが絶えません。私も停めます

が交差点ではなく少し入った交通妨害にならない場所を選びます。村ならともかく町で停め

る利用者がなくならない限り問題は続きます。

 

12.ミニバス その3 「モージナ」と言って乗る。

もう何年も前ですが小学生たちが乗る時に「モージナ?(いいですか?)」と言っていた時

期がありました。最初何を意味しているか不明でしたがどうも無料で乗せてくれと言ってい

るようです。乗せる運転手もいましたが大概は断られていました。子供たちの遊びで始まっ

たのでしょか。やがてこういう生徒はいなくなりました。

 

13.ミニバス その4 バスのボディーを叩く。

乗りたいミニバスが目の前で発車しようとした時バスのボディーをトントン叩き待ってもら

います。いつの間にか私も叩くようになりました。慣れは怖い。

 

14. ビザの問題

ビザの更新では毎年頭を痛めます。期限の何か月も前に申請してもキルギス側の書類作成が

いつも遅れるからです。しかも罰金を払えとかカザフに行って短期ビザ取れとか自分たちの

責任を取りません。罰金は以前500ソム、600ソムだったのが今は一万ソム。不法滞在

の外国人が多いので増額したのでしょうが毎年更新しているのに不法滞在者と一緒に扱わな

いでもらいたいです。

さらに日本とのビザ手数料無料の相互協定があるのにキルギス側だけ勝手に手数料を取って

いる。3年ほど前でしょうか手数料がかかると聞いたとき信じませんでした。協定があるの

になぜと思い払わないでいたら期限切れで罰金を払う結果になり精神が落ち込みました。旧

ソ連という体制を引き継ぐキルギスはまともな神経では理解できません。政府ODAは中止

にしたらどうでしょう。

15.同僚は仕事の補完はしない旧ソ連式

大学でビザ手続きをやってもらっていますが担当者は一人で隣にいる同僚は仕事が別なので

しょう全く手伝いません。これは他の大学にいた時も同様で全く独立して担当します。労働

者のための国を、と立ち上げた旧ソ連でしたが労働者はそれぞれ別個にそれぞれ自分勝手に

利用者を無視して働くようになったのです。改善されるのは何百年か先でしょう。

 

16.日本酒はゴミになって着いた

昨年暮れに日本から航空便で日本酒を送ってもらいました。郵便本局に着いたと喜んだのも

一瞬、受取ったのは粉々になったガラス瓶と梱包材でした。酒はモスクワ郵便局の床が飲ん

でしまったのでしょう。今回は割れ物扱いとはいえビニールシート包装だったのですが他の

国に送ったのは無事着いたそうなのでモスクワでの扱いが荒いのです。発泡スチロールに入

れて送るしかないのです。

 

17.新紙幣登場

先日(2月9日)ドルを両替したら見慣れない紙幣がありました。なんと新紙幣の2000

ソム札で人物ではなくマナス像が印刷されています。こんな単純な絵でいいのかと思いまし

たが移動テント(ボズイ)のカラー絵柄が付いているのでこれが秘密かも。

 

キルギスのカルチャーショック第2部 その5 に続く

カルチャーショック 第 2部 5

キルギスのカルチャーショック第2部 5          2018年2月

第2部も頑張ってシリーズが増えてきました。

今年の冬は何十年振りかの寒さでした。暖かくなったとはいえまだ雪は降ります。ご用心。

 

1.灰色の町がカラフルに

今のビシケクやオシュの町を見ているとわかりませんが私が来た頃町は灰色にくすんでいま

した。走っている車はソ連製とアウディなどドイツ製、ニッサンなどの中古日本車でした。

夜になると町は真っ暗で歩道を歩くのも大変。道が崩れたりマンホールの蓋がなかったりす

るので下を向いて歩きました。2005年のクーデター辺りから町は少しずつ明かりと色が

増えました。しかしドギツイ色もありますね。

 

2.市役所の方から来た詐欺師

知り合いのキルギス人の話です。市内の電信柱やバス停などに求人、仕事斡旋などの紙を糊

で貼ってあり、バス停の広告が見えなくなるほど多いですがその関係の詐欺事件。

知り合いが開催する講座の貼り紙を読んで市役所の方から来たと言う2人連れが来ました。

市役所で貼り紙を失くす活動をしているので新聞、テレビで知らせるから費用を出してくれ

と言ったそうです。2人の事務所に電話したら人がいたので金を渡したと。聞いたら結構な

金額でした。しかし新聞にもテレビにも宣伝が流れることはなかったとか。

市役所でそんな活動をするのかがまず問題だし確認は事務所ではなく市役所に電話しなけれ

ばだめなのに。だんだんこの手の詐欺が増えてくるのでしょうね。日本でも市役所の方から

来たと言って消火器を売りつける商売がありました。

 

3.キルギスの医者は算術家

キルギスの医者は金儲けのため患者を食い物にする俗物と化しています。給料が安いので患

者から取るしかないのです。

病院に入院したら患者の家族は食事の用意をし交代で24時間付き添いますが担当の医者や

看護婦に付け届けの金を渡さないと碌に診てくれません。

外科関係の医者はやたら手術をしろと迫ります。手術をすれば自分に金が入るからで病気が

改善されるからではないのです。

産婦人科では出産後3日で次の産婦を入れるため病院を追い出されます。もちろん次の産婦

から金を取るためです。さらに切開手術をやたら勧めます。9か月を過ぎたらもう出産が遅

いとかいい加減な理由をつけて。一度手術すると次の時もしないといけないので一粒で二

度おいしいことになります。

4.ビシケク・イシククリ汽車の旅

ビシケクからイシククリ湖のバルクチまで汽車が出ています。単線でディーゼル車、時間が

かかる、空調がないので夏は暑い、というのでまだ乗ったことがないです。とにかく一度乗

ってみようと駅で聞いたら冬は運行がなく5月からで1日1往復、料金は片道40ソムとか。

実はこの鉄道敷設には日本人が大きく関係しています。終戦後抑留者としてソ連各地に配属

された日本兵がキルギスにも来て建設に関わったのです。

終戦後、戦勝国の日本分割統治を主張するロシアに日本兵の労働力を提供するという密約を

示しました。戦争で数千万の若年労働者を失っていたロシアはこの密約を受け入れ日本兵の

抑留が行われました。

キルギスへの抑留者は鉄道だけではなくイシククリ湖東南のタムガ保養所建設と近くの製材

工場作業、ビシケクのオペラバレー劇場などにも関わっています。

鉄道敷設中に亡くなった方も多いでしょう。線路脇の土地にある土盛は名も知れず亡くなっ

た方の墓かもしれません。鉄道線路を見たらそんな思いを馳せてほしいです。

 

5.キルギス大統領考

ビシケクでスカーフをかぶった女性のイスラム風俗が見られます。今は結構増えましたが2

005年の第1回クーデター前は全然見ませんでした。 クーデターを起こし第2代大統領に

就いたのは西のオシュ州出身の議員だったのでクーデターに参加した人たちがビシケクに住

み始めた結果でしょう。オシュ州はウズベクに国境を接する地区でイスラムの戒律がビシケ

クより厳しいです。家でパーティーなどがある時も女性は男性と同席を許されないのです。

イスラム教は女性蔑視の宗教ですね。

 

6.小学生もピアス、マニキュア

私が顔を出している学校では女生徒たちは皆ピアス、マニキュアをしています。赤ちゃんで

ピアスをしているのを見たことがありますからしないといけないのかも。昔教えていた小学

生はマスカラもしてました。学校では禁止になってるでしょうけど監視が緩やかだから放任

状態です。日本だったら学校がパニックになります。

 

7.ドルの交換レートが違っていた

ずっと前は50ドル以上とそれより下の少額ドル札で交換レートが15%以上違っていまし

た。今どうなのか知りません。1998年には日本から持ってきたトラベラーズチェック

(小切手式引出し)が一般の銀行ではできなくて焦りました。チュイ通りの国立銀行に行き

やっと交換できました。

 

8.キルギス人は偏食家

キルギス人の食事品目が5つしかないのは前に書きました。当然食材も決まったものだけ。

野菜はジャガイモ、ニンジン後はキュウリ、トマトくらい。キャベツもキノコ類も食べま

せん。調味料は塩だけでコショウも使わない。もちろんしょう油、ごま油など見たこともな

いです。

キルギスの料理番組を見ると野菜を切って皿に盛り、茹でたジャガイモか焼いたソーセージ

を添える程度で何も参考になりません。

 

9.テレビで啓蒙しても

何年も前、国際機関の関係でしょうかテレビで啓蒙宣伝を流していました。2パターンあっ

て、警察官が交通違反車を捕まえたが賄賂を受け取り見逃した。その車で自分の子供が事故

に遭い死んでしまう、というのが一つ。もう一つは医科大学で賄賂を払って卒業した外科医

がミスで患者を死なせてしまう、というものでした。

しかしこれを見て考えを変えるキルギス人はいませんね。自分の子供が死んだにしても賄賂

の受取を止めようとは考えない。患者を死なせてもなんとも思わない、自分の責任ではない

と言い張ります。責任感がない、追及されれば逃げるのがキルギス人の特徴です。

キルギス人は日本人は兄弟だと言いますが兄弟にしても異母兄弟、生活環境が違うし性格な

どは全く別でしょう。

 

10.最初のカルチャーショック

キルギス最初のショックは警察官に賄賂を要求されたことだと第1部に書きました。

パスポートを大学に預けたままモス・ソビエト通りを歩いていたら呼び止められパスポート

がないと言ったら詰め所に連行。見逃してやるからと賄賂を要求されました。持っていない

のは私の落ち度、外国だと言う意識が希薄だったことは確かですが。

今でも外国人から小遣いを稼ごうと狙っていますから来たばかりの方、要注意です。日本と

は違いますから。

 

11.昔、床屋で

昔アパート近くにある床屋に行ったときのこと。髪を切りながら女性理容師が仲間とキルギ

ス語で話していました。何となく聞いていると、自分の親戚かどこかに行った後そこにいた

青年が私の名前などいろいろを聞いていたらしいわ、という内容でした。思わず笑ってしま

ったら、え!わかるの?と言うので少しわかるよと。あなたは良い娘だから青年は気になっ

てしまったんだと言っときました。

 

12.祝日が2日増えた

今日2月23日はロシア革命の赤軍結成日、祖国防衛の日で祝日です。私が来た時この日は

祝日ではなく「男の日」と呼ばれていて女性から男性にお祝いのカードなどを送る行事でし

た。祝日になったのは2010年第2回目クーデターの後だと思います。それと11月7日

の10月革命記念日は2005年第1回クーデターの後から始まったはずです。

他に第1回クーデターの後は夏時間を廃止、通年同じ時間帯にしました。ロシアはまだ夏時

間を採用しているので時差は3月から10月は2時間、後は3時間になります。

夏時間は日本にないので腕時計を始め持っている時計の時刻を変えるのは一苦労でした。夏

時間になった次の日待ち合わせ時刻を間違えたこともあります。

 

13.日本語話者

キルギスは親日国なので私が来た時から日本語学習者は多かったです。日本語クラスがある

ビシケクの高等教育機関は5大学と日本センター、中等教育も何校かありオシュやナリンに

も高等教育機関があります。

不思議なもので学習者の性格により使う日本語の違いが出てきます。攻撃的な性格はなぜか

攻撃的な言葉や話し方になります。本人は普通に話しているつもりでしょうが知っている教

師は攻撃的な話し方で聞いていてムカムカします。他の教師の日本語はそうではないのでや

はり性格でしょう。これは注意しても直りません。さて、私が話すキルギス語は攻撃的?

 

14.重曹を見つけた

来たばかりの頃、気分転換に手打ちうどん、ラーメンなど作りました。うどんはできたもの

のラーメンの麺はブツブツに切れ食べられませんでした。以前「かん水」が嫌なので使わず

卵だけで仕込んだのが失敗した原因と最近わかりました。重曹(重炭酸ソーダ)かベーキン

グパウダーでもできるとか。この材料で作った手打ち麺はしこしこで美味しかったです。

昔、重曹を探して「ソーダ」と書いてあるのを見ましたがどう見ても台所洗浄用にしか思え

ない箱デザインだったのでパス。今回これが食用重曹だと判明。20年近く洗剤と思い込ん

でいたわけで20年前と同じ箱デザインはいい加減変えてほしいです。

 

15.日本語がわからない

これはキルギスの話題ではないですが日本の新しい本やインターネットを見ているとわから

ない日本語が出てきて調べます。外来語を日本語に取り込む日本人の得意技で作られたり社

会現象でできたりしています。

例えば「ハグ(する)」「スルー(する)」、「ツンデレ」「ドキュン((DQN)」「神

対応」など。日本にいればわかるでしょうが私の方は浦島太郎状態。いつの時代もこんな風

に言葉ができているんだと実感しています。昔は何百年もかかって広まっていたのに今は

あっという間です。消えていく言葉もあっという間でしょうけど。

16.キルギス人は自分の意見を言わない

キルギス人に何か相談すると自分で決めてくださいと言います。こちらがわからない、決め

られないから聞いているのに。しかし、相談した内容はなぜか覚えていてこうした方が良か

ったとか後で言います。何人かのキルギス人が同じ対応だったのでもう相談しません。

 

17.日本は特殊な国

インターネットに日本を訪問した外国人が町はきれい、秩序がある、人は親切、礼儀正しい、

ので驚いたと出ています。日本人なら当たり前と思っていることが別世界なのです。私も日

本とキルギスを比べてカルチャーショックでしたが日本は特殊、日本と外国を比べてはいけ

ないと気が付き、前にも書きました。

キルギスでは日本式を忘れないといけません。嘘を言わない、約束を守る、人を騙さない、

など実行している人は少ないですから。

(キルギスのカルチャ―ショック第2部 6 に続く)

カルチャーショック 第 2部 6

キルギスのカルチャーショック 第2部 6        2018年3月

このシリーズは日本にいる知人にキルギスの様子を知らせる視点で書き始めました。最近は 日本人会の方たちにも読んでいただいているので少し書き方が変化したようです。

1.オシュのイチジク

去年の夏オシュ市に行った時バザールで見たことがない物を見つけました。花だと思って聞

いたら果物でそのまま食べればいいと言うので4個か5個100ソムで買いました。食べた

らイチジク、熟していて皮は柔らかく甘く日本のより断然おいしかったです。

 

2.オシュとジャララバードの滝

オシュ州からバトケン州に向かう山中に「アブシル・アタ」という観光地があります。ここ

では岩山の中腹から水が滝になって落ちています。

どうして中腹から水が?多分ですが元々地下水が流れていた水路をそれと交差して流れる川

が何万年もかかって山を削り水路を中断させてしまったのではないかと。現在の川は滝の水

路よりずっと下を流れていますが最初はずっと上を流れていたはずです。削った岩山にたま

たま地下水路があったのでしょう。何万年もかけた自然の創造物です。

オシュ州の北隣にあるジャララバード州のアルスサンボブという所にも滝があります。低く

広がった滝と離れた所に高さ100mはありそうな滝がありここも観光地になっています。

キルギスの伝説にアルスサンボブは世界のクルミの発祥地とあります。アレキサンダー大王

がここからクルミの木を持ち帰って広がったそうです。

アルスサンボブに向かう途中には小石を積んだような小山が並んでいます。これは勝手な推

測ですが氷河が運んだ石ではないでしょうか。氷河期の終わりに山から石を含んだ氷河が移

動してきて溶け運ばれた石が積まれたのでは。

イシククリ湖にもサンタッシ(訳は数える石)という土地に石が積まれた山がありこれに

ついて昔話があります。昔、戦いに行く兵士が石を一つずつ積んで行き、帰って来た時も一

つずつ積んだ。帰って来た兵士の数は少なかったので高さが異なる山になった、というもの

です。ここも氷河が運んだ石でしょうが昔話は情緒があります。

 

3.キルギス(クルグズ)と言う由来

イシククリの昔話を書いてそういえばキルギスの名前の由来を書いてなかったと気が付きま

した。

キルギスというのはロシア語、キルギス語は「クルグズ」ですがその始まりについての伝説

があります。昔、大きな戦争があり多くの人々が死んでしまった。その時40人の若い女性

たちが残りこの女性たちからキルギスが始まったというものです。

伝説にある数字の40はキルギス語で「クルック」、若い女性を「クズ」と言います。これ

を続けて「クルック・クズ」が「クルグズ」になったと言います。どうして40という数字

なのかは民俗学的な考察が必要、とはいえ手元に資料はありません。

 

4.キルギスの昔話

昔話の一部を概略紹介します。地元で聞いたり本で読んだりしたものです。

<どうしてイシククリ湖に水が溜まったか>

昔、イシククリにある金持ちの家で働いていた女性が主人から何か疑いをかけられ悲しんで

家の井戸に身を投げた。そこから水が湧いてきて湖ができた。

別の話では、何かの原因で恋人を失った女性が悲しんで流した涙で湖ができた。涙でできた

から水は塩辛くて暖かい。(イシククリはロシア語、キルギス語はウスク・コルでウスクは

熱い、暖かい、コルは湖という意味です。)

<ナリンとアトバシー>

ナリンはキルギス語でナルン、馬肉を使った料理の名前です。アトバシーは馬の頭という意

味です。

昔遠方から来た旅人がアトバシーで少し休みました。ところが乗って来た馬が逃げ出して

しまい、怒った旅人は馬を捕まえて殺してしまった。それで頭をアトバシーに置いて肉を

ナリンに持って行き食べました。

<オシュという呼び方>

皆さんオシュと言いますがキルギス語は「オシ」です。これは馬や羊を追う時の「オシ」、

「オシ」という掛け声から来たと言います。

 

5.コムスには楽譜がない

キルギスに3弦の民族楽器コムスがあります。日本でいえば三味線ですか、しかしバチでは

なく指先で引きます。他にオズコムスという口琴やクヤークという馬の尻尾の毛を弦にした

2弦楽器もあります。

私はひょんなことからコムスを半年ほど習ったことがあります。土産物店の人にコムスを買

いたいと伝えたらコムスと一緒に教える先生も来たのです。折角だからとその先生が教えて

いる学校に行って生徒と一緒に習いました。

楽譜がないので押さえる弦と場所を先生が示してそれを少しずつ覚えていきます。調弦も大

変です。帰って来てから復習、また行って次を覚えるという繰り返しでした。結局簡単な曲

を2曲練習してギブアップしました。生徒たちはすぐ上手になりましたけど。

 

6.2010年クーデターの痕跡

2010年のクーデターでは大統領府の屋上から複数の狙撃兵が周辺にいる市民を無差別に

撃ちました。クーデター後しばらくは大統領府の鉄柵に銃弾が貫通した穴が残っていました。

いまではもう取り替えたと思いますが大統領府近くに行った時は周りを歩いて探してくださ

い。大口径の銃で撃ったので大きな穴が開いているはずです。

 

7.優秀な占い師が就職か

昔の天気予報はまるで当たらず下駄でも投げているのかと思ったくらいです。暑いと言えば

寒くなる、雨だと言えばいい天気、昨日の天気を言っていたのか。しかし今は専門家が育成

されたのか当たっています。それとも優秀な占い師を雇ったか、などと言うのは失礼ですね。

 

8.ロシア数字、文字がわからない

筆記体のロシア数字が読みにくくて困ります。「1」は頭に小さい丸が付くので「9」と似

ている。「4」は右横線が出ていないし「5」と「6」も紛らわしい。「7」は斜めに線が

入っている。ということで品物に値段が付いている時はいつも聞いて確認します。

それに筆記体の文字はどこで切れているかわからないので読むのに苦労しています。子供の

頃から使っていればわかるのでしょうけど。一方、日本語学習者は漢字の音読み、訓読みで

苦労します。

 

9.お湯は飲まないで

来たばかりの頃学生がアパートの湯は飲まないでくださいと言いました。理由は親が熱セン

ター(テツ)を見学した時お湯がとても汚れていたからだとか。どんな状況だったのか詳し

くはわからなかったです。

麺を茹でる時お湯を使っていましたがそれ以来水から沸かすことにしました。なお他の人も

お湯を飲むなと言っているのかは知りません。

 

10.テレビ放送に休暇がある

テレビのチャンネルを選んでも時々放送していない局があります。これは電波が悪いからで

はなく1か月か2か月に1日夕方くらいまで放送を休んでいるのです。どのような理由から

か知りませんが良い制度だなと思います。日本ではスポンサー収入などいろいろ課題があっ

て無理でしょうけど。1日24時間365日ずっと放送ではなく一斉に休む制度があっても

いいのでは。

 

11.日本にこんな電熱器あったかな

日本で電熱器といえばホットプレートを思い浮かべます。しかしビシケクで売っているのは

別製品でしかもかなり強力。何年か前に工事などでガスの中断が続いた時電熱器を探したら

見つけました。それまでの電熱器はニクロム線を使ったものでとても豆腐などはできません。

ホットプレートは熱源を内蔵したフライパンか鉄板といったものですがこの製品は熱源に鍋

やフライパンを乗せて使います。最初は半信半疑でしたが豆腐も納豆もできました。

何という名称なのかロシア語で「太陽光の」と言っていたようです。メーカーは何社もあっ

て大体1300ソムくらい。私の記憶にはありませんが日本で売っていますか。

 

12.クリームとプロフ

キルギス語もロシア語も「L」「R」の発音があります。私の場合この発音というか聞き取り

ができない。キルギス語を習う時も聞き取りができないので当然発音も間違え大変でした。

結局日本語の「ら」行で生活しています。

通常は変な発音と思われながらも何とかなっていますが「クリーム」「プロフ」はどうも

だめです。注文するといつも聞き返されます。発音を一生懸命練習しなければ・・・。

 

13.梅干し

10年以上も前ですがバザールで野菜のシソを見つけ嬉しくなって梅干を漬けました。シソ

は「ライハン」と言います。梅の仲間の「ウルック」を買って天日干しして漬けました。結

果は形が崩れてしまい失敗。原因はウルックが熟し過ぎていたことです。青いのは売ってい

ませんから。いつか青いウルックを買って漬けてみたいです。

 

14.ロシア大統領選挙

今月(3月)18日にロシア大統領選挙の投票が行われます。現職プーチン大統領は調査で

得票率70%弱、他の候補は1ケタ台から0.何%の予想と大きな差が出ています。このシ

リーズが送信される頃は結果が出ているでしょうが結果は予想できます。

ところで、ロシアの現首相は前大統領でした。えー!という感じですがプーチン大統領は多

選禁止の憲法規定があるため一期首相に退き仲間を大統領に就かせました。そして前回の選

挙で大統領に復帰、仲間の大統領は首相に就いたのです。驚きますね。

プーチン大統領は若いので次の多選禁止規定でも首相に退いて・・となるのでしょうか。こ

れでいいのかと思うのは私がロシア国民ではないから?プーチン大統領は人気がありますか

ら良い政治をすれば多選も許すということなのか。

 

15.バスの席譲り

バスに乗ると相当の爺さんが乗って来たと思うのでしょう、私に席を譲ってくれます。断る

のも悪いから座りますが私はなるべく立っていたい。実は足のトレーニングをしたいのです。

少し膝を曲げバスの振動に合わせ体の態勢を調整します。足が弱ると体全体が弱りますから

トレーニングは必要です。ビシケクの皆さん、私に席を譲らないで。

 

16.調音が違うのでは

オペラバレー劇場にマナスという専属オーケストラがあります。何年か前に聞く機会があっ

た時、弦楽器の音がずれている、調音が間違っているのではないかと感じました。不協和音

に聞こえるのは私の耳がおかしいのか。日本で楽器を習っていたわけではないので何とも言

えませんが他の方の意見も聞きたいです。

 

17.アルマータ2泊3日

2月、キルギスビザを取りにアルマータに行きました。12月に申請したのに移民局の許可

書類が遅れて期限が切れるので外国でビザを取ることになったのです。または罰金一万ソム

払うかの二者択一だったので罰金なぞ払うものかとアルマータ行を選択。

アルマータ行ミニバスはビシケクの西バスターミナルからも出ていますが今回はツムデパー

ト前バス停からのミニバスで出発。キルギス国境で降りて検問を通過しカザフ側に停まって

いた別のミニバスでアルマータへ。冬なのでバスの所要時間はおよそ3時間でした。

キルギス領事部は午前中の受付(水曜は休)で午後受け取れました。朝早く出て受付に間に

合えば当日ビシケクへ戻ることは可能かも。ミニバス、ゲストハウス利用で二千ソムちょっ

との格安費用で行ってきました。

キルギスのカルチャーショック第2部 7に続く

カルチャーショック 第 2部 7

キルギスのカルチャーショック 第2部 7    2018年3月

まだ頭が疲れていないようで記事は浮かんできます。カルチャーショックというよりエッセイの様相になってきましたがキルギス情報なのでいいかなと思っています。

 

1.円形交差点

ヨーロッパではよくある円形交差点ですがビシケクでは1か所(たぶん)アフンバエバ通

とアルマティンスカヤ通との交差点にあります。左回りに進みますがあまり流れは良くない。

ここしかないので慣れないのでしょう。

日本にもあるとインターネットで見ました。愛知県かどこだったか?

 

2.パノラマ台

ビシケクの円形交差点近く、少し南側に行った高台を上がると通称パノラマと呼ばれる市内

を展望できる場所があります。カフェが2軒あるだけですがお茶やビールを飲みながら町を

眺めるのもいいでしょう。カフェに駐車場はないのですが通る車が少ないので路肩駐車で問

題なし。

ここは「ダーチャ」と呼ばれる、週末を過ごす別荘地への入り口です。

3.円形街区

来たばかりの頃ビシケクの地図を見たら、あれ?丸い形の町がある。という訳で興味本位に

行ってみました。大きい街区なのでそこに立って見て道が円形に曲がっている感じはなかっ

たです。モスクワにこういう街区があるのかどうか、試行的に設計したのかもしれません。

 

4.スクランブル交差点は無理

渋谷のスクランブル交差点の話題がインターネットに出ています。外国人はこれを見たり旅

行で実際に行ってみて驚くようです。それは、

1)信号が変わるまで誰も渡らない

2)多数の人が同時に渡るのに衝突などの混乱はない  からです。

この交差点をビシケクか中央アジアに設定したらどうなるでしょう。

1)みんな信号無視して渡るから意味がない

2)一斉に渡ったらお互いにぶつかり反対側に着く前に信号が変わる

多分こうなってすぐに中止されるでしょう。

 

5.ガスを点けたまま外出

何回か目撃しましたがキルギス人は煮物の小さい火とはいえガスを点けたまま外出します。

私が一緒に帰ってきたらガスが点いていて慌てましたがキルギス人は気にしていない。小さ

い火でも何があるかわからないのに。遊牧時代にかまどで料理していた火の扱いと同じ感覚

ですね。これでよく爆発が起きないものだと感心します。

 

6.子供の旅行は大変

教師が学校の生徒を連れて飛行機に乗る、またはカザフなど外国に行く時は手続きが大変で

す。パスポートは18歳からなので、まず出かけてもいいと言う親の承諾書を作って公証人

の判をもらいます。それとキルギスで生まれた証明書(これは手帳のような形式になってい

ます)が必要でこれらを旅行会社や国境検問に持って行きます。

最初聞いたときはびっくりしました。ソ連時代は閉鎖政策だった。外国人と話すとスパイ扱

いされ警察に通報されたそうです。

 

7.突然休日に

キルギスでは突然、祝日と祝日、日曜などの間が休日になります。予めわかっているから決

めておけばいいと思うのですがいつも直前にならないとわからない。

それと休日になる会社、大学などの決め方が理解不能。週5日営業の会社などは休日になっ

て、週6日の会社などは営業となります。週5日だけ授業がある大学は休日になり6日ある

大学は授業となるわけです。どういう都合で決めたのか、ソ連式ですね。

 

8.教師は日雇い労働者

教師の給料は週、または月何時間教えているからという日給月給制です。これは学校も大学

も同じです。大学によっては教師の給料をプール制にして配分するかもしれません。しかし

上司がピンハネするかも。

給料が安いので二つの大学を教える教師もいます。日本語関係ではありませんが学生から何

かと理由をつけて金を集める教師もいるようです。出張旅費を上司が横領、教師は学生から

徴収と言う構図もあり歴史が古い大学ほどこの傾向があります。ソ連は横領、贈収賄、書類

改ざんが常態だったようです。理想に燃えどういう国を造ろうとしたのか。

警察官も給料が安いので外国人にたかり小遣いを稼ぎますがそれと同じわけです。

 

9.1年早く入学も可

学校(小中高一貫学校)には6歳で入学します。しかし、私は1年早く入学しましたと言う

学生が結構いました。子供が早く勉強したいと言っているからと入学を早くさせたとか理由

は色々でした。他に飛び級の制度があって優秀な生徒は1年早く進級します。

 

10.何と音声入力辞書変換

学生が携帯電話でインターネットを利用し音声入力の和露辞書変換をしています。日本語を

マイクに入力すると漢字・かなやカタカナで表示され同時にロシア語が表示されます。単語

だけでなく結構長い文章でも変換可能。

最初はえー!と驚きました。今はこういうこともできるのか!音声入力は昔から研究されて

いましたが特定の人の単音を入力しても単語や文の認識は難しかった。今は学生でも私の声

でも事前入力なしで音声入力変換ができるのです。思わず「あんたはえらい」と言ったら

「あんたは偉い」と変換されロシア語も正しく表示されました。コンピューター君、あんた

は偉いよ、意味は分かったかな。

後は文字を写真に撮って変換する機能もあるようで進歩が凄いです。映画スターウオーズに

出てきた通訳ロボットが現れる日も近いことでしょう。

 

11.両替レートの謎

ドルをソムにする時ビシケクの通称モス・ソビエトやマナス・モスクワ通りの私設両替所を

利用した方も多いでしょう。ここに何軒もある両替所毎のレートが異なっています。前から

不思議でしたがどうも利用客を分散する様に時間帯で交換ルートを変えているようです。近

くにある銀行も同様に時間帯で変わります。

ずっと観察していればわかりますがそんな暇人はいませんね。

 

12.ロシア語の変遷

ソ連時代、ビシケクの学校でキルギス語主体に教えるのは1校しかなくロシア語主体だった

のです。しかし地方ではキルギス語主体なので地方から来たキルギス人学生とビシケク育ち

の学生が使用言語のことで喧嘩になったと言います。「お前はどうしてキルギス語を話さな

いんだ!」という訳です。

公用語をロシア語に加えキルギス語を併用するとしたのは初代大統領時代の2000年前後でし

た。今はキルギス語だけになっているのでしょうか。

第1回クーデター(2005年)後からビシケクに地方、特にオシュ地方からの人が入って

来たのでロシア語使用率は減ってきました。ミニバスで運転手にロシア語で伝えたら、あ?

と聞き返されたりしてロシア語の肩身が狭くなっているのは確実です。やがて外国語の一つ

になっていく。

13.生放送

ロシアのテレビ放送で生放送の討論番組を始めたらキルギスでも早速パクって始めました。

しかし予算も人も少ないのでしょうロシアとは比べ物にならない簡単な番組になっています。

2,3人のゲストと司会者の対談が大した話題もなく続くというものです。

今までもロシア放送のパクリ番組はいろいろありました。俳優、歌手などがサーカスの演技

をするものや素人が自分の特技を披露するものなどです。次はどんな番組をパクるか?

ところでキルギスで連続テレビドラマがまだ登場しません。何年か前それらしいのが始まっ

たのにすぐに消えました。脚本家がいないのか?

 

14.乾燥果物

杏やブドウなどの乾燥果物を売っているので時々買っています。買った店で聞いたら水で洗

ってから2時間位ひたひた程度のお湯に入れて置くと美味しくなると教えられました。漬け

て置いたお湯はジュースのようになるので飲めばいいです。日本で乾燥果物を食べたことは

なかったのに郷に入れば、で新しい世界が広がりました。

 

15.守護霊がいるか

今まで私の身が危なかった出来事を書きましたがまとめると

その1)数秒前に立っていた場所に頭の上から街灯ランプが落ちてきた

ギシギシと嫌な音がしたので数歩移動した途端2m近くある街灯が落ちてきました。

その2)2010年クーデターの際、狙撃現場の近くにいた

まさか狙撃しているとは。大統領府近くで新聞を買っていた人などが犠牲に。

その3)トロリーバスを見ずに道を渡りバスを停めた(2回も)

モスクワ通りを配達で渡る際、反対側を見なかった。原因は疲れ。

などです。

他に何回もカフェに財布、鍵の入ったバックを忘れましたが戻ったらそのままあったり店員

が追いかけて来てくれたりして無事に戻りました。バスに落とした携帯電話も拾った人が連

絡して返してくれました。これは奇跡的!バザールに売られてしまうのが普通でしょう。

 

16.キルギス人?中国人?が搭乗拒否された

オシュからの飛行機でタラップに上がる時かなり酔ったキルギス人?中国人?が大声で喚き

ました。それで係員に搭乗拒否され車で戻されていました。近くに酔って顔を赤くした仲間

もいましたが騒がないので搭乗。

 

17.出稼ぎに出る

キルギス国内の産業が少なく仕事に就けないのでロシア、トルコ、アメリカなど出稼ぎに行

きます。その数は50万人とかニュースで聞きました。モスクワに行った時カフェなど外食

産業で働いているのはみんなキルギス人でした。市内でトルコなどでの仕事をあっせんする

宣伝をよく見かけます。

 

18.アルバイト給料は

学生はアルバイトでカフェなどのウエイター、ウエイトレスに行きます。2年くらい前です

が12時間働いて給料は300ソム(450円位)でした。最近小規模工場で働いた例では

12時間で400ソムとか。ウエイターはまだ同じ給料でしょう。

キルギスに来たばかりの頃ハイアットホテルを造っていて(既存建物の改装でした)学生が

アルバイトに行きました。聞いたら12時間で200ソム、仕事が大変なので皆辞めていく

と言っていました。人集めを担当した人間が自分の収入を増やすよう安く人を使ったのでは。

 

19.キルギスのコンサート

昔、有名なキルギス人歌手のコンサートに行きました。キルギスのこと定刻になっても始ま

らず催促の拍手が起こりようやく歌手が登場。しかし顔は真っ赤。コンサートの前にどこか

の結婚式に出て歌い(口パクですが)ウオッカを飲まされてしまったのでしょう。どうせコ

ンサートも口パクだから問題ないよと言われたかどうか。

 

キルギスのカルチャーショック第2部 8 に続く

 

 

 

カルチャーショック 第 2部 8

 

キルギスのカルチャーショック 第2部 8      2018年3月、4月

このシリーズは随筆風に書いていますが別情報でキルギスの詩や昔話などの作品を紹介できたらと思案中(日本人会 藤島さんの激励により)。しかし訳す時間がかかるしどうなるか不安ですがまずは詩人アルクル・オスモノフから(200ソム札に描かれています)。

 

1.ビシケク都市計画の間違い

ビシケクの都市計画は130年以上前、帝政ロシア時代にモスクワで設計されました。白夜

の都市から何千キロも南の国は想像できず資料もなかったのでしょう。最初の頃、土地がた

くさんあるのにどうして不便に造ったのかと不思議に思いましたが原因はこれでした。建物

は西向き、北向きなどでモスクワと同じ設計。夏は夜9時ころまで西日がきついので西向き

はだめなのに。

交通ではモスクワ通りと北隣のトクトグラ通りは反対方向の一方通行ですがなぜかモスクワ

通りに両方向のトロリーバスが走っています。一方はトクトグラ通りを走るはずではなかっ

たのか。私が2回も停めてしまったトロリーバスは計画・施行の間違いです。

アフンバエバ通りの道路で急に1車線減っている個所は拡幅されました。しかしまだ他にも

残っています。

 

2.学校のクラス替え

日本では新学年にクラス替えをしますがキルギスではしません。1年生のクラスがそのま

ま卒業まで同じです。これは私が顔を出している学校のことですが他の学校も同じでしょ

う。これには問題がありそうです。よく勉強する生徒が集まれば他の生徒も勉強しますが逆

だと足を引っ張りあってしまうことは明らかです。

 

3.地獄の沙汰も金次第

裁判官に金(賄賂)を払うと刑が軽くなると聞きました。こう言われているというのは実際

に受け取る裁判官がいるわけで判決を金で裁量している。金とコネがあれば何でもありのキ

ルギスですが裁判にも金が大手を振っているのです。

そういえばビシケクの欧米系大使館に賄賂を払うとテロ事件で取りにくくなっているビザが

取れると聞きました。本当かどうかわかりませんが実際あった?旧ソ連圏ではみんな同じか

などと考えてしまいます。

 

 

4.キルギス紙幣の人物は

キルギス紙幣に登場している人物は皆1900年代くらいの新しい時代の人たちです。50

0ソム札のマナス吟遊詩人や他の楽器演奏者も映像が残っています。日本のように千年以上

前などという人はいません。遊牧民族なので記録が残っていない。

 

5.グー・チョキ・パー

キルギスにも遊びで使うグー・チョキ・パーがあります。しかしグーの形を少し違って出す

人もいます。握った石の形から親指以外の指を少し広げます。これは井戸だと聞きました。

勝ち負けの規則 グーはチョキに、チョキはパーに、パーはグーに勝つのは日本と同じです。

インターネットのWikipediaで見たら、じゃんけんは19世紀日本の九州地方で始まり20

世紀に世界に広まったとありました。そうなんですか。もっと古いかと思ってました。そう

すると江戸時代の子供たちはじゃんけんを知らなかった?

それとグーの形で空間を作るのはフランスじゃんけんにもあると。やはり井戸と言うそうで

キルギスのグーはフランスから入った? こんなことですが疑問が次々と出てきます。

 

6.ソ連の崩壊は必然

小学校の社会科でソ連と言う国がある、労働者の国だと教えられました。その時単純に考

えたのは労働者がそれぞれ権利を主張したらどうなるのか、バラバラになるのではないかと。

その考えはずっと忘れていましたがキルギスに来て思い出し実感しました。

仕事は労働者のためにあって相手のためではなくなっていた。病院は医者、看護婦のために

あり患者のためではない、商店は経営者、売り手のためにあり客のためではない。

ソ連時代末期にアフガニスタンに侵攻したソ連軍の兵士たちが見たのは自分たちよりいい生

活をしているゲリラだった。我々はどういう国を造ったのかと帰還した兵士たちが国民に伝

え社会が動き始めたと読んだことがあります。崩壊したのは必然だった。それを引き継いで

いるキルギスはどうなのか。

変な例えですが日本で終戦後幸いにも復員することができた兵隊は学校の教員になった。運

動部を教える際に軍隊式の訓練をしてそれが先輩後輩と受け継がれいまだに幅を利かせてい

る。飯は早く食べろ!というのもありました。もう敵が来る戦場ではないのに。

つまり何十年経っても修正されないことがある。キルギスも同じでソ連時代の修正をす

るにも100年単位でしょう。

 

7.大陸は動いている

中学の頃世界地図を見ていて大陸の海岸線の形が似ているなと思いました。後になって大陸

移動説(プレート・テクトニクス理論)があり、私と同じように海岸線の形が似ていると考

えた学者がいたと知りました。さすがに学者は化石分布や地磁気の方向など様々な証拠を調

べ裏付けましたが。

大陸は動いている。エベレストに貝の化石があるし日本の太平洋岸にアメリカ大陸から何億

年もかけて着いた岩石があるそうです。人類の歴史は500万年ほどですか。人類が見たと

きエベレストはもう山でした。地球の歴史を2時間映画にしたら人類が現れるのは最後の何

秒か、宇宙のビッグバンからの映画では一秒にもならないでしょうね。

 

8.フライパン蒸し焼き

キルギス料理にデゥンダマという蒸し料理があります。カザン(肉厚大鍋)に肉、ジャガイ

モなどを入れて炒めその上からキャベツを大量にかぶせ蓋をして蒸します。これに触発され

たのかもしれませんがフライパンに野菜を入れ、蓋をして蒸し焼きで食べています。炒める

より簡単です。お試しください。

 

9.電球がまた粗悪になった

最近立て続けに電球が2個壊れました。1個はスイッチを入れた途端、ぼん!と音がしてガ

ラス球が落ち、もう1個はブチっとフィラメントが切れました。昔、電球が爆弾のように破

裂したのは前にも書きましたがもう何年もこういうことはありませんでした。中国製品の質

がまた落ちたのか、たまたま私の所に悪い電球が回って来たのか。

 

10.キルギスのコンサート

キルギスやロシアのテレビ、コンサートに登場する歌手はみんな口パクでCDが歌っています。

バックバンドもいないし体力を使わないから私が聞きに行ったコンサートは連続休憩なしで

3時間位続きました。日本では演奏者がいるし口パクではないので休憩しますけどキルギス

式では聞いている方が疲れます。

 

11.サムス(焼いた肉まん)とラグマンにご用心

 

サムスは市内のあちこちで売っています。形は三角、四角もあり熱いのはおいしいです。し

かしウズベク式は中央が盛り上がっているので持って食べると中の脂が出て手や服に付きま

す。これは皿に乗せてスプーンで食べるのが正解。オシュでは皆そうだったしビシケクのウ

ズベク人にも教えられました。サムスは脂にご用心、皿に乗せて食べましょう。

マディナバザールのラグマンは美味しいと紹介しました。しかし平皿に入って出てくるので

食べると汁が飛んで注意して食べてもシャツに付き後で気が付きます。自前の丼を持って

いきたいくらいです。ラグマンは汁にご用心。

 

12.お勧めの紅茶は

日本からの緑茶を飲んでいる方が多いと思いますが紅茶をと考えている方にお勧め銘柄は

グリーン フィールド(Green field)とアクバル( Akbar)です。どちらも紅茶、緑茶があ

ります。お試しください。少なくともベータティーは止めた方がいいかと。出がらしに色と

臭いを付けたとしか言いようがない品質です。

 

13.キルギス人は太れ、太れ

キルギス人、ロシア人は男女とも20歳代終わりからずんずん太りだします。原因は肉と脂

のようです。その証拠に肉をあまり食べない人は細いままです。が、周りから太れと言われ

るとか。太った方が金持ちや大人物に見えるのでしょうか。

警察官の行進で腹がズボンのベルトからはみ出した人たちが出ていると、仕事はできるのか

と考えてしまいます。

 

 

キルギスのカルチャーショック 第2部 その9 に続く

カルチャーショック 第 2部 9

2018年7月配信

キルギスのカルチャーショック 第2部 9    2018年4月~7月

少し休んでまた書き始めました。キルギス詩人や昔話の訳を始めたのでこの記事が進まなくなりました。

 

1.プロパンガス

アパートでプロパンガスを使う必要があってキルギス人にどうしたらいいか聞きました。ガ

スボンベはガソリンスタンドで、ガス台はバザールで、プロパン用バーナーは~で、ホース

は~でそれぞれ自分が用意する、と言います。

聞いているうちに嫌になりどこか一括して用意する業者はないかと聞いたら、ないと。一括

請負を考える人間はいないのか、何か制度の問題でできないのかわかりません。

家を修理するにも資材や部材は自分で用意して職人は造るだけです。作る道具も用意してく

れという職人もいます。水準器なども持っていないのです。これはソ連時代に役割分担が作

られたのでしょうか。職人は造るだけだ、材料は家主が用意するというような。

 

2.ジェッキー・チャン

昔学生から、ジェッキー・チャンを知っていますか、と聞かれました。はて?聞いたような、

聞かないような。ほら映画の、カンフーのと言われて、ああジャッキー・チェンなのか、知

ってるよと言いました。

しかし、少しの違いで全然違う人に聞こえます。ロシアではこう呼んでいるそうですがロシ

ア語的に聞く方が近いのかそれとも日本語が近いのか。どうですか。

 

3.携帯ですぐ切る

携帯の度数が足りない時、度数を使いたくない時に学生などがよくやる方法。相手の呼び出

し音が鳴ったらすぐ切ります。記録に残るので相手は返信する訳ですが誰が考えたのかいい

方法ですね。

 

4.極細そうめん

テレビのキルギス放送で中国西部のジュンガルという地区(ウイグル自治区か?)の番組を

放送しています。たまたま見たら極細そうめんの製造を紹介していました。手で伸ばして竹

に交差してかけて干しだんだん細くしていきます。これは小豆島のそうめん作りと同じ手法

です。どういう経路か中国から小豆島へ伝わったのでしょう。極細そうめんを欲しいときは

中国へ行けばいいのです。

 

5.航空切符の予約システム

キルギスの航空券予約システムは不便この上なく困ります。予約をすると出発日時変更に手

数料が結構かかる、最初予約した人の名義変更はできない、もし搭乗しなくなっても代金は

返ってこない。一度予約したらその日程で乗らないと全額没収なので大変なことになります。

オンラインシステムだからと言っていますがこんな鉄筋コンクリートのようなガチガチシス

テムでは利用したくないと思うのは私だけでしょうか。最近の日本はどんなシステムですか。

それからビシケク・オシュの運賃は1カ月くらい前に予約すると安いですが出発日が近くな

ると3~4倍高くなります。日本も事前予約割引はあるもののこんなに違いはないのでは。

 

6.売る人の対応が

キルギスに来た日本人すべてが感じるのはデパートでも店でも街頭の物売りでも客に対する

売る人の対応がひどすぎることと思います。特にキルギス人がひどいです。まともな対応を

するのはどこでしょうか?指折り数えても片手が満たせません。

売っているのに売ってやるという態度、これは日本人だから感じることで大概の国ではキル

ギスと同じとは思います。日本に来た外国人が店員の対応に感激したというニュースはうな

づけます。

キルギスはバザール経済、相手に金がありそうなら高く売るのは常識。これが改善されるこ

とはなさそうです。日本に留学したとか研修に行った人をたくさん知っていますが日本を参

考にキルギスを変えようと言う人はいません。やはりキルギスが一番ということなのか。

外国機関が増えているので昔通りの対応では雇ってくれるところはありません。これに気付

いていけば変化があるとは思いますが気が付かない、変えようとしないのです。

 

7.いかつい生徒からハグが

市内西にある学校に何年も顔を出しています。ある時、休み時間で廊下に集まっている生徒

たちの所に行った時です。結構体の大きい、いかつい顔をした男子生徒が私を見てハグして

きました。突然なので、何だ何だと言いながらもそのままにしていたらやがて戻って行きま

した。

この学校は地方から来て寮生活をしている生徒が多いです。ハグして来た生徒もそうなのか、

私を見て親を思い出したのかなどと後で考えました。

 

8.ゴインとゴイン2

ソビエト通りとジベックジョル通り交差点に中国マーケット「ゴイン」があります。その向

かって左、少し離れて小さいスーパーがあり「ゴイン2」と言います。ゴイン1階の食料品

店とゴイン2が競い合っているのは前に書きました。

どちらの店ももう10年以上利用していて大豆を毎週何キロも買っていたりしたので責任

者や店員と顔なじみになりました。ゴインでは何%か割引があり、ゴイン2の主人は値段の

端数をおまけしてくれるほどになりました。

 

9.断食月

今年もイスラム暦第9月の断食月が始まりました。キルギス語はオロゾ、ロシア語はラマダ

ンまたはラマザンです。太陽暦とは毎年10日間くらいずれて今年は5月17日から6月

15日まで。15日はオロゾアイトというお祝いになります。

実はキルギスに来たばかりの頃に1回だけ断食を実行したことがあります。学生や教師がオ

ロゾ、オロゾというので、どういうものかとやってみたくなったのです。その時は冬で1月

だったかと思いますが飲食禁止になる日の出前にお茶を入れ、たくさん飲んでおきました。

30日間の半分くらいまでは苦痛ではなかったですが後半が大変。飲食できる時間になって

もそれほどは食べたくないので体内のエネルギーが消費されていきます。やがて頭がボーと

してきました。神を見ることがある、などと言うようですが確かにあるかも。

最悪だったのは最終日の夕方、終わる寸前の時間帯。もうすぐ終わるとあって精神的に落

ち着かなくなりイライラして体の置き場がなく困りました。さすがに懲りてそれ以来1回も

していません。

夏場にする人は少ないようですが働きながら実行している教師などをみると宗教の力はすご

いと感じます。

 

10.天気予報は発電所から

日本は気象庁発表ですがロシアの天気予報では水力発電所センター発表と言います。ロシア

は国土が広く水力発電所が数多くあり、豪雨などの自然災害を予測する必要からこうなった

のでしょうか。キルギスは発電所センターではないと思いましたが、さて。

 

11.キルギス人の名前

①男女共通の名前

例えば、マクサト(意味は目的)、チョルポン(意味は金星)があります。

チョルポンは語尾にベック(強い)を付け、男性用のチョルポンベックもあります。

②よく聞く名前

男性名はヌル(光)+ベック(強い)=ヌルベック、

ヌル(光)+スルタン(王)=ヌルスルタン

女性名はアイ(月)+ヌル(光)=アイヌール、

アイ(月)+グル(花)=アイグール

アイ(月)+スルー(美)=アイスルー   などよく聞きます。

 

12.ビタミン ツェー

「ВИТАМИН С」・・これはロシア語表記ですが読みは「ビタミン ツェー」。ロシア

語の「C」は「エス」と読むので「ビタミン エス」となるはずですが例外です。

「C」を「ツェー」と読むのはドイツ語、ドイツから「ビタミン ツェー」が伝わった時に

読みがそのまま残ったのでしょう。

 

13.ビシケクのアパート

新しく建ったアパートの1階で床コンクリートにペンキを塗っただけで住んでいる。スリッ

パや絨毯ではとても対応できません。それで住人は体が冷えて病気になってしまう。こうい

う話をいくつも聞きました。病気になるのは当然です。

アパートを買った人が経費節約のため自分たちで内装をするのがほとんどなので床板を敷く

ことをしなかった。何考えてるんだ、となりますがキルギス人は定住化してまだ数十年しか

経っていないので家屋や定住生活の知識がない。表面的には街の生活ですが実は遊牧生活の

まま暮らしています。

 

14.外での飲酒禁止令

大使館に寄ったら道路やターミナルなど公共の場での飲酒禁止制度ができたと貼り紙があり

ました。これは知らなかった。キルギスでは周知期間なしで昨日法律ができたから今日は禁

止だ、罰金だとなるでしょう。制度を知らない旅行者や外国人を狙って警察官が小遣いを取

りに行きます。缶ビールなど飲んではいられません。

これとは別に、客が乗っているのにバスの運転手が喫煙する、買い物に行く、なども取り締

まってほしい。運転手の言い分は「我々は労働者だ。自分が必要なことをする権利がある。」

と言うのでしょうけれど。

 

15.宵越しの金は持たないキルギス人

一般的キルギス人、特に村ではそうですがいつもカツカツの生活をしている。その反動なの

かまとまった金が入るとすぐに全部使ってしまう。ある時に使わないと明日はどうなるかわ

からないのでしょか。こういう人をたくさん知っているので大半の人はそうなのでしょう。

日本人とキルギス人は兄弟と言いますが貯蓄しないキルギス人は異母兄弟ですか。

 

 

(カルチャーショックシリーズの休刊)

このシリーズを第2部9まで書いてきましたが少し疲れたので休刊させていただきます。

来たばかりの頃、警察官に見逃し料として財布から金を抜かれたのが第一のショックでした。

以来警察官を見ると・・・

このシリーズ、当初は日本にいる知人に向けキルギス紹介ということで書き始めました。最

近は日本人会の皆様にも読んでいただくようになり役員の藤嶋さんに感謝しています。

再開をお待ちください。

2018年7月 大滝

 

カルチャーショック第2部 休刊

カルチャーショック 第 2部 10

2018年9月配信

キルギスのカルチャーショック 第2部10  2018年9月

このシリーズ配信でお世話になっている日本人会の藤嶋さんがご主人の異動に伴いキルギスを離れると聞き急いで書き始めました。今回はいつもより短いです。

 

1.キルギス映画

キルギス映画は独立プロでたくさん作っているようでDVDディスク(違法コピーですが)

を買って観ています。しかし制作予算がないのでしょう撮影場所はせいぜいカフェやショッ

ピングセンター、アパートなどです。どの映画を観ても内容に変化がない、俳優が出てきて

しゃべっているだけという感じです。

だいぶ昔に日本で紹介された「あの子と自転車に乗って(原題 ベッシ・ケンペル)」は

良かったですね。でも続編「マイムー(キルギス語で猿)」は全然面白くなかった。最近

の作品では「明かりを灯す人(原題 スベート・アケ)」が日本で上映されたと聞きました。

同じ監督作品で「馬を放つ(原題 センタウロス)」は今年のアカデミー賞外国映画部門賞

を獲ったそうで今月岩波ホールで上映するとか。

今まで観たキルギス映画で良い作品として印象に残っているのは、

「ボズ・サクルン(灰色の気配?冷気?)」・・キルギスの誘拐婚を扱った作品で誘拐の相手

を間違えられてしまうというもの。地方の村とジャイロ―(高地草原)にロケ。

「ミニステルディン・クズヌン・マハバット(大臣令嬢の恋)」・・村から出てきたカンフー

達人の若者に令嬢が恋する。場面は地方の村とビシケク市内。

「ベルギシズ・マルシルート(バスにご注意)」・・長距離ミニバスが時空を超えてしまう。

他には、キルギス5000ソム札に描かれているチョクモロフの監督・主演映画「ウラン

(ウラン、人の名前)」「クズル・アルマ(赤いリンゴ)」など面白いです。

作家チンギス・アイトマトフの作品を映画化したもの「白い船(原題 アク・ケメ)」、

「最初の教師(原題 ビリンチ・ムガリム)」、「ジャミーリャ(原題 ジャミーリャ)」

などお勧めです。

ちゃんと作れば良い作品ができるのに題名だけ大げさで・・例えば大地震が起こって地球が

滅亡か、という宣伝文句なのに内容はアパートの庭にテントを張り食料を買い込むという

ものなど。このように内容はただ会話だけという作品が多過ぎです。制作側の奮起を期待し

たい。

 

2.食い扶持減らしか

地方から出てきてビシケクに住んでいる人の家には遠い、近い親戚から人が来て居候してい

るのを目にします。生活費は払わないので余程のお金がないと大変です。遊牧時代からの習

慣でしょうか村で生活できないから食い扶持減らしに追い払われたのか。もっとも地方から

ビシケクの大学に入った学生も居候しているケースが多いですけど。

 

3.街頭のDVD売りが消えた

最近まで街頭でDVD(違法コピーです)を売っていたのにふと気が付いたらいなくなって

いました。脚立に板を付けてDVDを並べて売っていました。1枚30ソム前後でキルギス、

韓国、ロシアなどの映画やドラマが10本くらい入っています。よく利用していたんですが

どうなったのでしょう。でもバザール内の店では今でも売っています。

 

4.路上駐車は困りもの

ビシケク市内のキエフ通りは1車線と3車線の変則交互通行ですがこの1車線の車道に駐車

する馬鹿がいるので通行は混乱します。少し車線に余裕があるとすぐ路上駐車。二重駐車も

するので片側3車線が2車線や1車線になります。バス停に堂々と駐車する輩にはレッカー

車を大量に用意してすぐ撤去、罰金にするしかないでしょう。

20年前に比べ台数が10倍~15倍に増えているので少しの路上駐車で通行は混乱します。

 

5.ディーゼル油がガソリンより高い

ガソリン価格の5分の1以下だったディーゼル油が徐々に上がって今はガソリンと同じか高

くなりました。ディーゼル油の値上がりが噂されてディーゼル車がカーバザールで大量に売

られたのはもう何年前でしょうか。

 

6.道路工事を一斉にやるな

ビシケク市内のソビエト通り、マナス通りなどの幹線道路や中規模道路で区間を区切って舗

装工事をしています。しかし同時進行で実施しているので交通渋滞が絶えません。複数の年

度でもいいのではと思うものの予算や中国側の都合があるのか。

 

7.ナリン州の岩絵(サイマルタッシ)へ

10年以上前から行きたいと思っていて、しかし遠いのでずっと行かずじまいでしたがつい

に先月出発。場所はナリン州とジャララバード州との境にある山岳地帯で標高3000m

の所にあります。

まずナリン市までミニバスで4時間、それからカザルマンという町までタクシーで5時間近

く。タクシー相乗りはフランス人2人でした。

次の日はガイドの先導で馬に乗り出発。登山道を行くので途中は雪や崖があり片道2時間は

緊張の連続。岩絵の岩は何千もの細片になり帯状に広がっています。図柄はイシククリ州チ

ョルポンアタにあるものと似ていて狩りや人、動物などです。

1902年にロシア人が偶然発見したそうで、しかしどうしてこんな高地に、誰が、いつ、

と疑問は尽きません。資料には紀元前1000年位とありこのような高地にある岩絵は世界

に例がないようです。

ガイドによると第2、第3の岩絵の場所があってそこまではさらに2日か3日かかるそうで

す。転落しそうな崖を馬で登って行く気にはなりません。ヘリコプターで行かなければ。

 

8.10年越しの案がもう一つ

ついにサイマルタッシに行ってきましたが他に15年越しの案があります。それは列車でイ

シククリ湖西端にあるバルクチという町に行くことです。多分、貨客車だと思いますが車内

にエアコンがないので夏は暑くてだめと以前聞きました。

運行をビシケク駅で聞いたら6月中旬から夏、秋の間だけだそうです。ビシケク発は朝6時

半の1日1本だけ、それにバルクチまで6時間以上かかるというのもためらう理由です。復

路バルクチ発は2時頃、片道70ソムの運賃で安いのですがね。物好きな方はいますか。

 

9.サッカー選手は刺青

キルギス放送のスポーツチャンネルでイギリスやイタリアのリーグ戦を放送しています。自

国や世界各国からの選手が活躍しているのを見ていると選手たちは腕や背中に見事な刺青ば

かり。していないのは日本、韓国といったアジアから参加している少数の選手だけ。

ロシアの選手もしています。キルギスリーグの選手はしていないと思いましたが。

 

10.自転車は少ない

ビシケク市内の路上はもちろん歩道でも走っている自転車は少ないです。これは昔から変わ

らずです。自転車はバザールで売っているのに見えない。みんな市外で乗っているのかな。

11・キャッチセールスか

最近ですが知らない女性(キルギス人?)から電話があり日本人か、と聞きます。え!と思

ったもののそうだと答えると会って話したい、情報交換したいと言います。どうして会うの

かと、もちろん断りました。日本でいうキャッチセールスでしょう。

しかしどうして私の電話番号を、誰か小遣い稼ぎに教えたのか。その後電話がないので良い

ですけど。皆さんご注意を!

 

(キルギスのカルチャーショック第3部に続く)