バルクチから塩湖へ

バルクチから塩湖(キルギス語はトゥズ コル Туз көл)へ   2019年6月

6月15日(土)

朝9時50分ビシケク西バスターミナルからボコンバエバ行ミニバス595番で出発。窓口で料金250ソムは運転手に払ってくれと言われ直接払った。11時半ケミン通過。11時50分から12時20分までカフェでトイレ休憩。

休憩後バルクチを過ぎバルクチ駅西横の道をボコンバエバ方面へ向かう。このあたりから急に道が悪くなった。運転手に塩湖の入り口で降ろしてほしいと言ってあったのでアイディン(АИДИН)という店の前で降ろされたのが13時半。塩湖まで何キロかと聞いたら12キロあるという。歩くつもりだったので、え!と驚いたらそこの店でタクシーを聞いてくれと。それでここで降ろしたのか。

街道から塩湖へ行く入口の店19年6月
街道から塩湖へ行く入口の店19年6月

店は子供たちが店番をしていてタクシーを聞くと親に電話した。料金は片道1000ソムだと言われまたビックリ。1980年代ソ連製のジグリタクシーが来て、話したら往復1500ソムにまけてくれた。塩湖への道は少し東に行った所から入った。

 

塩湖に行く目印19年6月
塩湖に行く目印19年6月

 

舗装なしの凸凹道で塩湖まで15キロ、30分くらいかかるという。ジグリの内部はボロボロだがエンジンは元気。途中、宿泊用のボズイ(移動式テント)やコテージが何棟か並んでいた。塩湖の入口で入場料を取られなかったのはタクシーが地元だからか。

 

塩湖に行く途中の宿泊所 19年6月
塩湖に行く途中の宿泊所 19年6月

 

14時10分塩湖着。湖の大きさは横400m縦200m位だろうか。中央の深さは20mから30mあるらしいが詳細は不明。水は地下から湧いて地下に流れていくそうで入る川も出ていく川もない。イシククリ湖まで500mほどだというが行って確認しなかった。

塩湖の外観 19年6月
塩湖の外観 19年6月

 

家族連れが車で何組か来ていた。体に湖の泥を塗った人や泳いでいる(浮いている?)人に頼んで撮らせてもらった。

 

塩湖の泥を塗った人 19年6月
塩湖の泥を塗った人 19年6月

 

沈まない② 19年6月
沈まない② 19年6月

 

帰り14時45分出発。運転手がどこから来たかと聞くから日本だと答えた。キルギス語の「サラーム」は日本語で何というのかと言うから「こんにちは」だと教えて日本人が来たら挨拶してほしいと伝えた。バス停まで送ってもらい料金1500ソム払った。ボコンバエバから来た595番のミニバスに15時20分頃乗車。バルクチのバスターミナルに16時着。塩湖からのミニバスは途中乗降車で100ソムだった。5月に泊ったアパート部屋貸の「ベック」という宿に泊。食事なし300ソム、トイレ、シャワーは屋内にある。

6月16日(日)バルクチ晴れ風強い ビシケク晴れ30度C  朝不明

朝タクシーでバスターミナルへ。10時半にビシケク行508番ミニバス発。料金200ソムは運転手に払った。11時半ケミン通過、休憩なしでビシケクへ13時着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です