キルギスの昔話 その2

2018年 7月 日配信

昔話その2

(上記地図の地名は昔話の収録地です)

キルギスの昔話 その2                作成2018年5月

以下の題材は、キルギスの昔話 “ARXI” 2005年刊 によります。この本の内容は主に1960~70年代に学生たちが各地方の住民に聞き取り調査を行い収集したもので収録地が偏っているのは地域を指定したためです。

<やがてこう呼ばれるようになった>(地名の表記はロシア語です。)

1.アチュー・ブラック(邪悪な泉)   Ачуу-блак    イシククリ州  1966年 チョン・ジャルグルチャック村で収録

この村の近く小さな谷に泉がある。それはずっと昔にできた。キルギス人とカルムイク人との戦いがあった時のこと。キルギス人はカルムイク人を山に追い込んだ。そしてカルムイク人の君主チャンガルマカの幼い息子を奪い谷で殺した。君主はその谷に息子を埋めた。何年か後に墓のある場所からきれいで冷たくて美味い水が出てきた。しかしその水を飲むとどんな人も不治の病になった。その後人々はその泉をアチュー・ブラック、すなわち邪悪な泉と呼んだ。キルギス人に息子を殺された君主は復讐をしたのだ。

 

2.カジ・サイ  Каджи-сай  イシククリ州  1976年カジ・サイ村で収録河の近くに教師が住んでいた。彼は賢明で尊敬される人物だった。亡くなった時、住んでいた所に埋葬された。その場所は彼に敬意を表してカジ・サイ、つまり信心深い指導者の土地と呼ばれた。

 

3.チョン・タッシ(大きな石)  Чон-таш    イシククリ州1976年  カジ・サイ村で収録

貧乏な牧夫と彼が愛する富豪の娘がいた。牧夫には結納金などなく彼女を盗むと決めた。彼らは山に向かい彼女は大きな石を持っていた。富豪の召使たちが追いついたが牧夫は彼らを殺して娘を連れて行った。長い道のりの後、別の召使はその谷で休むことにした。牧夫の友人は富豪の手下たちに仕返しをすることにした。牧夫と友人は大きな石を召使たちに投げ、彼らは死んでしまった。その場所は今も石が横たわっていてチョン・タッシと呼ばれている。

 

4. アラミジン川 (Речка Аламедин)   チュイ州1979年 カールマルクス村で収録

ある村にアリヤという美しい娘がいた。彼女の両親は金持ちで娘を自分たちと同じ金持ちと結婚させたかった。しかしアリヤはミジンという牧童が好きだった。金持ちの若者が美人のアリヤのことを聞き求婚するためにやってきた。父親は同意せず結納金を多く要求した。遠方から来た別の求婚者を父親が気に入った。アドリルベックという若者は式の日を決めた。牧童のミジンはそれを聞き富豪の所にやって来た。しかし無慈悲な富豪は彼を殺してしまい井戸に投げ入れるよう命じた。やがて結婚式の日が来た。アリヤは高い山に登り崖から身を投げてしまった。人々は皆泣き、その涙からアラミジン川(アリヤとミジンの川)の流れが生じた。

 

5.カシカ・スー(清涼な水) кашка-суу     チュイ州  1978年チョン・アルク村で収録

ある暑い日、若い放浪者はユルタ(移動テント)の近くで結ばれている馬を見た。ひどい喉の渇きが彼を馬の傍に行かせた。ユルタから若い女性が出て彼に来るよう誘った。ユルタには立派な格好をした賢明そうな老人がいて彼に会釈した。「お若い人、何をお探しかな」老人は聞いた。「よく知られた瑞々しい緑の草がある湖、川、ジャイロー(山の草原)など。私は泉や何らかの川を探しに行くところです。」老人は若者にクムス(馬乳酒)を勧めた。その後「若い人、あんたは人々や家畜を救うべきだ。聞きなさい。あんたはチョン・タッシ山の近くに穴を掘るべきだ。それにはまずここの水を奪って支配している竜に立ち向かって勝たなければならない。ユルタにいる馬と犬を連れて行きなさい。それとこの刀と。」三日三晩、若者ベクジャンは竜と戦いそして打ち勝った。その後、老人に言われた場所に穴を掘り、人々が「カシカ・スー」と呼ぶ清涼な水が川となり流れ出した。

 

<イシククリ湖はこうしてできた>  (表題の表記はロシア語)

イシククリ湖についての話は数多くあり極一部の紹介になります。キルギス語では「ウスク・コル」で「熱い湖」の意味です。

1.アルティナイとメルゲンベック  Алеынай  и  Мергенбек     イシククリ州       1967年 ミハイロフカ村で収録

クンゲイ・アラトー(クンゲイ山脈)にアルティナイという奇麗な娘がいた。一方テルスキー・アラトー(テルスキー山脈)にメルゲンベック、つまり「幸運がある」という名前の猟師がいた。二人はお互いにとても好き合っていた。しかし娘が出かけた際、ある富豪が彼女を誘拐した。そして山の高い場所に建つ塔に監禁した。彼女のメルゲンベックに対する愛情は彼女が崖から身を投げるほど強かった。身を投げた場所にちょうど恋した娘の心のような冬でも夏でも熱い湖ができた。湖は、熱いという意味のイシククリ湖と名付けられた。

 

2.最も明るい星  Самая Яркая Звезда       イシククリ州  1972年 グレゴリエフ村で収録

昔昔の話。ある領主の土地に皆が満月と比べた美しい娘と青年が住んでいた。彼らはお互いに愛し合いそして幸福だった。しかし二人の間に娘を気に入り妻にしたいと願う老人の君主が現れた。君主は仲人を娘の両親の所に送り、両親はそんな金持ちの元へなら、と娘を差し出すことを承諾した。娘は青年に高い山の麓で日没後に会いたいと知らせを送った。さて日が山に沈み空に宵の明星が現れたが恋人は来なかった。娘は自分が彼に必要ないものと考えた。残念にもこの考えは自分の人生が大切なものではないと変わってしまい、ついに彼女は鋭い刃物で心臓を刺した。そこから熱い血が走り出て谷を流れた。流れたその血で熱い湖ができた。さて青年はといえば、会う場所にやってきたが恋人と会えなかった。そして流れている血を見た。青年は月に「夜の美しい月よ、私を奪ってくれ、恋人なしではこの地上で生きてはいけないから。」と話しかけた。それで月は彼を最も明るい星に変えた。それから毎夜、この星は婚約者の娘を思いながらイシククリ湖の波に合わせ瞬いている。

 

3.熱い泉  Гарячие  Ключи            イシククリ州  1972年 アナニエバ村で収録

ある君主の土地に三つの大きな井戸があってそれぞれの秘密は君主しか知らなかった。君主は井戸から水が流れ出ないよう蓋を固く閉めるよう命令して秘密を神聖に守っていた。君主の領地に貧しいが大変美しい娘がいた。そして君主の息子はその娘を好きだったが親は結婚に反対だった。君主は家来に娘の首を息子の目の前で切るように命じ家来はその通りにした。血が落ち地面に流れ、流れる血は沸き始め熱い泉となった。娘の首が落ちた時に井戸の一つが爆発し水がほとばしり君主の土地を水浸しにした。やがてイシククリ湖ができ、今は湖底になった純真な娘の熱い血が流れた場所から熱い泉が噴き出している。

 

4.娘の涙の湖 Озеро  Девичьих  Слез                         イシククリ州  1975年 アナニエバ村で収録

昔昔、イシククリ湖がある場所は荒野で1棟の白い宮殿だけが建っていた。そしてそこには女神が住んでいた。ある日その荒野に羽のある馬に乗って若者が飛んで来た。彼は美しい娘を見て降り立った。娘は彼を一目見て恋してしまった。若者は娘に「もし私といつもいたいなら40日の間、昼も夜も寝ないで私を待ちなさい。」と告げた。39日間、娘は若者の神を昼も夜も待ち続けた。しかし40日目の夜に寝込んでしまった。そしてこの時若者が飛んできて寝ている娘を見た。娘は目覚めたが若者は「君は私を待っていることができなかった」と恋する娘に語った。「私はもうあなたの所に戻ってこない、さらばだ。」と言って飛び去ってしまった。娘の目は熱い涙であふれ昼も夜も娘は泣いた。そして娘の涙から凍らない湖ができたということだ。娘の愛情のように純粋で、そして涙のように塩気がある水。やがて娘は悲しみと涙で枯れて石になり、タスタル・アタという山になったという。

 

5.恐ろしい怪物  Страшное  Чудовтца        イシククリ州  1965年 オイタル村で収録

ある老人が語った。今イシククリ湖のある所に君主が統治していた広大な王国があった。君主は12も扉がある王宮に住んで誰にも会わなかった。ある時王宮に人々が集まった時、君主に会いたいと願った。しかし入口には護衛がいるので入ることはできなかった。それで民衆は君主が姿を見せないので怒り、護衛を殺し君主の所に押し入った。そこで恐ろしい怪物を見た。それはロバの胴を持つ人間だった。これが君主だったのだ。民衆はその頭を切り落として井戸に投げ込んだ。その時、井戸から火が噴き上げ王国を覆ってしまった。それでイシククリ湖ができた。

 

6.太陽の息子  Сын  Солнца             イシククリ州  1963年 ダリシカ村で収録

何世紀も昔のことイシククリがある場所にそれほど大きくない湖があった。周りには町や村が近くに散らばっていた。そこには勤勉な人々が住んでいた。しかし太陽の息子は人々が青銅の製作でトントン叩く音にうんざりしていた。怒った太陽の息子は彼らを破滅させることにした。巨大な岩を持ち上げ湖に投げ込んだ。この恐ろしい一撃で地面が裂け、すべての水は下方の村や大きな町そして山に向かって流れ出た。今はこれらの山や町が湖の透明なきれいな水を通して時々見える。こうしてキルギスの誇りとなるイシククリ湖ができた。

(キルギスの昔話 その3に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です