キルギス詩人 オスモノフ 4

                         2018年7月配信

АЛЫКУЛ  ОСМОНОВ  アルクル・オスモノフ 7

訳2018年4~6月

下記はキルギス詩人 アルクル・オスモノフの作品です。キルギス語はロシア文字を使っていますがロシア文字をご存知なら文字の通りに読めばいいです。ただしキルギス語は(ң )、(ө)、(ү)の 3文字多く、これらは(Н)、(О)、(У)として読めば近いです。カタカナは読みです。訳は大意が合っている程度とご理解ください。

オスモノフ記念館がビシケクにあります。記念館と言ってもオスモノフが何年か住んでいた平屋の家ですがボコンバエバ・カリカキエバ通り交差点を少し南に入った所にあります。

(下記でカタカナは読み、和文は訳です)

Та ңда

タンダ

日の出に

 

Тентек  желдин  эркине,

テンテック ジェルディン エルキネ

気まぐれな 風が 気ままに吹き

Булуттар  к өч ө баштады.

ブルトゥラプ コチョ バシタルドゥ

雨雲を 追い払い 始めた

Таң  нуруна  бүлбүлд өп,

タング ヌルナ ブルブルドプ

朝の 光が 揺らめき

Жылдыздар  өчө  баштады.

ジルドゥズダル オチョ バシタルドゥ

星たちは 消え 始めた

 

Чыгышты  б өл өп алтынга,

チグシトゥ  ボロプ アルトゥンガ

東方から 黄金が 現れ

Таң  агарган кез  эле.

タング アガルガン ケズ エレ

朝の光は 瞬く間に 白くなる

Таң  нуруна  боёлуп,

タング ヌルナ ボヨルプ

光が 射しこんで

Жылтылдайт  биздин  терезе.

ジルトゥルライトゥ ビズディン テレゼ

窓を 明るくする

 

Ар  биринде  бир  кетмен ,

アル ビリンデ ビル ケトゥメン

人はそれぞれ 分かれ 鍬を 持ち出かけ

Кээ  бирөө  чекккен  араба.

ケェ ビロオ チェッケン アラバ

ある人は 馬を 荷車につける

Колхозчу  эмгек  атасы,

コルホーズチュ エムゲク アタス

コルホーズ労働者の 仕事は 精力的だ

Түбөлүк  бакты  талаага.

トゥボルク バクトゥ タラーガ

いつも 畑で 幸福を見つける

(1932年作)

 

 

 

 

Шамалга

シャマールガ

風に

Элте ң  менен  терезеден

エルテン メネン テレゼーデン

朝早く  窓から

Таза  абаны  желдеттим,

タザー アバヌ ジェルデッティム

清らかな 空気が やってきて

Таза  абадан  таза жутуп

タザー アバダン タザー ジュトゥプ

清らかな 空気から 清らかさを 呑み込んで

Көңлүмдү  дегдеттим.

コングルムドゥ ドゥグデッティム

心は 願いを呼び起こす

Ай!  Унуткам,  мени  ойготкон

アイ! ウヌットゥカム メニ オイゴトゥコン

ああ! 忘れていた、 以前私を 起こした

Шамалы  го  эмгектин!

シャマール ゴ エムゲクティン!

風は 私を 働かせるためだったのかな!

(1932年作)

 

 

無 題

 

Шаарымдын  бир  учунан  бир  учуна  карасам ..

シャールムドゥン ビル ウチュナン ビル ウチュナ カラサム

私の街で 一方から 反対側を 見る

Жаңы  түшкөң  тааныш  эмес,  жаңы  там..

ジャング トゥシコン タアヌシ エメス、 ジャングイ タム

新しく 建った 知らない 家が

Замандардан  замандарга  калкуучу,

ザマンダルダン ザマンダルガ カルクウチュ

過去の時の外で 長く 浮いている

Чөкпөй  турган  кораблдей  салынган.

チョクポイ トゥルガン コラブルデイ サルンガン

まるで沈まない 船のように 浮いている

 

Ал  тамдарда  жашагандар  ким  десе ң?

アル タムダルガ ジャシャルガンダル キム デセン?

そこに住んでいるのは 誰かと 思ったら

Менин  бир  боор  кыргыз  деген  үй-бүл өм!

メニン ビル ボオル クルグズ デゲン ウイブロム

私の兄弟たち キルギス人という 家族が 住んでいた

Жаш  калаага  турактуу  уул  болууга,

ジャシ カラアガ トゥラクトゥゥ ウウル ボルウガ

新しい町で 家を持つために 長い間 遊牧したが

Аз  жыл  болду  тоодон  к өчүп  келишкен.

アズ ジル ボルドゥ トオドン コチュプ ケリシケン

町に住んでから まだ時間は 経っていない

(1940年3月作)

 

上記作品をWalter  May訳詩(1995年)

 

My town from one end to the other I see-

New buildings, homes unknown, all new to me

As if, from out the depths of ages past

A new unsinkable ship had floated free.

 

And who lives in these homes, you’d ask me so?

My kith and kin, Kirghizians I know!

In this young town it’s settled sons they’ll be-

They came down from the mountains not long ago.

 

 

 

 

Менин Жылдызым

私の 星

 

Атамдын  досу  дешчу  эс—эс  билем,

父の友人を おぼろげに 覚えている

Аксакал  чоң  абышка  Касым  деген.

体格のいい カスムという 老人だった

Бир  түнү  койнуна  ороп  алып  чыгып

ある夜 私をコートに包み 抱いて 外に連れて行った

К өрс өтүп  бир  жылдызды  колу  менен.

星を 指さしながら あの星は お前の星だと言った

 

<Таанып  ал,  тээтиги  сеники,  уулум,

「覚えておきなさい あの星は お前の 星だ

Карачы  жаңЫлыгын,  сулуулугун.

見なさい、 立派で 美しい

Билип  жүр,  сен  батканда  кошо  батат,

忘れるな、 お前が死んだら 星も 死んでしまう

Сөзү  ушул  биздин  дагы  мурункунун! >

この言葉は 先祖の時代から 言われている」

 

 

Чоңойдум,  жигиттикке  күндөр  жетти

私は育って もう大人に なった

Ой  басты  тунжураган  эрте-кечти…

静かな 朝や夜 考えるようになった・・

Эрчишип  оюн-күлкү  мастык  менен

友達と 遊んだ 日々は

Эсимден  анын  баары  чыгып  кетти.

もうあまり 覚えて いない

 

 

Калп  эмес  ушул  күнгө  ошол  күнд өн,

嘘ではなく 今まで 過ぎた日

(Аныма  кээде  өзүмчө  ичтен  күлөм )

(時々 誰にも 見られないように 笑ってしまうが)

Көк  түстүү  кең  асмандын  барагынан

青い 広い空(天国)の あちこちで 探しても

Карайм  да  кайда  экенин  таппай  жүрөм.

どこにも 星は 見つからない

 

Ах,  чиркин,  да  бир  жолу  к өзг ө  түшс ө ,

ああ、 残念、 星が また見えたら

Эгерде  ай  кызганып,  күн  түртп өс ө ,

もし 月が 悲しまないで 太陽が 追い払わなければ

Жер  шарын  колгугума  кысып  алып,

私は 地球を 懐に抱いて

Мейманга  барар  элем  эки-үч  күнгө .

私の星に 何日か お客に 行きたい

 

Көрсөтүп  бир  тилектүү  жер  баласын..

夢を持っている 私のような 大地の子供がいると 星に見せて

Болгондо  биз  сыяктуу  эр  даанасын.

私たちの 一人に 似ていると 星がわかったら

Көп  турбай  кайра  түшүп  келер  элем,

長い時間 いなくても 帰って来たい

Таанытып  адилдиктин  заманасын.

地球には 公平な 人がいると 知らせてから

(1944年12月2日作)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です