カルチャーショック 第 2部 1

キルギスのカルチャーショック (第2部)Ⅰ   2015年6月―16年1月

カルチャーショックが10になったので第一部として、少し休んで第2部を書き

始めました。新しい動きなど書いていけたらと思います。

 

1. パスポートセンターが突然スーパーに

トルストイ通りにフルンゼというスーパーマーケットがあって隣がパスポートセンターでした。居住登録をするため半年ぶりに行ったらシャッターが閉まっています。移転した?しかし、どこにも案内がない。他にも一人来ていましたがわからない様子。近くにいるタクシーに聞いたら旧空港の建物に移転したと言います。何も移転表示がないのはさすがキルギスですね。

どうも隣にあるスーパーフルンゼが売り場を拡張する様子です。パスポートセンターは一時的に借りていたのかもしれません。

 

2.マイクロバスの前転

交差点でバスを待っていたらマイクロバスがやってきて信号手前でブレーキをか

けたら、どういう加減か見事に前転、屋根で滑って停まりました。運転手は無事

に這い出してきて連絡に行ってしまいました。

映画のシーンを見ているようで車はあんなに回転するんだと感心しました。

 

3.親ばかですね

民間の日本語学校で教えている時、日本語を勉強させたいと言って3歳くらいの

男の子を親が連れてきました。他にも英語や何か、いくつも習っているようでし

たがこんな小さい子を教える方法を知らないと断りました。子供が少し覚えると

もっと習わせたいと考えてしまう、親ばかですね。

 

4.本物の紅茶はどれだ

もう15年近く前ですがベータというトルコ系会社の紅茶は美味しかった。味がわからない私でも甘みや味があって美味しいと感じました。それがいつの間にか、味がない、色素と香料だけのお茶になったのは残念です。ベータに限らず他のメーカーも似たり寄ったりで甘みがなく色は色素を加えただけのまがい物が多いです。

最近は「アクバル」というのを飲んでいますがいつまで品質がもつのか。売れると偽物が出たり質を落としたりするのでしょう。すぐひどい味になります。

昔は緑茶ばかり飲んでいたのに今は紅茶主体になってしまいました。それでなおさら美味しい紅茶はどれなんだ、教えて欲しいです。

 

5.「オタキ」と呼ばれて

来たばかりの頃、道でよく「オタキ」と呼ばれ振り返ったりしました。私の名前を知っているはずはないし・・・しかしそう言っているのです。大学で「オタキ」という言葉はあるのかと聞いたらないという返事。

だいぶ経ってからロシア語の「ボト、ターキ」だとわかりました。「ほら、こんな」という意味なので結構使います。私が聞くと「オタキ」に聞こえるので、その度に「うん?」と注意を向けることになります。

 

6.ヤポーニアとヤ・ポームニュ

ロシア語で「日本」は「ヤポーニア」または「イポーニア」です。発音が似ている表現で「ヤ・ポームニュ」があります。ロシア語で「(私は)知っている。わかる。」という意味なのでよく使います。

歩いるとき「ヤ・ポームニュ」と聞こえると、どうしても「ヤポーニア」と聞いてしまいます。「え、日本がどうした?」と注意が向きます。

 

7.一万円札で10円の買い物

マルシルートカと呼ばれる路線マイクロバスが市内を始め郊外へも運行してい

ます。運賃は市内の1回乗りで10ソム(20円)、郊外に延びる路線は高くなり

カザフ国境までは30ソムです。運賃は運転手に直接払うワンマンバス方式でしか

も両替などの料金箱はないので運転手は忙しいです。

時々、支払いに500ソム札(1000円)や1000ソム札で払うのを見かけ

ます。日本で言えば1万円札で10円の物を買うようなものです。払うのは2、

3人分なのに細かいのは持っていないのでしょうか。

 

8.マイクロバスは乗換えさせられる

路線マイクロバスの乗客が少なくなると同じ路線の別のバスに移らされる事が多

いです。自分の食事など運転手の都合によるわけですが乗客が少ないとまた移動

かと面倒になります。

 

9.マイクロバスはエアコンがない

燃費が悪くなるからでしょう、どのマイクロバスにもエアコンは付いていません。余程古いバスは別にしてエアコン仕様なので窓ははめ殺しです。天井に通風口を開けてあればまだいいですが夏には長く乗っていられません。

 

10.必要ですか、と聞かれて

日本からの郵便物を取りに行きたいから一緒に行ってほしい、と頼んだら「それは必要ですか?」という返事。必要でないのに日本から送るものか、と怒りたくなります。日本語学習者から「必要ですか」という返事を以前から何人も聞いています。どうもロシア語を訳したようです。

ロシア語の意味合いが違う、それか言い方が違うのでしょう。言葉の使い方で相手を怒らせることになります。

 

11.1日違う

「~日まで休みます」、「~曜日まで休みです」、という表現で、日本語とロシア語、キルギス語は1日違うようです。

例えば、「9月1日まで夏休みです」と言った場合、日本語では9月1日は休みになります。しかしロシア語、キルギス語では9月1日に授業や仕事があるのです。

以前から違いがあると気がついていたので、~日は休みですか、~曜日はどうですか、と聞くようにしています。

 

12.「オタキ」と呼ばれて その2

私の名字は「おおたき」ですが、「おおたき」ですと紹介しても相手は「オタキ」と呼びます。キルギス人、ロシア人ともにそうですから「おお」は言いにくいのでしょう。

 

13.真夏でもスカーフ、ロングスカート

敬虔なイスラム女性は戒律を守り、顔、手先以外は人に見せません。夏にイスラムスタイルを見ると暑くないのかと心配しますが、素材が良い物なのでしょうか涼しげな表情です。街の女性は短パンにタンクトップというのに違いは大きい。私のクラスの学生もこのスタイルが2人います。

 

14.茹でトウモロコシ

路上で茹でトウモロコシを売っています。日本と違って塩を入れないで茹でて

売るときに塩を振り掛けます。塩茹での方が全体に塩味がついておいしいのでは

ないかと思うのですが。

 

15.猫語

アパートの入り口に来たら野良猫らしき猫が寄ってきました。足の周りを回って

なにやら意思表示をしています。「何だ?」と聞いたら「ニャ-」と答えました。

理解不能。いつか猫語を習わないといけません。

 

16.ラジオ体操

ある大学で職員の希望者に簡単な指圧をしていました。私は専門家ではないので

すが少し施術料をいただきました。よく「ハンドロース」というロシア語を聞き

ました。辞書で調べたら軟骨炎らしいです。しかし軟骨とは違うようで、日本で

いえば肩こりなどの症状ではないかと思います。コンピューターなどで長時間仕

事すれば肩こりになります。

キルギスで日常の体操はしないようなのでラジオ体操を始めたらどうでしょうか。

 

17.バスの席譲り

日本と違ってバス車内ではお年寄り、妊婦、子供を抱いた人などに席を譲ります。

建物内でタバコを吸わないことと並んでソ連時代からのいい習慣です。私にも譲

ってくれてありがたいですが、そんなに年ではないぞ、このくらいは大丈夫なの

に、などと偏屈に考えてしまいます。若い人から見れば相当の年に見えるのでし

ょうね。

18.携帯電話

私が来たときには携帯電話会社が2社ありました。99年のバトケン人質事件の

ときに日本から取材陣が大挙押しかけ電話会社は繁盛したようです。

最初のころは携帯に度数を入れるのは電話会社が発行するカードからでした。カ

ードのコードを電話に入力するのです。しかし使用期限が短く2週間しかありま

せん。切れる前に次の度数を入れないと消えてしまいます。次に3ヶ月の期限に

なり今は期限なしで会社窓口やキオスク、最近は入力端末器で度数を入れられます。

最初の頃にあった会社「カテール(KATEL)」は今でもあるのか知りません。

もうひとつの会社「モバイル(MOBIL)」は2007年ころ「ビーライン」

という会社に変わりました(吸収合併か)。同じころ、新しく「メガコム(ME

GACOM)」という会社が登場し盛んに宣伝し始めました。2代目大統領が起

こしたクーデターの後なので大統領関係かも。

何年かして「オー(O!)」という会社が参入、料金が安くインターネットなど

多くの利用ができるので利用者はかなり増えています。現在はビーライン、メガ

コム、オーの3社が利用者獲得に懸命です。日本と違い1台の携帯でも別会社の

登録チップを入れれば使えます。それでバザールの街頭などでそのチップを売っ

ています。

 

19.携帯電話 その2

最初の頃は携帯電話を使っていませんでした。なくても困らないし、という訳で

す。何年かして清水市の先輩たちがビシケクを訪問するというのでそれを機会に購

入しました。その後あまり使わないので何年も気にしていなかったのですが度数

の減り方が早いのに気がつきました。度数を入れに行った店で聞いたら電話会社

の契約料金体系が古いためと言われました。それで会社の受付窓口に行って新し

い料金制に変えてもらいました。もう7年くらいそのままだったので窓口の人は

こんな古い料金契約をまだ使っていたのかと呆れていました。

日本の携帯電話との違いは、

1.電話機は買取  私が使っているのはカメラや録音などの機能がないもの

なので4000円です。

2.使用料金は後から請求されるのではない。電話機に度数(料金)が入ってい

ないと受信はできても発信できない。

3.一つの電話機に別会社の登録チップを入れて別番号で使える。

20.8年ぶりの引越し

2008年暮れにジベックジョル沿いのアパートに引っ越してからいつの間にか

7年経っていました。配達先に歩いて行けるしバザールも近いので便利です。

しかし、だんだん家賃が上がり豆腐などの収入が全部家賃に消えていく有様で

した。そんな時、国際大学で教えるとアパートを提供すると聞き早速契約しました。

早く引越ししたかったのですが留学生がまだいて5月に卒業、帰国するというの

で待つことに。しかも留学生がアパートを汚してしまったので修理、掃除をすると

いうのです。どんな使い方をしていたのか不明ですが。

キルギスのことで修理、掃除がなかなか終わらず、7月という話が8月になり・。

修理が終わったアパートを見たのですが電話線の配線がまだとか言ってゴーサインが

でません。これでは来年になると思い電話線は自分で取り付け9月下旬に引越しする

と大学担当者に伝えて勝手に引っ越しました。

8年経って体力が落ちていました。豆腐などの営業を早く始めてしまったので疲れ

て臨時休業する結果になりました。

 

20-1.8年ぶりの引越し その2

インターネットは国際電話が使える電話でないと今までのプロバイダーにつながり

ませんでした。大学に国際電話が使える契約にしてほしいと交渉しましたが首を縦

に振りません。理由は何年か前、留学生が国際電話を使って料金を払わないで帰国

したからだと言います。とんでもない留学生がいたものですが私はそんなことは

しないと言っても信用しません。

仕方がないのでインターネット契約を別のプロバイダーとしなければならず面倒

でした。とはいえ瓢箪から駒で、送受信速度が20倍くらい速くなったので楽にな

りました。

(第2部 Ⅱに続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です