キルギスのカルチャーショック 第3部 3

キルギスのカルチャーショック 第3部 3     2018年10月~11月

いつものことですが話題のまとまりがなく突然キルギス国歌が出てきました。頭に浮かんできたことを書いているので・・

 

1.酷寒、酷暑の日は

初雪情報などの続きになります。日中気温で-10度以下を酷寒、38度以上を酷暑とした資料です。なお資料は自前の寒暖計によるので公式記録ではありません。

酷寒では

今年1/25 -12℃、1/26 -15℃、1/27~28 -10℃ になりました。

その前は2008年1/19~24 -10℃、2007年 12/26~28 -10℃ でした。15年間を見ても-10℃は少ないです。

酷暑では

今年7/10,11 38℃、7/22,23 38℃、8/11 38℃

2017年 7/4~9 40℃。(これはオシュですがビシケクも同程度です。)

7/23~24 38℃、7/25~27 40℃、7/28~8/1 38℃、

8/7~10 38℃~41℃ (ビシケク)

例年7月、8月に何日か38℃くらいになりますが連続にはなりません。これほど続いたのは1999年から初めてでした。2017、18年は何十年かの気候変動周期のピークにあるのかもしれません。

 

1-1.去年から気温差が大きい

手持ちの寒暖計で10月26日、27日は気温35度でしたが昨日11月1日は4度になり雪が。1週間で30度下がりました。さすがにキルギス人、ロシア人も体調を崩しています。去年から気候変動が大きいです。

 

2.ロシアの歌手 アラ・プガチョウワ

ロシアの人気女性歌手アラ・プガチョウワをご存知ですか。「百万本のバラ」という題名で加藤登紀子が訳した元歌を歌っている歌手で60歳すぎても精力的に活動しています。この私生活が凄くて何年か前はロシアの有名な若手芸人(物真似、司会)マクシム・ガルキンと結婚、その前はウクライナ出身のロシアで活躍する有名な歌手キルコロフと結婚。

3年位前ガルキンと男の子と女の子の双子の子供が産まれました。え!でもプガチョウワは60歳過ぎなのにどうして?それは現代の先端技術を利用したのです。自分の卵子を冷凍保存しておきガルキンの精子と人工受精、出産は代理母という訳です。金があればできますね。子供たち、リザとガリもyoutube に登場しています。

 

3.丸亀製麺

何年か前モスクワに行った時、丸亀製麺と書いた看板を見つけ入りました。味は期待していなかったので一番安い釜揚げうどんを食べましたがやはり旨くない。麺が作り置きで少し湯通ししただけなので何が釜揚げかと言いたくなりました。客は結構いたので知らなければこれが美味いというのでしょう。店員に日本人はいなくて多分ほとんどキルギス人。キルギス語で話して通じましたから。

 

4.白菜が通年で出現

何年か前から白菜が通年で出回っています。以前は10月から1月の限られた期間だけだったので出回るとたくさん買って漬物にしていました。白菜はどこから入って来るのか。ウズベクか中国南部かもしれません。煮物、炒め物、漬物などにしていつも食べられるので嬉しい限りです。

 

5.キルギス国歌

まだ書いてなかったなと突然キルギス国歌が出てきました。旧ソ連からの独立後1992年に制定され歌詞は三番までありますが一番と繰り返しの歌詞を記載します。アラバエバ大の学生と一緒に訳しました。なおキルギス文字はロシア文字を使用していますが(ң )(ө)(ү)の3文字多く、これらはロシア文字の(Н)(О)(У)として読めば近いです。以下のカタカナは読みで和文は訳です。歌ってみましょう。

1.Ак мөнгүлүү  акса  зоолор,  талаалар,

アク モングルー アクサ ゾオロル タラアラル

白い氷河に 覆われた 岩山よ、ステップよ

Элибиздздин  жаңы  менен  барабар.

エリビズディン ジャング メネン バラバル

われらは 共に生きてきた 心は 一つになっている

Сансыз  кылым  Ала-Тоосун  мекендеп,

サンスズ クルム アラトースン  メケンデプ

幾世紀も 氷河を抱く 山々のもとに 住み

Сактап   келди  биздин  ата-бабалар.

サクタプ ケルディ ビズディン アタババラル

我らは 先祖の土地を 守って来た

 

(繰り返し)

Алгалай  бер  кыргыз  зл,

アルガライ ベル クルグズ エル

さあ 進め キルギス人よ

Азаттыктын  жолурда.

アザットゥクトゥン ジョルンダ

自由な 道だ

өркүндөй  бер,  өсө  бер,

オルクンドイ ベル オソ ベル

さあ 発展させよう、 さあ 変えていこう

өз  тагдырын  колунда.

オズ タグドゥルン  コルンダ

自ら 昔からの 運命に

 

6.一番最後の商品をどうぞ

日本語では「一番新しい」ですがロシア語を直訳すると「一番最後の」となります。英語でも「一番最後の」と使っていると思いました。「新しい」という言葉はありますが「一番新しい」とは言いません。言語ごとの表現感覚の違いですか。「一番最後の」商品、では要らないと言いたくなりますね。

 

7.ロシア語の「世界」と「平和」は

「世界」と「平和」は同じ言葉「мир ミール」です。ビシケクの大通り「プロスペクト ミーラ」は「平和大通り」ですね。今はキルギス語で「ТЫНЧ  トゥンチ」、やはり平和通りです。「ТЫНЧ  トゥンチ」は静かな、平穏なという意味もあります。

日本語で「身につける」という意味の動詞は「着る」「履く」「かぶる」などたくさんありますがロシア語は一つです。食べ物に熱を加えて料理する「焼く」「炒める」「あぶる」もロシア語は一つ。それで日本語学習者は苦労します。

 

8.色の「青」と「緑」

学生がキルギス語の「青」という言葉は昔「緑」の意味だったと言いました。今は「青」の意味でも使っているが昔は「緑」の意味だったそうです。これは日本語と似ています。日本も昔、「青」は「緑」の意味でした。

「緑」という言葉は新しいのでどうも変更できないですね。次の単語で「青」は「緑」の意味ですが「緑」に変えると・・。「青果物」「青物」「青果市場」「青くさい」「青海苔」「青信号」「青虫」「青カビ」「青畳」「青葉」「青山」など。

 

9.キルギスでは何が起こっても不思議ではない

これは私が言っているのではなく在留の方からも聞いている言葉です。何が起こるかわからない、何が起こっても不思議ではないと。大きくは大統領追放の2回のクーデターがあったし、小さくは手続き書類や生活習慣など、えー!と思うことが多く起きます。

ビザ手続きでいえば国の都合で手続きが遅れビザ期限が切れるようになっても罰金を払えと言います。日本では他の省庁と連携措置を取りますがそういう思考ができないのか。キルギスは100年経ってどうなっているのか。

キルギス人は19世紀後半の帝政ロシア時代に自らロシアとの同盟を望み出て国を認めてもらったと言います。当時は西のチムール帝国(ウズベキスタン)、東の中国清国、南のインド、北のカザフと四方の大国に脅かされていたからです。そしてソ連になり1920年代は自治州、1930年代にソ連の構成国になりました。ソ連が崩壊した後はかつて国を創ろうとした精神はどこへやら。特権を利用し公金横領、収賄に一生懸命になっている人ばかり。キルギス人のみなさん、国は消えますよ。ソ連かどこかに吸収されているかも。

 

10.キルギスにもスミレが

毎日忙しく働いて移動は車となると歩道や公園の草花を見る時間がないと思います。道端をよく見ると日本にもある雑草がたくさん茂っています。さすが雑草で風や人・物の移動に紛れて世界中に広がります。スミレやタンポポはお分かりでしょうが他にナズナ(ペンペン草)、オオバコ(カエルっ葉)、シロツメクサ(クローバー)、カラスノエンドウ、スベリヒユ、クズ、オナモミ、ネナシカズラ、ヒルガオなど、まだまだあります。まずは足元を観察してください。

 

11.カレーの香辛料

10何年ぶりにカレー用香辛料を買いました。昔作ったレシピは捨ててしまったので最初からやり直しです。とりあえず1.トゥミン(クミン、ウイキョウ)、2.バディアン(シキミ)、3.クルクマー(ウコン、ターメリック)、4.グバジディーカ(チョウジ、丁子)、5.粉ショウガを買い、あと6.唐辛子、7.コショウで調合。しかしまだ足りないので8.カルダモン、9.カリツァ(シナモン)、10.ローレル、11.ガリツァ(洋辛子)を追加。まだ生ニンニクも必要です。これで調合してみます。香辛料は今回ビシケクシティーで調達しましたがオシュバザールの一角には香辛料売り場が何軒も固まっています。

 

12.ファレーリをどうぞ

何年も前から売っているのを見かけていましたが買ったのは最近です。ファレーリと呼ばれて日本ではニジマスですね。しかし日本よりずっと大型です。トクモク市で養殖してビシケクに出回っています。最初三枚に下してホイール焼きにしたら泥臭さがあってだめ。次は三枚にしてから半日薄い塩水に漬けて置いたら臭みが消え美味しかったです。私が買った店は一匹丸ごとでキロ330ソムでした。

 

13.キャッチセールスではなかった

前回、日本人か?と言って電話が来たのはキャッチセールスだったのかと書きました。しかし違いました。知り合いのキルギス人が日本人から情報を得たいと言う人に教えたのです。言ってくれればいいのに。どちらにしろ会わなかったでしょうけど。日本製品を輸入販売するらしいですが本物が手に入るのか、中国製コピー製品かも。

 

 

(キルギスのカルチャーショック 第3部 4に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です