キルギス七不思議

キルギス七不思議

1,998年8月に初めてキルギスに来てから、不思議だと思った事項です。  1999年10月

 

1.日本にもいるぞ、という顔がたくさん、でも日本語を話さない。

日本人と似ている、どう見ても日本人、という顔がたくさんいるけれど、キルギス語やロシア語で話している。不思議です。

中国や韓国の人より日本人に似ているのは、どうしたことでしょうか。

 

2.日本にもあるぞ、という物がたくさん。

うどんに似た「ラグマン」、餃子に似た「マンティ」、肉まんに似た「サムス」、おこしに似た「チュクチュク」、炊き込みご飯に似た「プロフ」などがある。楽器のコムスは、三味線と同じ三弦楽器である。

米では、オシュに近いウズゲンで作っている「ウズゲン米」は小豆色で、赤飯の色である。この米を見たとき、「赤飯だ」と叫んでしまった。日本人が赤飯にしているのは、これが原型ではないかと思う。

中国系ドゥンガン人の踊りは、盆踊りの手の形にそっくりだ。夏に食べる「アシランフー」は、冷そーめんという感じがする。ドゥンガン人の作るメンは、手で引き伸ばしていく。ラグマンにはこのメンがよく合う。

似ているものがたくさんあって、日本人のルーツを感じてしまう。

 

3.風が吹くと天気が変わる。気温の変化が大きい。

風は、いつもはあまり吹いていない。そよ風程度しか吹かないけれど、木の枝をゆするほど吹くときがあって、その後に天気が変わる。雨や雪になることが多い。

風が吹くと桶屋がもうかる、ではなくて、天気が変わるビシケクである。

気温は、昼間でも日が隠れると、10度以上気温が下がってしまう。夏では、昨日は40度、今日は20度で肌寒いことがよくある。

 

4.車道をどこからでも横断する。信号の間隔は短い。

交通量が多くないとはいえ、信号にはお構いなし、途中からでもどんどん渡る。

日本と違って、人間優先だからなのか、また、車はゼイゼイ言いながら走っていて、スピードが出せないし、という条件があるからなのかわからない。

母子が手をつないで、道路の途中から渡っていくのを見ると、親子心中かと思ってしまうのは、私だけでしょうか。

信号は、「青」から「青」の間隔が10秒ちょっとくらいしかない。「青」が点滅してから「黄色」に、そして、すぐ「赤」に変わる。

人は「青」が点滅すると渡り始める。車は点滅すると停止する。間隔が短いので、このタイミングでないと反対側まで渡ることができない。途中で信号が変わってしまっても、道の中央で待っていれば、車は避けてくれるし、すぐ次の信号になる。

渡りはじめのタイミングに慣れるのが大変で、最初は地元の人がいるときにしか渡らなかった。

 

5.食料品は安い。

大体、日本の10分の1から20分の1くらいの値段である。

野菜など、きれいにして売ってはいないし、米はごみやシイナが混じっているが、じゃがいも、にんじん1k10円、トマト1k5~10円、米は1k75~100円くらいで売っている。乾めん1k40円、紅茶100g50円。

カフェで、二人で昼食を食べて300円くらいだろうか。ラグマン50円、ペリメニ70円、ナンと紅茶で10円、皿に肉とご飯で120円くらい。レストランは少し高い。

食料品以外は、相対的に高くなる。それでも電気製品は、日本より安いものがトルコ、韓国、中国からたくさん入っている。

 

6.バザールは大小たくさん、キオスクはそこらじゅうにある。

市場(バザール)では、朝市のような形式で食料、日用品、電気製品などを売っている。大きなバザールはルイノックと呼ばれていて、市内に四つある。小さなバザールは、あちこちにある。

新聞、飲み物、パンなどは専門のキオスクがあり、交差点やバス停などにたくさん立っている。

 

7.ホテルの庭で、羊が草を食べている。

首都の大通り、日本でいえば新宿辺りを馬に乗った人が渡ったり、大通り脇の歩道で羊が草を食べている。田舎の雰囲気をたくさん残している。

「イシククリホテル」の庭で、牛が草を食べていた。大学近くの歩道で、よく羊や牛が草を食べている。人が歩いているのに、街路樹をリスが行ったり来たりしている。

こういう感じは、非常に好ましいと思う。アルマーティでは車や人が多くて、羊がのんびり草を食べるどころではない。

 

8.道路に穴が開いている。下を向いて歩こう

歩道の真中にあるマンホールのふたがなくなっていて、ぽっかり穴が開いている。それから、橋の踏み板が落ちていたりする。夜は明かりもなく暗いので、落ちる人もいるだろう。

夜は特に、昼間でも下を向いて歩かないと危険。

 

9.町は、ひまわりの種で埋まっている。

歩きながら、ぽりぽりと食べている。最初は、何を食べているのかわからなかった。セミチカという、ひまわりの種を炒ったものを、歯で殻を割って食べる。

上手に食べるが、殻をそこらじゅうに捨てていくのが困る。町が埋め尽くされるのでは、と思うほどだ。

 

 

 

 

キルギス七不思議      紀要原稿

 

1.日本にもいるぞ、という顔がたくさん、でも日本語を話さない。

日本人と似ている、どう見ても日本人、という顔がたくさんいるけれど、キルギス語やロシア語で話している。

 

2.日本にもあるぞ、という物がたくさん。

うどんと「ラグマン」、餃子と「マンティ」、肉まんと「サムス」、おこしと「チュクチュク」、炊き込みご飯と「プロフ」など似ている食べ物がある。南西部のウズゲンで作っている「ウズゲン米」は、小豆色で赤飯の色である。楽器では、三味線と同じ三弦楽器の「コムス」がある。

 

3.風が吹くと天気が変わる。気温の変化が大きい。

風は、いつもはあまり吹いていない。木の枝をゆするほど吹くと雨や雪に天気が変わる。

気温は、昼間でもすぐに10度以上下がってしまう。昨日は40度、今日は20度で肌寒いことがよくある。

 

4.車道をどこからでも横断する。信号の間隔は短い。

交通量が多くないとはいえ、信号にはお構いなし、途中からでもどんどん渡る。

信号は、「青」から「青」の間隔が15秒くらいしかない。人は「青」が点滅すると渡り始める。これでないと反対側まで渡ることができない。タイミングに慣れるのが大変だ。

 

5.バザールは大小たくさん、キオスクはそこらじゅうにある。

市場(バザール)では、朝市のような形式で食料、日用品、電気製品などを売っている。人々のエネルギーを感じる場所だ。

 

6.ホテルの庭で、羊が草を食べている。

首都の大通り、日本の新宿辺りを馬に乗った人が渡ったりする。田舎の雰囲気をたくさん残している。大学近くの歩道で、よく羊や牛が草を食べている。人がいるのに、街路樹をリスが行ったり来たりしている。こういう環境は、好ましいと思う。

 

7.町は、ひまわりの種で埋まっていく。

歩きながら、ぽりぽりと食べている。最初は、何を食べているのかわからなかった。

上手に食べるが、殻をそこらじゅうに捨てていく。町が埋め尽くされるのでは、と思うほどだ。

 

 

HE DAHO (あなたとわかち合えない)        歌 HI-FI

  • あなたとわたしは 分かり合えない

なぜ、風は喜んで吹いているのか

なぜ、子供たちは人の良さで残酷になるのか

なぜ、人に知らせるために、誰かが死ななければならいのか

なぜ、神はこの世に たくさんの「なぜ」を残したのか

(コーラス)

# 今日という日は もう返らない 自分の道を 急がないで行ってくれ(2回くりかえし)

それほど用心深くなく 歩みを進めてくれ

やさしく教えてくれ  やさしく教えてくれ  どうか やめるように

# どうか すぐにやめるように

2.それでも太陽が光をくれる  そして夜は静けさで満たされる

たくさんの心配事は  次の日をすぐに来させる

頭を振っただけで わたしとあなたは知っている  なにしろこの世界、この光すべて

風が歌を口ずさんだので 愛なしの うだる暑さが少しあるのさ   (意味不明 翻訳不可)

(コーラス)   #~#くりかえし

 

  • Нам не дано c тобой понять

Чему так радуется ветер

И почему от доброты бывают так жестоки дети

Зачем кому-то умирать

Чтобы он нами был замечен так

Много разных почему Оставил бог на этом свете

(コーラス)

# День уходящий не вернуть

Не торопись пройти свой путь

Не осторожный сделав шаг,

Просто скажи,  просто скажи, да будет так

# Просто да будет так

 

2.Но все же солнце дарит свет

А ночь покоем укрывает

Заботы тянут новый день

И только головой качает

Ведь этот мир и этот свет

Все то, что ветер напевает

Немного зноя без любви

И ты, и я об этом знаем

(コーラス)

# День уходящий не вернуть

Не торопись пройти свой путь

Не осторожный сделав шаг

Просто скажи,  просто скажи, да будет так

# Просто да будет так

 

 

 

 

            КҮзгү нѲшѲр (秋の雨は どしゃ降り)   歌 ベイシェケーエフ

1. 黄色い落ち葉が 積もっていくと

思い出たちが 私を連れにくる

窓に近づき 外を見ると

木々は静かに かわいそうな私を見つめている

(#)私の心は こんなに恋しがっているのに

あなたはどんな男に 心を渡してしまったのか

秋のどしゃ降りは 止まずに続く

あなたの涙で 降っているのか

それは涙で 涙で降っているのか

(#) 涙で 涙で降っているのか

2.景色を見ても そんなに気分は良くならない

木々も私には目に入らない

あなたとの思い出のものも 私には見えない

私がみているのは あなただけ

(#)~(#)  くりかえし

3.いつまでも わたしといると あなたは言った

雨の空も 暗く曇っている

あなたを見なくとも 名前を聞いただけで

心の中に花が咲き、幸せになります

(#)~(#)  くりかえし

 

КҮзгү нѲшѲр

  • Сапырылган сары жалбырак

Санааларга мени азгырат

Терезеге келип тигилсем(ай)

Чнсүз дарак тиктейт жалдырап

(#) Жаш жүрѲгүм мынча кайгырдыҢ

КѲҢүл күшүн кимге алдырдыҢ

Күзгү нѲшѲр тынбай тѲгүлѲт(ай)

КѲздѲрүҢдѲн жааган жамгырбы?

КѲздѲрүҢдѲн жааган КѲздѲрүҢдѲн жааган

(#) КѲздѲрүҢдѲн жааган жамгырбы?

 

  • Теребел да мынча КѲҢчлсүз

Теректер да ойдон бѲлүндүл

Тегерете курчап буюидар(ай)

Термелишип тиктейт ѲзүҢсүз

(#)~(#)くりかえし

 

  • Болом дедиҢ ѲзүҢ түбѲлүк

Асман дагы бүркѲ түнѲрүп

ѲзүҢ тургай атыҢ уккандаҢ(ай)

ЖүрѲгүмдѲ түрчу гул Ѳнүп

(#)~(#)くりかえし

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です