キルギスのカルチャーショック 第3部10 

キルギスのカルチャーショック 第3部10  2019年11月配信

2019年9月~10月作成

今年の降雪は遅いです。雪はだいたい二分の一の確率で10月に降ります。2年連続して降ったり降らなかったりしますが20年間の記録で平均すると確率二分の一です。雪が降らないということは集中暖房が入らないので電気ヒーターなどで温まりましょう。追記)昨日(11/1)暖房が入りました。雪が降らないのに早い。とはいえもうすぐ初雪の予報が出ていますね。

1.前大統領が逮捕

8月上旬アタンバエフ前大統領自宅に治安部隊が侵入、前大統領が逮捕されるという事件がありました。どういう容疑か知りませんが通常選挙で交代した後の事態なので驚きました。これでキルギスでは初代、2代目大統領がクーデターで国外追放、3代目の臨時大統領は何もなかったですが4代目アタンバエフ前大統領は逮捕という異常事態が続いています。ソ連崩壊後、ソ連共産党第一書記が大統領に横滑りしなかった唯一の国がキルギスでしょう。当時のキルギス第一書記は高齢であったため大統領に立候補できなかったそうですがそれで急遽大統領候補選出となり当時科学アカデミー総裁で有力部族出身だったアカーエフ氏を初代大統領にしたわけです。

キルギスは部族社会、大統領が変われば大臣、省庁の局長、大学の学長などすべて大統領出身地の部族に変わります。ニュースでは分かりませんが今までの経過は同じです。19世紀帝政ロシアと同盟する前は部族抗争が絶えなかったと言いますから今も部族抗争が続いて入ると言えます。

 

2.オシュバザールでスリに遭いました

もう15年以上前ですが今もいろいろ被害報告があるオシュバザールでスリに遭ったことがあります。未遂でしたがバザールの売り手が日本人がいると大きな声で周りに伝えたことでした。それをスリが聞いたのでしょう。私が歩きだすと一人が行く先を邪魔して立ち止まるスキに金銭を盗ろうとしたのです。前が邪魔だなと思いながらふと後ろに人の気配を感じたので振り向くと男が立ってまずいなと言う顔をしていました。

もう一つはトロリーバスの中で実際はスリだったかどうかわからないですが。私の周りに4人ほどの男性が後ろ向きで立ちました。そして段々範囲を縮めてくる・・ような気がしたので体を反転させ囲みからすり抜けました。あ!変だと思ったらすぐ動いた方がいいです。

 

3.カルティーナとリスーナク、スタンツィアとバグザール

ロシア語のカルティーナとリスーナクは日本語に訳すとどちらも「絵」です。ある時郵便局で「カルティーナ」を送りたいと言ったら税金がかかると言われました。生徒が書いた絵ですがカルティーナという言葉しか知らなかったのでそう説明したら係員からそれはリスーナクだと言われました。カルティーナは額縁に入っているような絵画でリスーナクを訳せば「図画」でしょうか。一方キルギス語で「絵」は「スロット」ですが写真も同じ言葉なのでこれはこれで困ります。

これもロシア語ですがスタンツィアとバグザール。スタンツィアは駅、バグザールはバスなどのターミナルと覚えていたら少々違いました。スタンツィアは駅でも小さい停車駅、ビシケクなどの大きい駅はバグザールと言うようです。タクシーでスタンツィアまでと言ったらどこだ、と言ってなかなか通じません。辞書の訳だけでは通じないのがよくわかりました。

 

4.ロシア語でстоは数字の100か

道沿いの看板に「сто」と書いてあるのをジベックジョル通りなどでよく見ます。「сто」はロシア語で「100」ですがどうして看板にと思いますね。実は100ではなく「自動車修理所」のロシア語頭文字をとったものです。一緒に「ттс」と書いてあったりします。これも修理所の頭文字でしょうが詳しくは知りません。

 

5.中国製バッグの注意点

キルギスで売っている製品は中国製が大半で検査落ちや品質が悪く在庫品となったものなどが大量に持ち込まれます。よほど注意して買わないとひどい物を手にすることになります、とはいえチェックにも限度があります。私のバッグはまずチャックの可動部が壊れ、次にベルトのつなぎ糸がほぐれ、チャックの糸が取れていき買った値段以上に修理代がかかりました。シャツや靴下は糸のほつれ、色落ちはいつものことです。中央アジアは安ければ買うと中国から低く見られている訳でこれが修正されるのはいつのことでしょう。

 

6.不味い物 ハンバーグ・ケンタッキー・寿司

私の味の好みで仕方ないでしょうか。ハンバーガーは肉がパサパサだし、ケンタッキー・フライド・チキンは辛いだけで素材の味がない、ひどいものです。キルギス国民は肉をたくさん食べるのにあのハンバーガーやケンタッキー・フライド・チキンでいいんですかね。その内舌が肥えてくれば売れなくなるでしょう。持ち帰り寿司は酢が効いてなくて米の味がない。寿司はミツカンの業務用の酢を使って硬く握ったり巻いたりするのでだめ、職人に握り方を教えてあげたい。モスクワで食べたこれら3種類は同じ味でした。レシピはチェーン店の方針なんです。

 

7.丁髷(ちょんまげ)が流行っている?

ちょんまげと言っても頭の後ろで短く縛って丸めてある形です。女の子ではなく男子生徒がしているのを何人か見ました。ロシア人風の生徒でしたがどこかの民族の習慣かも。

 

8.流しの職人

ここで言う「流し」は洗面台ではなく集団に属さず個人で家の建設修理などをする職人です。日本の個人大工は道具などちゃんと持っていますがキルギスの職人は何も持たず材料を始め依頼主が用意します。オシュバザール近くの大通りなどにいて仕事の依頼を待っている。こういう人はだんだんいなくなるでしょう。

 

9.海外へ出稼ぎ100万人

出稼ぎ者100万人かどうかわかりませんが私が聞いたのは50万人でした。カザフスタン、ロシア、トルコ、ヨーロッパ、アメリカへもキルギスから多数の人たちが働きに出ているのは確かです。家族のため働きに出て、しかし長期になると行った先での生活になり帰らなくなることもあります。主人が別の女性と暮らし始めついには離婚という話も聞きます。

 

10.キャッチセールスが出てきた

先日ビシケクパークデパートで知人とカフェに座っていました。後から隣におばさんが座り何かの支払いカードの宣伝を始めました。海外のホテルなどでも使えると言います。知人は電話番号など教えていたので後で電話が来ても会わないように伝えました。会えばカードが欲しいということになるし他の商品の売込みもあるでしょうから。ついにビシケクでもキャッチセールスが出てきました。どうもフィラルモーニアの事務所で会おうと誘うようです。皆さんはこういう人と接触しないでしょうけど気を付けてください。

11.三重駐車はお手の物

自動車の数は私が来た頃より10倍どころか20倍くらいに増えました。それで中心部は時間帯や工事で渋滞、さらに違法駐車の車がそれを倍加しています。さすが中央アジアというか二重駐車さらに三重駐車も当たり前というビシケクの大通りです。デパート前で三重駐車をしている車があってトロリーバスや大型バスが通れずクラクションを鳴らしました。しかし動く気配はないので怒った運転手が降りてきてドアを開け駐車中の運転手に怒鳴っていました。しかしどこ吹く風で駐車したいからここにいると言う態度でした。アメリカ辺りだったら銃で撃たれてるかも。やはりレッカー車で強制撤去、罰金しか方法はない。

 

12.塩と酢の力は偉大です

調味料に使っている塩と酢ですが効力はそれだけではありません。ご存知の方には釈迦に説法ですが一応。まず塩ですが海水か少し薄いくらいの濃度にして肉を30分~1時間位漬けます。ビシケクで売ってる肉は臭いが気になりますがこれで臭みがかなり取れます。漬ける肉は1~2cm厚位でも大丈夫。次に冷凍マグロブロックを美味しくする方法です。水100gに塩4g入れた塩水にガーゼを浸して軽く絞り解凍したマグロを巻き2,3時間置きます。これで数段美味しくなりますね。マグロ対策はNHK「試してガッテン」からの情報です。酢は茶渋や鍋の焦げ付き取りに活躍します。

ついでですが丸パンや角パンも食べるだけでなく野菜を漬けることもできます。深さのあるタッパーにパンを千切って4,5センチの厚みにしてから水をひたひた位に入れます。塩少々と野菜の切れ端を入れ2,3日置くと乳酸菌が繁殖します。後は好みの野菜を漬けてお楽しみください。最初は漬かるまでに2日位かかりますがだんだん短くても食べられるようになります。パンが少なくなったら千切って追加、室温では発酵が早いと思ったら冷蔵庫でもできます。時々唐辛子を入れてください。

ついでのついでですが米を研ぐとき水を少なくすると糠の臭みが消えます。ざっと洗って水をほとんど切ってから研ぎます。私は研ぎ30回を2度やってます。お試しください。

 

13.キルギスの牛乳はどこか違う

日本の牛乳を飲むと冷たいのはもちろん温めてもお腹がゴロゴロしてしまい下すことが多かったです。それで飲まないようにしていましたがキルギスの牛乳は冷たくても問題ありません。最初は恐る恐る飲んだのですが今はごくごく飲んでます。どうして?キルギスの環境や牛が食べる草が違うのか。思うに日本では工場で集めた牛乳の品質を均一にするため高速回転で撹拌します。わかりませんがこの時に質が変わるのかも。とにかく気にせず飲めるのは良いことです。ニンジン・ピーマンなど日本人が敬遠する野菜もそれに色々な果物、肉製品も美味しいしキルギスに感謝です。

 

※私のホームページについてお知らせです。①通常の検索窓にKYRGYZ856 と入力して検索するとフェイスブックKYRGYZ856の案内が出てきます。クリックしてフェイスブックに入りホームページへのリンクボタン【learn more】を押してください。②またはwww.kyrgyz856.go.kgをパソコン画面上部の検索窓に入力、検索すればホームページに入ります。

 

(担当 ビシケク市 大滝)

キルギスのカルチャーショック 第4部1に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です